食品添加物リスト

 

平成26年02月04日

 

 

既存添加物名簿収載品目リスト

 

平成22年10月20日 消食表第377号 消費者庁次長通知「食品衛生法に基づく添加物の表示等について」別添1


(財団注):このリストは、食品衛生法及び栄養改善法の一部を改正する法律(平成7年法律第101号)附則第2条第4項に規定する既存添加物名簿(平成8年4月16日厚生省告示第120号)を基に作成されている。

PDFファイル:既存添加物リストH26.1.30改正.pdf(平成26年2月6日更新)

最終改正 平成26年1月30日
登録品目数 365品目

(平成26年2月4日 更新)

番号 名 称 品 名/別 名 簡略名又は類別名 基原・製法・本質 用 途 備 考
1 アウレオバシジウム培養液
(アウレオバシジウム培養液から得られた、β-1,3-1,6-グルカンを主成分とするものをいう。)
    黒酵母(Aureobasidium pullulans)の培養液より、分離して得られたものである。主成分はβ-1,3-1,6-グルカンである。 増粘安定剤 Aureobasidium cultured solution
2 アガラーゼ     担子菌(Coliolus)又は細菌(Bacillus,Pseudomonas)の培養液より、水で抽出して得られたものである。 酵素 Agarase
3 アクチニジン     マタタビ科キウイ(Actinidia chinensis PLANCH)の果肉より、搾汁して得られたもの、又はこれを、冷時~室温時水で抽出して得られたもの、若しくは膜で濃縮して得られたものである。 酵素 Actinidine
4 アグロバクテリウムスクシノグリカン
(アグロバクテリウムの培養液から得られた、クスシノグリカンを主成分とするものをいう。)
  スクシノグリカン 細菌(Agrobacterium tumefaciences)の培養液より、分離して得られた多糖類である。主成分はスクシノグリカンである。 増粘安定剤 Agrobacterium succinoglycan
5 アシラーゼ     糸状菌(Aspergillus ochraceus, Aspergillus melleus)の培養液より、水で抽出して得られたもの、冷時~室温時除菌したもの、又はこれより、冷時エタノールで処理して得られたものである。 酵素 Acylase
6 アスコルビン酸オキシダーゼ アスコルベートオキシダーゼ
ビタンミンCオキシダーゼ
オキシダーゼ
V.Cオキシダーゼ
ウリ、カボチャ、キャベツ、キュウリ若しくはホウレンソウより、搾汁して得られたもの、冷時~室温時水で抽出して得られたもの、冷時アセトンで処理して得られたもの、又は糸状菌(Trichoderma lignorum)若しくは放線菌(Eupenicillium brefeldianum)の培養液より、除菌後、濃縮して得られたものである。 酵素 Ascorbate oxidase
7 L-アスパラギン   アスパラギン 植物性タンバク質を、加水分解し、分離して得られたものである。成分はL-アスパラギンである。 調味料
強化剤
L-Asparagine
8 L-アスパラギン酸   アスパラギン酸 発酵又は酵素法により得られたものを、分離して得られたものである。成分はL-アスパラギン酸である。 調味料 L-Aspartic acid
9 アスペルギルステレウス糖たん白質
(アスペルギルステレウスの培養液から得られた、糖タンパク質を主成分とするものをいう。)
ムタステイン   糸状菌(Aspergillus terreus)によるブドウ糖、殿粉及び大豆ミールの発酵培養液を除菌し、硫酸アンモニウムにより分画した後、脱塩して得られたものである。主成分は糖タンバク質である。 製造用剤 Aspergillus terreus glycoprotein
10 α-アセトラクタートデカルボキシラーゼ α-アセトラクテートデカルボキシラーゼ リアーゼ 細菌(Bacillus subtilis, Serratia)の培養液より、室温時水で抽出して得られたものである。 酵素 α-Acetolactate decarboxylase
11 5'-アデニル酸 アデノシン5'-一リン酸 5'-AMP 酵母(Candida utilis)の菌体より、水で抽出した核酸を酵素で加水分解した後、分離して得られたものである。成分は5'-アデニル酸である。 強化剤 5'-Adenylic acid
12 アナトー色素
(ベニノキの種子の被覆物から得られた、ノルビキシン及びビキシンを主成分とするものをいう。)
  アナトー
カロチノイド
カロチノイド色素
カロテノイド
カロテノイド色素
ベニノキ科ベニノキ(Bixa orellane LINNE)の種子の被覆物より、熱時油脂若しくはプロピレングリコールで抽出して得られたもの、室温時ヘキサン若しくはアセトンで抽出し、溶媒を除去して得られたもの、又は熱時アルカル性水溶液で抽出し、加水分解し、中和して得られたものである。主色素はビキシン及びノルビキシンである。黄色~橙色を呈する。 着色料 Annatto extract
13 アマシードガム
(アマの種子から得られた、多糖類を主成分とするものをいう。)
  アマシード アマ科アマ(Linum usitatissimum LINNE)の種子の胚乳部分より、室温時~温時水又は含水アルコールで抽出して得られたものである。主成分は多糖類である。 増粘安定剤 Linseed gum
Linseed extract
14 アミノペプチダーゼ     細菌(Aeromonas caviae, Lactobacillus casei, Lactococcus lactis)の培養液より、分離して得られたものである。 酵素 Aminopeptidase
15 α-アミラーゼ 液化アミラーゼ
G3分解酵素
アミラーゼ
カルボヒドラーゼ
糸状菌(Aspergillus aureus, Aspergillus niger, Aspergillus oryzae)、細菌(Alcaligenes latus, Arthrobacter, Bacillus amyloliquefaciens, Bacillus licheniformis, Bacillus stearothermophilus, Bacillus subtilis, Sulfolobus solfataricus)若しくは放線菌(Thermomonospora viridis)の培養液より、又は麦芽より、冷時~室温時水で抽出して得られたもの、除菌したもの若しくは濃縮したもの、冷時エタノール、含水エタノール若しくはアセトンで処理して得られたもの、又は硫酸アンモニウム等で分画した後、脱塩処理して得られたものである。 酵素 α-Amylase
16 β-アミラーゼ   アミラーゼ
カルボヒドラーゼ
糸状菌(Aspergillus oryzae)、放線菌(Streptomyces)若しくは細菌(Bacillus amyloliquefaciens, Bacillus polymyxa, Bacillus subtilis)の培養液より、又は麦芽若しくは穀類の種子より、冷時~室温時水で抽出して得られたもの若しくは濃縮して得られたもの、又は冷時エタノールで処理して得られたものである。 酵素 β-Amylase
17 L-アラニン   アラニン タンパク質原料の加水分解又は発酵若しくは酵素法により得られたものを、分離して得られたものである。成分はL-アラニンである。 調味料
強化剤
L-Alanine
18 アラビアガム
(アカシアの分泌液から得られた、多糖類を主成分とするものをいう。)
アカシアガム アカシア アカシア属植物(Acacia senegal Willdenow又はAcacia seyal Delile)の分泌液を、乾燥して得られた、又はこれを脱塩して得られた多糖類を主成分とするものである。 増粘安定剤 Gum Arabic
Arabic gum
Acacia gum
19 アラビノガラクタン     マツ科セイヨウカラマツ(Larix occidentalis NUTT.)又はその他同属植物の根又は幹より、室温時水で抽出して得られたものである。成分は多糖類(構成糖はガラクトース、アラビノース等)である。 増粘安定剤 Arabino galactan
20 L-アラビノース   アラビノース アラビアガム、ガディガム、コーンファイバー又はテンサイのパルプ(シュガービートパルプ)の多糖類(アラビナン等)を、加水分解し、分離して得られたものである。成分はL-アラビノースである。 甘味料 L-Arabinose
21 L-アルギニン   アルギニン タンパク質原料の加水分解により又は糖類を原料とした発酵により得られたものを、分離して得られたものである。成分はL-アルギニンである。 調味料
強化剤
L-Arginine
22 アルギン酸 昆布類粘質物   褐藻類(Phaeophyceae)より、温時~熱時水又はアルカリ性水溶液で抽出し、精製して得られたものである。成分はアルギン酸である。 増粘安定剤 Alginic acid
23 アルギン酸リアーゼ     細菌(Alteromonas macleodii, Flavobacterium maltivolum, Pseudomonas, Xanthomonas)の培養液より、室温時水で抽出して得られたものである。 酵素 Alginate lyase
24 アルミニウム アルミ末   27Al 着色料 Aluminium
25 アントシアナーゼ     糸状菌(Aspergillus oryzae, Aspergillus niger, Penicillium decumbens)の培養液より、又は麦芽若しくは穀類の種子より、冷時~室温時水で抽出して得られたもの又はこれを冷時エタノール又は含水エタノールで処理して得られたものである。 酵素 Anthocyanase
26 イソアミラーゼ 枝切り酵素   細菌(Bacillus, Flavobacterium odoratum, Pseudomonas amyloderamosa)の培養液より、冷時~室温時除菌後、冷時~室温時濃縮して得られたものである。 酵素 Isoamylase
27 イソアルファー苦味酸
(ホップの花から得られた、イソフムロン類を主成分とするものをいう。)
イソアルファー酸 ホップ クワ科ホップ(Humulus lupulus LINNE)の雌花より、水、二酸化炭素又は有機溶剤で抽出し、熱処理して得られたものである。主成分はイソフムロン類である。 苦味料等 Iso-a-bitter acid
28 イソマルトデキストラナーゼ     細菌(Arthrobacter)の培養液より、水で抽出して得られたものである。 酵素 Isomaltodextranase
29 イタコン酸 メチレンコハク酸   麹菌(Aspergillus terreus)による殿粉又は粗糖発酵培養液より、分離して得られたものである。成分はイタコン酸である。 酸味料 Itaconic acid
30 イナワラ灰抽出物
(イネの茎又は葉の灰化物から抽出して得られたものをいう。)
ワラ灰抽出物 植物灰抽出物 イネ科イネ(Oryza sativa LINNE)の茎又は葉を灰化したものより、室温時水で抽出して得られたものであって、アルカリ金属及びアルカリ土類金属を含む。 製造用剤 Rice straw ash extract
31 イヌリナーゼ イヌラーゼ   糸状菌(Aspergillus aculeatus, Aspergillus niger, Aspergillus phoenicis, Penicillium purpurogenum, Trichoderma)の培養液より、室温時水で抽出して得られたものである。 酵素 Inulinase
32 イノシトール イノシット   「フィチン酸」を分解したものより、又はアカザ科サトウダイコン(Beta vulgaris LINNE var.rapa DUMORTIER)の糖液又は糖蜜より、分離して得られたものである。成分はイノシトールである。 強化剤 Inositol
33 インベルターゼ サッカラーゼ
シュークラーゼ
スクラーゼ
  糸状菌(Aspergillus aculeatus, Aspergillus awamori, Aspergillus niger)、細菌(Arthrobacter, Bacillus)又は酵母(Kluyveromyces lactis, Saccharomyces cerevisiae)の培養液より、冷時~室温時菌体を回収して得られたもの、冷時~室温時水若しくはアルカリ性水溶液で抽出して得られたもの、冷時~室温時濃縮して得られたもの、又はアセトン若しくはアルコールで処理し、イオン交換処理後、アセトン若しくはアルコールで処理及び透析除去したものである。 酵素 Invertase
34 ウェランガム
(アルカリゲネスの培養液から得られた、多糖類を主成分とするものをいう。)
ウェラン多糖類   グラム陰性細菌(Alcaligenes)の培養液より、分離して得られた多糖類である。 増粘安定剤 Welan gum
35 ウコン色素
(ウコンの根茎から得られた、クルクミンを主成分とするものをいう。)
クルクミン
ターメリック色素
ウコン ウコン(Curcuma longa Linne)の根茎から得られた、クルクミンを主成分とするものである。食用油脂を含むことがある。 着色料 Turmeric oleoresin Curcumin
36 ウルシロウ
(ウルシの果実から得られた、グリセリンパルミタートを主成分とするものをいう。)
    ウルシ科ウルシ(Rhus verniciflua LINNE)の果実より、融解、さらして得られたものである。主成分はグリセリンパルミタートである。 ガムベース
光沢剤
Urushi Wax
37 ウレアーゼ   アミダーゼ 乳酸菌(Lactobacillus fermentum)又は細菌(Arthrobacter)の培養液を、室温時水で抽出し、冷時エタノールで処理して得られたもの、又は濃縮し、微温時エタノールで処理して得られたものである。 酵素 Urease
38 エキソマルトテトラオヒドロラーゼ G4生成酵素 アミラーゼ
カルボヒドラーゼ
細菌(Pseudomonas stutzeri)の培養液より、室温時除菌し、膜で濃縮して得られたもの、又はこれをエタノールで処理して得られたものである。 酵素 Exomaltotetraohydrolase
39 エステラーゼ     動物の肝臓、魚類、糸状菌(Aspergillus)、細菌(Pseudomonas)若しくは酵母(Candida, Torulopsis)の培養液より、冷時~室温時水で抽出して得られたもの、除菌したもの若しくは濃縮したもの、又は冷時~室温時エタノール若しくは含水エタノールで処理して得られたものである。 酵素 Esterase
40 エレミ樹脂
(エレミの分泌液から得られた、β-アミリンを主成分とするものをいう。)
    カンラン科エレミ(Canarium luzonicum A.GRAY.)の分泌液を、乾燥して得られたものである。主成分はβ-アミリンである。 増粘安定剤
ガムベース
Elemi resin
41 塩水湖水低塩化ナトリウム液
(塩水湖水から塩化ナトリウムを析出分離して得られた、アルカリ金属塩類及びアルカリ土類金属塩類を主成分とするものをいう。)
  塩水湖水ミネラル液 塩水湖の塩水を、天日蒸散により濃縮し、塩化ナトリウムを析出分離し、残りの液体をろ過したものである。主成分はアルカリ金属塩類及びアルカリ土類金属塩類である。 調味料 Sodium chloride-decreased brine(saline lake)
42 オゾケライト セレシン   ワックスシュールの鉱脈に含まれるロウを精製したものである。主成分はC29~C53の炭化水素である。 ガムベース Ozokerite
43 オゾン     O3 製造用剤 Ozone
44 オリゴガラクチュロン酸     「ペクチン」をペクチナーゼで酵素分解し、限外ろ過して得られたものであって、ガラクチュロン酸の1~9量体の混合物からなる。 製造用剤 Oligogalacturonic acid
45 γ-オリザノール
(米ぬか又は胚芽油から得られた、ステロールとフェルラ酸及びトリテルペンアルコールとフェルラ酸のエステルを主成分とするものをいう。)
  オリザノール イネ科イネ(Oryza sativa LINNE)の種子より得られる米ぬか又は胚芽油より、室温時含水エタノール及びn-ヘキサン又はアセトンで分配した後、含水エタノール画分から得られたものである。主成分はステロールとフェルラ酸及びトリテルペンアルコールとフェルラ酸のエステルである。 酸化防止剤 γ-Oryzanol
46 オレガノ抽出物
(オレガノの葉から得られた、カルバクロール及びチモールを主成分とするものをいう。)
    シソ科オレガノ(Origanum vulgare LINNE)の葉より、室温時~温時エタノール、含水エタノール又はヘキサンで抽出して得られたものである。成分としてチモール及びカルバクロールを含む。 製造用剤 Oregano extract
47 オレンジ色素
(アマダイダイの果実又は果皮から得られた、カロテン及びキサントフィルを主成分とするものをいう。)
  カロチノイド
カロチノイド色素
カロテノイド
カロテノイド色素
果実色素
ミカン科アマダイダイ(Citrus sinensis OSBECK)の果実又は果皮より、搾汁したもの、又は熱時エタノール、ヘキサン若しくはアセトンで抽出し、溶媒を除去して得られたものである。主色素はβ-クリプトキサンチンの脂肪酸エステルである。黄色を呈する。 着色料 Orange colour
48 海藻灰抽出物
(褐藻類の灰化物から得られた、ヨウ化カリウムを主成分とするものをいう。)
    褐藻類を焼成灰化したものより、水で抽出して得られたものである。主成分はヨウ化カリウムである。 製造用剤 Seaweed ash extract
49 カオリン 白陶土 不溶性鉱物性物質 天然の含水ケイ酸アルミニウムを精製したものである。 製造用剤 Kaolin
50 カカオ色素
(カカオの種子から得られた、アントシアニンの重合物を主成分とするものをいう。)
ココア色素 カカオ
フラボノイド
フラボノイド色素
アオギリ科カカオ(Theobroma cacao LINNE)の種子(カカオ豆)を発酵後、焙焼したものより、温時弱アルカリ性水溶液で抽出し、中和して得られたものである。主色素はアントシアニンが熱により重合したものである。褐色を呈する。 着色料 Cacao colour
51 カキ色素
(カキの果実から得られた、フラボノイドを主成分とするものをいう。)
  果実色素
フラボノイド
フラボノイド色素
カキノキ科カキ(Diospyros kaki THUNB.)の果実を発酵後、焙焼したものより、温時含水エタノールで抽出して得られたもの、又は温時弱アルカリ性水溶液で抽出し、中和して得られたものである。主色素はフラボノイドである。赤褐色を呈する。 着色料 Japanese persimmon colour
52 花こう斑岩   麦飯石
不溶性鉱物性物質
花こう斑岩を洗浄、粉砕したものを、乾燥後、滅菌して得られたものである。 製造用剤 Granite porphyry
53 カシアガム
(エビスグサモドキの種子を粉砕して得られた、多糖類を主成分とするものをいう。)
カッシャガム   マメ科エビスグサモドキ(Cassia tora LINNE)の種子の胚乳部を、粉砕して得られたものである。主成分は多糖類である。 増粘安定剤 Cassia gum
54 カタラーゼ   オキシダーゼ ブタの肝臓より、水で抽出して得られたもの、又は糸状菌(Aspergillus aculeatus, Aspergillus awamori, Aspergillus foetidus, Aspergillus niger, Aspergillus phoenicis,Penicillium amagasakiense)細菌(Micrococcus lyzodeikticus)若しくは酵母(Saccharomyces)の培養液より、冷時~室温時水で抽出して得られたもの、温時溶菌後、除菌し、冷時~室温時濃縮して得られたもの、又はこれを冷時エタノールで処理して得られたものである。 酵素 Catalase
55 活性炭
(含炭素物質を炭化し、賦活化して得られたものをいう。)
    鋸屑、木片、ヤシ殻の植物性繊維質、亜炭又は石油等の含炭素物質を炭化後、賦活化を行って得られたものである。 製造用剤 Active carbon
56 活性白土   不溶性鉱物性物質 酸性白土を硫酸処理して得られたものである。主成分は含水ケイ酸アルミニウムである。 製造用剤 Activated acid clay
57 ガティガム
(ガティノキの分泌液から得られた、多糖類を主成分とするものをいう。)
  ガティ ガティノキ(Anogeissus latifolia Wallich)の分泌液から得られた、多糖類を主成分とするものである。 増粘安定剤 Gum ghatti
58 カテキン     ツバキ科チャ(Camellia sinensis O.KZE.)の茎若しくは葉、マメ科ペグアセンヤク(Acacia catechu WILLD.)の幹枝又はアカネ科ガンビール(Uncaria gambir ROXBURGH)の幹枝若しくは葉より、乾留した後、水又はエタノールで抽出し、精製して得られたもの、又は熱時水で抽出した後、メタノール若しくは酢酸エチルで分配して得られたものである。成分はカテキン類である。 酸化防止剤 Catechin
59 カードラン
(アグロバクテリウム又はアルカリゲネスの培養液から得られた、β-1,3-グルカンを主成分とするものをいう。)
  ブドウ糖多糖 アグロバクテリウム属菌(Agrobacterium biovar 1)又はリゾビウム属菌(Rhizobium radiobacter)の培養液から得られた、β-1,3-グルカンを主成分とするものである。 増粘安定剤
製造用剤
Curdlan
60 カフェイン(抽出物)
(コーヒーの種子又はチャの葉から得られた、カフェインを主成分とするものをいう。)
  カフェイン アカネ科コーヒー(Coffea arabica LINNE)の種子(コーヒー豆)又はツバキ科チャ(Camellia sinensis O.KZE.)の葉より、水又は二酸化炭素で抽出し、分離、精製して得られたものである。主成分はカフェインである。 苦味料等 Caffeine(extract)
61 カラギナン
(イバラノリ、キリンサイ、ギンナンソウ、スギノリ又はツノマタの全藻から得られた、i-カラギナン、k-カラギナン及びl-カラギナンを主成分とするものをいう。)
カラギーナン
カラゲナン
カラゲーナン
カラゲニン
増粘安定剤
 
 
 
Carrageenan
 加工ユーケマ藻類 ユーケマ カラギナン(イバラノリ属(Hypnea)、キリンサイ属(Eucheuma)、ギンナンソウ属(Iridaea)、スギノリ属(Gigartina)又はツノマタ属(Chondrus)の藻類の全藻から得られた、ι-カラギナン、κ-カラギナン及びλ-カラギナンを主成分とするものをいう。)の一つである。 Semirefined carrageenan
Processed eucheuma algae
Processed red algae
 精製カラギナン 紅藻抽出物 カラギナン(イバラノリ属(Hypnea)、キリンサイ属(Eucheuma)、ギンナンソウ属(Iridaea)、スギノリ属(Gigartina)又はツノマタ属(Chondrus)の全藻から得られた、ι-カラギナン、κ-カラギナン及びλ-カラギナンを主成分とするものをいう。)の一つである。ショ糖、ブドウ糖、マルトース、乳糖又はデキストリンを含むことがある。 Purified carrageenan
Refined carrageenan
 ユーケマ藻末  
 
 
ユーケマ ミリン科キリンサイ属(Eucheuma)の全藻を、乾燥、粉砕して得られたものである。 Powdered red algae
62 α-ガラクトシダーゼ メリビアーゼ カルボヒドラーゼ 糸状菌(Aspergillus aculeatus, Aspergillus awamori, Aspergillus niger, Aspergillus phoenicis, Mortierella)又は細菌(Bacillus stearothermophilus)の培養液より、室温時~微温時水、酸性水溶液若しくはアルカリ性水溶液で抽出して得られたもの、冷時含水エタノールで処理したもの、又は除菌後、濃縮して得られたものである。 酵素 α-Galactosidase
63 β-ガラクトシダーゼ ラクターゼ カルボヒドラーゼ 動物の臓器より、冷時~微温時水で抽出して得られたもの、又は糸状菌(Aspergillus oryzae, Penicillium multicolor,Rhizopus oryzae)、細菌(Bacillus circulans, Streptococcus)若しくは酵母(Kluyveromyces fragillus, Kluyveromyces lactis, Saccharomyces)の培養液より、冷時~室温時水で抽出して得られたもの、室温時自己消化処理して得られたもの、冷時~室温時濃縮したもの、冷時エタノール、含水エタノール若しくはアセトンで処理して得られたもの、又は硫酸アンモニウム等で分画した後、脱塩処理して得られたものである。 酵素 β-Galactosidase(Lactase)
64 カラシ抽出物
(カラシナの種子から得られた、イソチオシアン酸アリルを主成分とするものをいう。)
マスタード抽出物   アブラナ科カラシナ(Brassica juncea LINNE)の種子の脂肪油を除いた圧搾粕より、水蒸気蒸留により得られたものである。主成分はイソチオシアン酸アリルである。 製造用剤 Mustard extract
65 カラメルⅠ
(でん粉加水分解物、糖蜜又は糖類の食用炭水化物を熱処理して得られたものをいう。ただし、「カラメルⅡ」、「カラメルⅢ」及び「カラメルⅣ」を除く。)
カラメル カラメル色素 でん粉加水分解物、糖蜜又は糖類の食用炭水化物を、熱処理して得られたもの、又は酸若しくはアルカリを加えて熱処理して得られたもので、亜硫酸化合物及びアンモニウム化合物を使用していないものである。 着色料
製造用剤
CaramelⅠ(plain)
66 カラメルⅡ
(でん粉加水分解物、糖蜜又は糖類の食用炭水化物に亜硫酸化合物を加えて熱処理して得られたものをいう。ただし、「カラメルⅣ」を除く。)
カラメル カラメル色素 でん粉加水分解物、糖蜜又は糖類の食用炭水化物に、亜硫酸化合物を加えて、又はこれに酸若しくはアルカリを加えて熱処理して得られたもので、アンモニウム化合物を使用していないものである。 着色料
製造用剤
CaramelⅡ(caustic sulfite process)
67 カラメルⅢ
(でん粉加水分解物、糖蜜又は糖類の食用炭水化物にアンモニウム化合物を加えて熱処理して得られたものをいう。ただし、「カラメルⅣ」を除く。)
カラメル カラメル色素 でん粉加水分解物、糖蜜又は糖類の食用炭水化物に、アンモニウム化合物を加えて、又はこれに酸若しくはアルカリを加えて熱処理して得られたもので、亜硫酸化合物を使用していないものである。 着色料
製造用剤
CaramelⅢ(ammonia process)
68 カラメルⅣ
(でん粉加水分解物、糖蜜又は糖類の食用炭水化物に亜硫酸化合物及びアンモニウム化合物を加えて熱処理して得られたものをいう。
カラメル カラメル色素 でん粉加水分解物、糖蜜又は糖類の食用炭水化物に、亜硫酸化合物及びアンモニウム化合物を加えて、又はこれに酸若しくはアルカリを加えて熱処理して得られたものである。 着色料
製造用剤
CaramelⅣ(sulfite ammonia process)
69 カラヤガム
(カラヤ又はキバナワタモドキの分泌液から得られた、多糖類を主成分とするものをいう。)
  カラヤ カラヤ(Sterculia urens Roxburgh)又はキバナワタモドキ(Cochlospermum gossypium de Candolle)の分泌液から得られた、多糖類を主成分とするものである。 増粘安定剤 Karaya gum
70 カルナウバロウ
(ブラジルロウヤシの葉から得られた、ヒドロキシセロチン酸セリルを主成分とするものをいう。)
カルナウバワックス
ブラジルワックス
植物ワックス ブラジルロウヤシ(Copernicia prunifera H.E.Moore(Copernicia cerifera Martius))の葉から得られた、ヒドロキシセロチン酸セリルを主成分とするものである。 ガムベース
光沢剤
Carnauba wax
Brazil wax
71 カルボキシペプチダーゼ     イネ科コムギ(Triticum aestivum LINNE)の種皮及び果皮(ふすま)より、酢酸水溶液で抽出したもの、又は糸状菌(Aspergillus)若しくは酵母(Saccharomyces cerevisiae)の培養液より、冷時~室温時水で抽出して得られたもの若しくは冷時~室温時濃縮し、冷エタノールで処理して得られたものである。 酵素 Carboxypeptidase
72 カロブ色素
(イナゴマメの種子の胚芽を粉砕して得られたものをいう。)
カロブジャーム カロブ
フラボノイド
フラボノイド色素
マメ科イナゴマメ(Ceratonia siliqua LINNE)の種子の胚芽を、粉砕して得られたものである。淡黄色を呈する。 着色料
製造用剤
Carob germ colour
73 カロブビーンガム
(イナゴマメの種子の胚乳を粉砕し、又は溶解し、沈殿して得られたものをいう。)
ローカストビーンガム ローカスト イナゴマメ(Ceratonia siliqua Linne)の種子の胚乳を粉砕し,又は溶解し,沈殿して得られたものである。ショ糖,ブドウ糖,乳糖,デキストリン又はマルトースを含むことがある。 増粘安定剤 Carob bean gum
Locust bean gum
74 カワラヨモギ抽出物
(カワラヨモギの全草から得られた、カピリンを主成分とするものをいう。)
  カラワヨモギ キク科カワラヨモギ(Artemisia capillaris THUNB.)の全草より、室温時エタノール若しくは含水エタノールで抽出して得られたもの、又は水蒸気蒸留して得られたものである。有効成分はカピリン等である。 保存料 Rumput roman extract
75 カンゾウ抽出物
(ウラルカンゾウ、チョウカカンゾウ又はヨウカンゾウの根又は根茎から得られた、グリチルリチン酸を主成分とするものをいう。)
カンゾウエキス
グリチルリチン
リコリス抽出物
カンゾウ
カンゾウ甘味料
リコリス
ウラルカンゾウ (Glycyrrhiza uralensis Fischer),チョウカカンゾウ(Glycyrrhiza inflata Batalin),ヨウカンゾウ (Glycyrrhiza glabra Linne),又はそれらの近縁植物の根若しくは根茎から得られた,グリチルリチン酸を主成分とするものである。本品には,粗製物と精製物がある。 甘味料 Licorice extract
76 カンゾウ油性抽出物
(ウラルカンゾウ、チョウカカンゾウ又はヨウカンゾウの根又は根茎から得られた、フラボノイドを主成分とするものをいう。)
  油性カンゾウ マメ科ウラルカンゾウ(Glycyrrhiza uralensis FISCHER)、マメ科チョウカカンゾウ(Glycyrrhiza inflata BATALIN)又はマメ科ヨウカンゾウ(Glycyrrhiza glabra LINNE)の根又は根茎を水で洗浄した残渣より、室温時~温時エタノール、アセトン又はヘキサンで抽出して得られたものである。主成分はフラボノイドである。 酸化防止剤 Licorice oil extract
77 カンデリラロウ
(カンデリラの茎から得られた、ヘントリアコンタンを主成分とするものをいう。)
カンデリラワックス
キャンデリラロウ
キャンデリラワックス
植物ワックス カンデリラ(Euphorbia antisyphilitica Zuccarini又はEuphorbia cerifera Alcocer)の茎から得られた、ヘントリアコンタンを主成分とするものである。 ガムベース
光沢剤
Candelilla wax
78 キサンタンガム
(キサントモナスの培養液から得られた、多糖類を主成分とするものをいう。)
キサンタン多糖類
ザンサンガム
キサンタン キサントモナス属菌(Xanthomonas campestris)の培養液から得られた、多糖類を主成分とするものである。ブドウ糖、乳糖、デキストリン又はマルトースを含むことがある。 増粘安定剤 Xanthan gum
79 キシラナーゼ     糸状菌(Aspergillus aculeatus, Aspergillus niger, Trichoderma koningii, Trichoderma longibrachiatum reesei,Trichoderma viride)の培養液より、分離して得られたものである。 酵素 Xylanase
80 D-キシロース   キシロース 木材又はアオイ科ワタ(Gossypium arboretum LINNE)、イネ科イネ(Oryza sativa LINNE)、イネ科サトウキビ(Saccharum officinarum LINNE)若しくはイネ科トウモロコシ(Zea Mays LINNE)又はその他同属植物の茎、実又は殻より、熱時酸性水溶液で加水分解し、分離して得られたものである。成分はD-キシロースである。 甘味料 D-Xylose
81 キチナーゼ     糸状菌(Trichoderma harzianum, Trichoderma reesei)、放線菌(Amycolatopsis orientalis, Streptomyces)又は細菌(Aeromonas)の培養液より、冷時~室温時除菌後、濃縮し、硫酸アンモニウムで分画したもの、若しくはエタノールで処理したものから得られたものである。 酵素 Chitinase
82 キチン     エビ、カニ等甲殻類の甲殻又はイカの甲を、室温時~温時酸性水溶液で炭酸カルシウムを除去した後、温時~熱時弱アルカル性水溶液でタンパク質を除去したもので、N-アセチル-D-グルコサミンの多量体からなる。 増粘安定剤 Chitin
83 キトサナーゼ     細菌(Aeromonas, Bacillus)又は糸状菌(Aspergillus niger, Trichoderma reesei, Trichoderma viride, Verticillium)の培養液より、除菌後、冷時~微温時濃縮したもの又はエタノール若しくはアセトンで処理して得られたものである。 酵素 Chitosanase
84 キトサン     「キチン」を、温時~熱時水酸化ナトリウム水溶液で脱アセチル化したもので、D-グルコサミンの多量体からなる。 増粘安定剤
製造用剤
Chitosan
85 キナ抽出物
(アカキナの樹皮から得られた、キニジン、キニーネ及びシンコニンを主成分とするものをいう。)
    アカネ科アカキナ(Cinchona succirubra PAVON)の樹皮より、水又はエタノール等で抽出して得られたものである。有効成分はキニーネ、キニジン及びシンコニンである。 苦味料等 Redbark cinchona extract
86 キハダ抽出物
(キハダの樹皮から得られた、ベルベリンを主成分とするものをいう。)
  キハダ ミカン科キハダ(Phellodendron amurense RUPR.)の樹皮より、水又はエタノールで抽出して得られたものである。主成分はベルベリンである。 苦味料等 Phellodendron bark extract
87 魚鱗箔
(魚類の上皮部から抽出して得られたものをいう。)
    イワシ科マイワシ(Sardinops melanosticta TEMMINCK et SCHLEGEL)、タチウオ科タチウオ(Trichiurus lepturus LINNE)又はニシン科ニシン(Clupea pallasi CUVIER et VALENCIENNES)の魚体の上皮部を採り、室温時水又は弱アルカリ性水溶液で洗浄後、室温時エタノールで抽出して得られたものである。主色素は不明であるが、グアニンを含む。白色~淡黄灰色を呈する。 着色料 Fish scale foil
88 キラヤ抽出物
(キラヤの樹皮から得られた、サポニンを主成分とするものをいう。)
キラヤサポニン サポニン キラヤ(Quillaja saponaria Molina)の樹皮から得られた、サポニンを主成分とするものである。 乳化剤 Quillaia extract
Quillaja extract
89 金箔   197Au 着色料
製造用剤
Gold
90 銀箔   107Ag, 109Ag 着色料 Silver
91 グァーガム
(グァーの種子から得られた、多糖類を主成分とするものをいう。ただし、「グァーガム酵素分解物」を除く。)
グァーフラワー
グァルガム
グァー グァー(Cyamopsis tetragonolobus Taubert)の種子から得られた、多糖類を主成分とするものである。ショ糖、ブドウ糖、乳糖又はデキストリンを含むことがある。 増粘安定剤 Guar gum
92 グァーガム酵素分解物
(グァーの種子を粉砕し、分解して得られた、多糖類を主成分とするものをいう。)
グァーフラワー酵素分解物
グァルガム酵素分解物
グァー分解物 「グァーガム」を、酵素(α-ガラクトシダーゼ、ヘミセルラーゼ)で分解して得られたものである。主成分は多糖類である。 増粘安定剤 Enzymatically hydrolyzed
guar gum
93 グアヤク脂
(ユソウボクの幹枝から得られた、グアヤコン酸、グアヤレチック酸及びβ-レジンを主成分とするものをいう。)
    ハマビシ科ユソウボク(Guajacum officinale LINNE)の幹枝を、加熱して得られたものである。有効成分は、グアヤコン酸、グアヤレチック酸及びβ-レジンである。 酸化防止剤 Guaiac resin
Guajac resin
94 グアヤク樹脂
(ユソウボクの分泌液から得られた、α-グアヤコン酸及びβ-グアヤコン酸を主成分とするものをいう。)
    ハマビシ科ユソウボク(Guaiacum officinale LINNE)の分泌液を、室温時エタノールで抽出し、ろ液からエタノールを留去して得られたものである。主構成成分はα-、β-グアヤコン酸である。 ガムベース Guajac resin(extract)
95 クエルセチン ケルセチン ルチン分解物 「ルチン(抽出物)」を、酵素又は酸性水溶液で加水分解して得られたものである。成分はクエルセチンである。 酸化防止剤 Quercetin
96 クチナシ青色素
(クチナシの果実から得られたイリドイド配糖体とタンパク質分解物の混合物にβ-グルコシダーゼを添加して得られたものをいう。)
  クチナシ
クチナシ色素
クチナシ(Gardenia augusta Merrill又はGardenia jasminoides Ellis)の果実から得られたイリドイド配糖体とタンパク質分解物の混合物に、β-グルコシダーゼを添加して得られたものである。デキストリン又は乳糖を含むことがある。 着色料 Gardenia blue
97 クチナシ赤色素
(クチナシの果実から得られたイリドイド配糖体のエステル加水分解物とタンパク質分解物の混合物にβ-グルコシダーゼを添加して得られたものをいう。)
  クチナシ
クチナシ色素
クチナシ(Gardenia augusta Merrill又はGardenia jasminoides Ellis)の果実から得られたイリドイド配糖体のエステル加水分解物とタンパク質分解物の混合物に、β-グルコシダーゼを添加して得られたものである。デキストリン又は乳糖を含むことがある。 着色料 Gardenia red
98 クチナシ黄色素
(クチナシの果実から得られた、クロシン及びクロセチンを主成分とするものをいう。)
  カロチノイド
カロチノイド色素
カロテノイド
カロテノイド色素
クチナシ
クチナシ色素
クロシン
クチナシ(Gardenia augusta Merrill又はGardenia jasminoides Ellis)の果実から得られた、クロシン及びクロセチンを主成分とするものである。デキストリン又は乳糖を含むことがある。 着色料 Gardenia yellow
99 グッタハンカン
(グッタハンカンの分泌液から得られた、アミリンアセタート及びポリイソプレンを主成分とするものをいう。)
    アカテツ科グッタハンカン(Palaquium leiocarpum BOERL.)の幹枝より得られたラテックスを、熱時水で洗浄し、水溶成分を除去したものより得られたものである。主成分はトランスポリイソプレン及びアミリンアセタートである。 ガムベース Gutta hang kang
100 グッタペルカ
(グッタペルカの分泌液から得られた、ポリイソプレンを主成分とするものをいう。)
    アカテツ科グッタペルカ(Palaquium gutta BURCK.)の幹枝より得られたラテックスを、熱時水で洗浄し、水溶成分を除去したものより得られたものである。主成分はトランスポリイソプレンである。 ガムベース Gutta percha
101 クリストバル石   不溶性鉱物性物質 鉱床より採掘したクリストバル石を、粉砕乾燥、800~1200℃で焼成、又は塩酸処理して焼成したものである。 製造用剤 Cristobalite
102 グルカナーゼ   カルボヒドラーゼ
ヘミセルラーゼ
糸状菌(Aspergillus aculeatus, Aspergillus niger, Humicola insolens, Rhizopus delemar, Trichoderma harzianum, Trichoderma longibrachiatum, Trichoderma viride)、担子菌(Pycnoporus coccineus)、細菌(Arthrobacter, Bacillus subtilis, Pseudomonas paucimobilis)若しくは酵母(Saccharomyces)の培養液より、冷時~微温時水若しくは酸性水溶液で抽出して得られたもの、除菌後、冷時~室温時濃縮したもの、冷時エタノール、含水エタノール若しくはアセトンで処理して得られたもの、又は除菌後、硫酸アンモニウム等で分画した後、脱塩処理して得られたものである。 酵素 Glucanase
103 グルコアミラーゼ 糖化アミラーゼ アミラーゼ
カルボヒドラーゼ
糸状菌(Acremonium, Aspergillus, Humicola grisea, Rhizopus delemar, Rhizopus niveus)、担子菌(Corticium rolfsii)、細菌(Bacillus, Pseudomonas)又は酵母(Saccharomyces)の培養液より、冷時~室温時水で抽出して得られたもの、冷時~室温時除菌後、濃縮したもの、冷時~室温時濃縮後、エタノール、含水エタノール若しくはアセトンで処理して得られたもの、又は硫酸アンモニウム等で分画した後、脱塩処理して得られたものである。 酵素 Glucoamylase
104 グルコサミン     「キチン」を、塩酸で加水分解し、分離して得られたものである。成分はグルコサミンである。 増粘安定剤
製造用剤
Glucosamine
105 α-グルコシダーゼ マルターゼ   糸状菌(Absidia, Acremonium, Aspergillus)、細菌(Bacillus, Pseudomonas)若しくは酵母(Saccharomyces)の培養液より、冷時~室温時水で抽出して得られたもの、又は冷時~室温時濃縮後、冷時エタノールで処理して得られたものである。 酵素 α-Glucosidase
106 β-グルコシダーゼ ゲンチオビアーゼ
セロビアーゼ
  ソテツ科ソテツ(Cycas revoluta THUNB.)より、冷時~微温時水で抽出して得られたもの、又は糸状菌(Aspergillus aculeatus, Aspergillus niger, Aspergillus pulverulentus, Penicillium decumbens, Trichoderma harzianum, Trichoderma longibrachiatum, Trichoderma reesei)若しくは細菌(Bacillus)の培養液より、冷時~微温時水で抽出して得られたもの、冷時~室温時濃縮したもの、又は冷時エタノール若しくは含水エタノールで処理して得られたものである。 酵素 β-Glucosidase
107 α-グルコシルトランスフェラーゼ 4-α-グルカノトランスフェラーゼ
6-α-グルカノトランスフェラーゼ
  細菌(Agrobacterium radiobacter, Arthrobacter, Bacillus, Erwinia, Pimelobacter, Protaminobacter, Pseudomonas, Serratia, Thermus)の培養液又はバレイショ(Solanum tuberosum LINNE)の塊茎より、冷時~室温時除菌したもの、冷時水で抽出して得られたもの、又は冷時~室温時濃縮して得られたものである。なお、基質特異性により、4-α-グルカノトランスフェラーゼ、6-α-グルカノトランスフェラーゼと呼ばれるものがある。 酵素 α-Glucosyltransferase
4-α-Glucanotransferase
6-α-Glucanotransferase
108 α-グルコシルトランスフェラーゼ処理ステビア
(「ステビア抽出物」から得られた、α-グルコシルステビオシドを主成分とするものをいう。)
酵素処理ステビア ステビア
ステビア甘味料
糖転移ステビア
『ステビア抽出物』に、α-グルコシルトランスフェラーゼを用いてD-グルコースを付加して得られたものである。α-グルコシルステビオシドを主成分とする。 甘味料 α-Glucosyltransferase treated stevia
109 グルコースイソメラーゼ     糸状菌(Aspergillus)、放線菌(Actinoplanes missouriensis, Streptomyces griseofuscus, Streptomyces murinus, Streptomyces phaeochromogenes, Streptomyces rubiginosus)又は細菌(Bacillus coagulans)の培養液より、室温時水で抽出して得られたものである。 酵素 Glucose isomerase
110 グルコースオキシダーゼ     糸状菌(Aspergillus aculeatus, Aspergillus niger, Penicillium)の培養液より、冷時~室温時水で抽出して得られたもの、又は冷時~微温時溶菌後、除菌したもの、又は冷時~室温時濃縮後、冷時エタノールで処理して得られたものである。 酵素 Glucose oxidase
111 グルタミナーゼ   アミダーゼ 枯草菌(Bacillus subtilis)、糸状菌(Aspergillus)又は酵母(Candida)の培養液より、冷時~室温時水で抽出して得られたもの、冷時~室温時濃縮したもの、冷時エタノール、含水エタノール若しくはアセトンで処理して得られたもの、又は硫酸アンモニウム等で分画した後、脱塩処理して得られたものである。 酵素 Glutaminase
112 L-グルタミン   グルタミン 糖類を原料とした発酵により得られたものから分離して得られたものである。成分はL-グルタミンである。 調味料
強化剤
L-Glutamine
113 グレープフルーツ種子抽出物
(グレープフルーツの種子から得られた、脂肪酸及びフラボノイドを主成分とするものをいう。)
  グレープフルーツ種子 ミカン科グレープフルーツ(Citrus paradisi MACF.)の種子より、水又はエタノールで抽出して得られたものである。主成分は脂肪酸及びフラボノイドである。 製造用剤 Grapefruit seed extract
114 クーロー色素
(ソメモノイモの根から抽出して得られたものをいう。)
ソメモノイモ色素 フラボノイド
フラボノイド色素
ヤマノイモ科ソメモノイモ(Dioscorea matsudai HAYATA)の根より、熱時水、弱アルカリ性水溶液若しくはプロピレングリコールで抽出したもの、又は室温時含水エタノールで抽出して得られたものである。赤褐色を呈する。 着色料 Kooroo colour
Matsudai colour
115 クローブ抽出物
(チョウジのつぼみ、葉又は花から得られた、オイゲノールを主成分とするものをいう。)
チョウジ抽出物 チョウジ油 フトモモ科チョウジ(Syzygium aromaticum MERRILL et PERRY)のつぼみ、葉又は花より、エタノール又はアセトンで抽出して得られたもの、又は水蒸気蒸留により得られたものである。主成分はオイゲノール等である。 酸化防止剤 Clove extract
116 クロロフィリン   葉緑素 「クロロフィル」を、温時アルカリ性エタノール水溶液で加水分解し、希塩酸で中和した後、含水エタノールで抽出して得られたものである。主成分はマグネシウムクロロフィリンである。緑色を呈する。 着色料 Chlorophylline
117 クロロフィル   葉緑素 緑色植物より得られた、クロロフィル類を主成分とするものである。食用油脂を含むことがある。 着色料 Chlorophyll
118 くん液
(サトウキビ、竹材、トウモロコシ又は木材を燃焼して発生したガス成分を捕集し、又は乾溜して得られたものをいう。)
スモークフレーバー     製造用剤
 
 
Smoke flavourings
 木酢液     サトウキビ、竹材、トウモロコシ又は木材を、乾留して得られたものである。 Wood vinegar
Pyroligneous acid
 リキッドスモーク     サトウキビ、竹材、トウモロコシ又は木材を、限定された空気の存在下で、燃焼して発生したガス成分を捕集して得られたものである。 Liquid smoke
119 ケイソウ土   不溶性鉱物性物質 ケイソウに由来する二酸化ケイ素で、乾燥品、焼成品及び融剤焼成品があり、それぞれをケイソウ土(乾燥品)、ケイソウ土(焼成品)及びケイソウ土(融剤焼成品)と称する。焼成品は、800~1,200℃で焼成したものであり、融剤焼成品は、少量の炭酸のアルカリ塩を添加して800~1,200℃で焼成したものである。融剤焼成品のうち酸洗い品については、焼成品の規定(性状を除く)を準用する。 製造用剤 Diatomaceous earth
120 ゲンチアナ抽出物
(ゲンチアナの根又は根茎から得られた、アマロゲンチン及びゲンチオピクロシドを主成分とするものをいう。)
    リンドウ科ゲンチアナ(Gentiana lutea LINNE)の根又は根茎より、水又はエタノールで抽出して得られたものである。有効成分はゲンチオピクロシド(ゲンチオピクリン)及びアマロゲンチンである。 苦味料等 Gentian root extract
121 高級脂肪酸 (動植物性油脂又は動植物性硬化油脂を加水分解して得られたものをいう。)   脂肪酸 動植物性油脂又は動植物性硬化油脂より、加水分解したものより得られたものである。 製造用剤 Higher fatty acid
122 香辛料抽出物
(アサノミ、アサフェチダ、アジョワン、アニス、アンゼリカ、ウイキョウ、ウコン、オールスパイス、オレガノ、オレンジピール、カショウ、カッシア、カモミール、カラシナ、カルダモン、カレーリーフ、カンゾウ、キャラウェー、クチナシ、クミン、クレソン、クローブ、ケシノミ、ケーパー、コショウ、ゴマ、コリアンダー、サッサフラス、サフラン、サボリー、サルビア、サンショウ、シソ、シナモン、シャロット、ジュニパーベリー、ショウガ、スターアニス、スペアミント、セイヨウワサビ、セロリー、ソーレル、タイム、タマネギ、タマリンド、タラゴン、チャイブ、チャービル、ディル、トウガラシ、ナツメグ、ニガヨモギ、ニジェラ、ニンジン、ニンニク、バジル、パセリ、ハッカ、バニラ、パプリカ、ヒソップ、フェネグリーク、ペパーミント、ホースミント、マジョラム、ミョウガ、ラベンダー、リンデン、レモングラス、レモンバーム、ローズ、ローズマリー、ローレル又はワサビから抽出し、又はこれを水蒸気蒸留して得られたものをいう。ただし、「ウコン色素」、「オレガノ抽出物」、「オレンジ色素」、「カラシ抽出物」、「カンゾウ抽出物」、「カンゾウ油性抽出物」、「クチナシ黄色素」、「クローブ抽出物」、「ゴマ油不けん化物」、「シソ抽出物」、「ショウガ抽出物」「精油除去ウイキョウ抽出物」、「セイヨウワサビ抽出物」、「セージ抽出物」、「タマネギ色素」、「タマリンド色素」、「タマリンドシードガム」、「タンニン(抽出物)」、「トウガラシ色素」、「トウガラシ水性抽出物」、「ニガヨモギ抽出物」、「ニンジンカロテン」及び「ローズマリー抽出物」を除く。)
スパイス抽出物 香辛料
スパイス
アサノミ、アサフェチダ、アジョワン、アニス、アンゼリカ、ウイキョウ、ウコン、オレガノ、オールスパイス、オレンジピール、カショウ、カッシア、カモミール、カラシナ、カルダモン、カレーリーフ、カンゾウ、キャラウェー、クチナシ、クミン、クレソン、クローブ、ケシノミ、ケーパー、コショウ、ゴマ、コリアンダー、サッサフラス、サフラン、サボリー、サルビア、サンショウ、シソ、シナモン、シャロット、ジュニパーベリー、ショウガ、スターアニス、スペアミント、セイヨウワサビ、セロリー、ソーレル、タイム、タマネギ、タマリンド、タラゴン、チャイブ、チャービル、ディル、トウガラシ、ナツメグ、ニガヨモギ、ニジェラ、ニンジン、ニンニク、バジル、パセリ、ハッカ、バニラ、パプリカ、ヒソップ、フェネグリーク、ペパーミント、ホースミント、マジョラム、ミョウガ、ラベンダー、リンデン、レモングラス、レモンバーム、ローズ、ローズマリー、ローレル又はワサビより水、エタノール、二酸化炭素若しくは有機溶剤で抽出して得られたもの、又は水蒸気蒸留により得られたものである。 苦味料等 Spice extracts
123 酵素処理イソクエルシトリン
(「ルチン酵素分解物」から得られた、α-グルコシルイソクエルシトリンを主成分とするものをいう。)
糖転移イソクエルシトリン 酵素処理ルチン
糖転移ルチン
『ルチン酵素分解物』とでん粉又はデキストリンの混合物に、シクロデキストリングルコシルトランスフェラーゼを用いてD-グルコースを付加して得られたものである。主成分はα-グルコシルイソクエルシトリンである。 酸化防止剤 Enzymatically modified isoquercitrin
124 酵素処理ナリンジン
(「ナリンジン」から得られた、α-グルコシルナリンジンを主成分とするものをいう。)
糖転移ナリンジン ナリンジン 「ナリンジン」とデキストリンの混合物に、シクロデキストリングルコシルトランスフェラーゼを用いてグルコースを付加させたものである。有効成分はα-グルコシルナリンジンである。 苦味料等 Enzymatically modified naringin
125 酵素処理ヘスペリジン
(「ヘスペリジン」にシクロデキストリングルコシルトランスフェラーゼを用いてグルコースを付加して得られたものをいう。)
糖転移ヘスペリジン
糖転移ビタミンP
ヘスペリジン 柑橘類の果皮、果汁、又は種子より、アルカリ性水溶液で抽出して得られるヘスペリジンに、シクロデキストリングルコシルトランスフェラーゼを用いてD-グルコースを付加して得られたものである。 強化剤 Enzymatically modified hesperidin
126 酵素処理ルチン(抽出物)
(「ルチン(抽出物)」から得られた、α-グルコシルルチンを主成分とするものをいう。)
糖転移ルチン(抽出物) 酵素処理ルチン
糖転移ルチン
「ルチン(抽出物)」とでん粉又はデキストリンの混合物に、シクロデキストリングルコシルトランスフェラーゼを用いてグルコースをα-1,4付加して得られたものである。主成分はα-グルコシルルチンである。 酸化防止剤
強化剤
着色料
Enzymatically modified rutin(extract)
127 酵素処理レシチン
(「植物レシチン」又は「卵黄レシチン」から得られた、ホスファチジルグリセロールを主成分とするものをいう。)
  レシチン 「植物レシチン」又は「卵黄レシチン」とグリセリンの混合物に、ホスホリパーゼDを用いて得られたものである。主成分はホスファチジルグリセロールである。 乳化剤 Enzymatically modified lecithin
128 酵素分解カンゾウ
(「カンゾウ抽出物」を酵素分解して得られた、グリチルレチン酸-3-グルクロニドを主成分とするものをいう。)
  カンゾウ 「カンゾウ抽出物」を、酵素分解して得られたものである。主甘味成分はグリチルレチン酸-3-グルクロニドである。 甘味料 Enzymatically hydrolyzed licorice extract
129 酵素分解リンゴ抽出物
(リンゴの果実を酵素分解して得られた、カテキン類及びクロロゲン酸を主成分とするものをいう。)
  リンゴ抽出物
リンゴエキス
バラ科リンゴ(Malus pumila MILLER)の果実を搾汁し、パルプを分離した後、得られた上清を酵素処理し、精製して得られたものである。有効成分はクロロゲン酸及びカテキン類である。 酸化防止剤 Enzymatically decomposed apple extract
130 酵素分解レシチン
(「植物レシチン」又は「卵黄レシチン」から得られた、フォスファチジン酸及びリゾレシチンを主成分とするものをいう。)
  レシチン アブラナ(Brassica rapa Linne又はBrassica napus Linne)若しくはダイズ(Glycine max Merrill)の種子から得られた植物レシチン又は卵黄から得られた卵黄レシチンから得られた、ホスファチジン酸及びリゾレシチンを主成分とするものである。酵素分解植物レシチンと酵素分解卵黄レシチンがある。 乳化剤 Enzymatically decomposed lecithin
131 酵母細胞壁
(サッカロミセスの細胞壁から得られた、多糖類を主成分とするものをいう。)
酵母細胞膜   サッカロミセス属菌(Saccharomyces cerevisiae)の細胞壁から得られた、多糖類を主成分とするものである。 増粘安定剤
製造用剤
Yeast cell wall
132 コウリャン色素
(コウリャンの種子から得られた、アピゲニニジン及びルテオリニジンを主成分とするものをいう。)
キビ色素 フラボノイド
フラボノイド色素
イネ科コウリャン(Sorghum nervosum BESS.)の実及び殻より、温時~熱時水、含水エタノール若しくは酸性含水エタノールで抽出して得られたもの、又は室温時~温時アルカリ性水溶液で抽出し、中和して得られたものである。主色素はアピゲニニジン及びルテオリニジンである。赤褐色を呈する。 着色料 Kaoliang colour
133 コチニール色素
(エンジムシから得られた、カルミン酸を主成分とするものをいう。)
カルミン酸色素 カルミン酸
コチニール
エンジムシ(Dactylopius coccus Costa(Coccus cacti Linnaeus))から得られた,カルミン酸を主成分とするものである。 着色料 Cochineal extract
Carminic acid
134 骨炭
(ウシの骨から得られた、炭末及びリン酸カルシウムを主成分とするものをいう。)
    ウシ(Bos taurus Linne)の骨を、炭化し、粉砕して得られたものである。主成分はリン酸カルシウム及び炭末である。 製造用剤 Bone charcoal
135 骨炭色素
(骨を炭化して得られた、炭素を主成分とするものをいう。)
炭末色素 炭末 ウシ科ウシ(Bos taurus LINNE var.domesticus GEMEL.)等の骨を、炭化した物である。主色素は炭素である。黒色を呈する。 着色料 Bone carbon black
136 ゴマ油不けん化物
(ゴマの種子から得られた、セサモリンを主成分とするものをいう。)
  ゴマ油抽出物 ゴマ科ゴマ(Sesamum indicum LINNE)の種子又は種子の搾油糟より、エタノールで抽出して得られたものである。主成分はセサモリンである。 酸化防止剤 Sesame seed oil unsaponified matter
137 ゴマ柄灰抽出物
(ゴマの茎又は葉の灰化物から抽出して得られたものをいう。)
    ゴマ(Sesamum indicum LINNE)の茎又は葉を灰化し、室温時水で抽出し、上澄み液をろ過して得られたものである。 製造用剤 Sesame straw ash extract
138 ゴム
(パラゴムの分泌液から得られた、ポリイソプレンを主成分とするものをいう。ただし、「低分子ゴム」を除く。)
カウチョック   トウダイグサ科パラゴム(Hevea brasiliensis MUELL.-ARG.)の幹枝より得られるラテックスを酸性水溶液で凝固させ、水洗、脱水したものより得られたものである。主成分はシスポリイソプレンである。 ガムベース Rubber
139 ゴム分解樹脂
(「ゴム」から得られた、ジテルペン、トリテルペン及びテトラテルペンを主成分とするものをいう。)
    トウダイグサ科パラゴム(Hevea brasiliensis MUELL.-ARG.)の幹枝より得られるラテックスを、加熱分解したもの、又は酵素分解して得られた低分子の樹脂状物質である。主成分はC20~C40のテルペノイドである。 ガムベース Resin of depolymerized natural rubber
140 コメヌカ油抽出物
(米ぬか油から得られた、フェルラ酸を主成分とするものをいう。)
コメヌカ油不けん化物   イネ科イネ(Oryza sativa LINNE)の種子より得られる米ぬか油の不けん化物より、エタノールで抽出して得られたものである。有効成分はフェルラ酸である。 酸化防止剤 Rice bran oil extract
141 コメヌカ酵素分解物
(脱脂米ぬかから得られた、フィチン酸及びペプチドを主成分とするものをいう。)
    イネ科イネ(Oryza sativa LINNE)の種子より得られる脱脂米ぬかを酵素分解したものより、水で抽出して得られたものである。主成分はペプチド及びフィチン酸である。 酸化防止剤 Enzymatically decomposed rice bran
142 コメヌカロウ
(米ぬか油から得られた、リグノセリン酸ミリシルを主成分とするものをいう。)
コメヌカワックス
ライスワックス
植物ワックス イネ科イネ(Oryza sativa LINNE)の種子より得られる米ぬか油より、分離して得られたものである。主成分はリグノセリン酸ミリシルである。 ガムベース
光沢剤
Rice bran wax
143 サイリウムシードガム
(ブロンドサイリウムの種皮から得られた、多糖類を主成分とするものをいう。)
サイリウムハスク サイリウム ブロンドサイリウム(Plantago ovata Forsskal)の種皮から得られた,多糖類を主成分とするものをいう。ショ糖,ブドウ糖,乳糖,デキストリン又はマルトースを含むことがある。 増粘安定剤 Psyllium seed gum
144 サトウキビロウ
(サトウキビの茎から得られた、パルミチン酸ミリシルを主成分とするものをいう。)
カーンワックス
ケーンワックス
植物ワックス イネ科サトウキビ(Saccharum officinarum LINNE)の茎の搾汁残渣より、分離、精製して得られたものである。主成分はパルミチン酸ミリシルである。 ガムベース
光沢剤
Cane wax
145 サバクヨモギシードガム
(サバクヨモギの種皮から得られた、多糖類を主成分とするものをいう。)
アルテミシアシードガム
サバクヨモギ種子多糖類
  キク科サバクヨモギ(Artemisia halodendron TURCZ. ex BESS., Artemisia ordosica KRASCHEN., Artemisias sphaerocephala KRASCH)の種子の外皮を、脱脂、乾燥して得られたものである。主成分は、α-セルロースを基本骨格に持つ、中性多糖類及び酸性多糖類である。 製造用剤
増粘安定剤
Artemisia sphaerocephala seed gum Artemisia seed gum
146 酸性白土   不溶性鉱物性物質 モンモリロナイト系粘土鉱物を精製して得られたものである。主成分は含水ケイ酸アルミニウムである。 製造用剤 Acid clay
147 酸性ホスファターゼ ホスホモノエステラーゼ   糸状菌(Aspergillus niger, Aspergillus oryzae)の培養液より、冷時~温時水で抽出し、除菌した後、冷時~室温時濃縮し、冷時エタノール若しくは含水エタノールで処理して得られたものである。 酵素 Acid phosphatase
148 酸素     O2 製造用剤 Oxygen
149 シアナット色素
(シアノキの果実又は種皮から抽出して得られたものをいう。)
  シアナット
フラボノイド
フラボノイド色素
アカテツ科シアノキ(Butyrospermum parkii KOTSCHY.)の果実又は種皮より、室温時弱アルカリ性水溶液で抽出し、中和して得られたものである。褐色を呈する。 着色料 Shea nut colour
150 シアノコバラミン ビタミンB12 V.B12 放線菌(Streptomyces)又は細菌(Agrobacterium, Bacillus, Flavobacterium, Propionibacterium又はRhizobium)の培養液より、分離して得られたものである。成分はシアノコバラミンである。 強化剤 Cyanocobalamin
Vitamin B12
151 シェラック
(ラックカイガラムシの分泌液から得られた、アレウリチン酸とシェロール酸又はアレウリチン酸とジャラール酸のエステルを主成分とするものをいう。)
セラック   ラックカイガラムシ(Laccifer spp.)の分泌液から得られた、アレウリチン酸とシェロール酸又はアレウリチン酸とジャラール酸のエステルを主成分とするものである。白シェラック及び精製シェラックがあり、ロウ分を除去していない含ロウ品及びロウ分を除去した脱ロウ品がある。  ガムベース
光沢剤
 
 
Shellac
 白シェラック 白セラック
白ラック
  カイガラムシ科ラックカイガラムシ(Laccifer lacca KERR)の分泌する樹脂状物質を、温時アルカリ性水溶液で抽出し、漂白したものより得られたものである。主成分はアレウリチン酸とジャラール酸又はアレウリチン酸とシェロール酸のエステル等である。 White shellac
 精製シェラック 精製セラック   カイガラムシ科ラックカイガラムシ(Laccifer lacca KERR)の分泌する樹脂状物質を、室温時エタノールで抽出又は温時アルカリ性水溶液で抽出し、精製して得られたものである。主成分はアレウリチン酸とジャラール酸又はアレウリチン酸とシェロール酸のエステル等である。 Purified shellac
152 シェラックロウ
(ラックカイガラムシの分泌液から得られた、ろう分を主成分とするものをいう。)
セラックロウ   カイガラムシ科ラックカイガラムシ(Laccifer lacca KERR)の分泌する樹脂状物質を、室温時エタノール又は温時アルカリ性水溶液に溶解し、ろ液からロウ分を分離して得られたものである。主成分は樹脂酸エステルである。 ガムベース
光沢剤
Shellac wax
153 ジェランガム
(シュードモナスの培養液から得られた、多糖類を主成分とするものをいう。)
ジェラン多糖類 ジェラン スフィンゴモナス属菌(Sphingomonas elodea)の培養液から得られた、多糖類を主成分とするものである。 増粘安定剤 Gellan gum
154 ジェルトン
(ジェルトンの分泌液から得られた、アミリンアセタート及びポリイソプレンを主成分とするものをいう。)
ポンチアナック   キョウチクトウ科ジェルトン(Dyera costulata HOOK F., Dyera lowii HOOK F.)の幹枝から得られたラテックスを、熱時水で洗浄し、水溶成分を除去して得られたものである。主成分はアミリンアセタート及びシスポリイソプレンである。 ガムベース Jelutong
155 シクロデキストリン サイクロデキストリン
分岐サイクロデキストリン
分岐シクロデキストリン
環状オリゴ糖 デンプンを、酵素処理し、非還元性環状デキストリンとして得られたものである。成分はシクロデキストリンである。 製造用剤 Cyclodextrin
156 シクロデキストリングルカノトランスフェラーゼ シクロデキストリングルコシルトランスフェラーゼ トランスフェラーゼ 細菌(Bacillus, Brevibacterium, Corynebacterium)の培養液より、冷時~室温時水で抽出して得られたもの、又は除菌後、冷時~室温時濃縮したもの、又はこれを、含水エタノールで処理して得られたものである。 酵素 Cyclodextrin glucanotransferase
157 L-シスチン   シスチン 動物性タンパク質(特に動物毛、羽毛)を、加水分解し、分離して得られたものである。成分はL-シスチンである。 調味料
強化剤
L-Cystine
158 シソ抽出物
(シソの種子又は葉から得られた、テルペノイドを主成分とするものをいう。)
シソエキス   シソ科シソ(Perilla crispa TANAKA)の種子又は葉より、酸性水溶液又は温時含水エタノールで抽出したものから得られたものである。主成分はテルペノイドである。 製造用剤 Perilla extract
159 シタン色素
(シタンの幹枝から得られた、サンタリンを主成分とするものをいう。)
サンダルウッド色素 サンダルウッド
フラボノイド
フラボノイド色素
マメ科シタン(Pterocarpus santalinus LINNE)の幹枝より、水、熱時プロピレングルコール又は温時エタノールで抽出して得られたものである。主色素はサンタリンである。紫赤色を呈する。 着色料 Sandalwood red
160 5'-シチジル酸   5'-CMP 酵母(Candida utilis)の菌体より、食塩存在下、水で抽出した核酸を酵素で加水分解した後、分離して得られたものである。成分は5'-シチジル酸である。 強化剤 5'-Cytidylic acid
161 ジャマイカカッシア抽出物
(ジャマイカカッシアの幹枝又は樹皮から得られた、クアシン及びネオクアシンを主成分とするものをいう。)
カッシアエキス カッシア ニガキ科ジャマイカカッシア(Quassia excelsa SW.)の幹枝又は樹皮より、水で抽出して得られたものである。有効成分はクアシン及びネオクアシンである。 苦味料等 Jamaica quassia extract
162 ショウガ抽出物
(ショウガの根茎から得られた、ショウガオール及びジンゲロールを主成分とするものをいう。)
ジンジャー抽出物   ショウガ科ショウガ(Zingiber officinale ROSC.)の根茎より、室温時エタノール、アセトン又はヘキサンで抽出して得られたものである。主成分はジンゲロール類及びショウガオール類である。 製造用剤 Ginger extract
163 焼成カルシウム
(うに殻、貝殻、造礁サンゴ、ホエイ、骨又は卵殻を焼成して得られた、カルシウム化合物を主成分とするものをいう。)
  焼成Ca   強化剤
製造用剤
 
 
 
 
 
 
Calcinated calcium
 うに殻焼成カルシウム   うに殻カルシウム
うに殻Ca
うに殻を、焼成して得られたものである。主成分は酸化カルシウムである。 Calcinated sea urchin shell calcium
 貝殻焼成カルシウム   貝カルシウム
貝Ca
貝殻を焼成して得られたものである。成分は酸化カルシウムである。 Calcinated shell calcium
 骨焼成カルシウム   骨カルシウム
骨Ca
獣骨又は魚骨を、焼成して得られたものである。成分はリン酸カルシウムである。 Calcinated bone calcium
 造礁サンゴ焼成カルシウム   コーラルカルシウム
コーラルCa
サンゴカルシウム
サンゴCa
イシサンゴ目の(Scleractinia)の造礁サンゴを、焼成して得られたものである。主成分は酸化カルシウムである。 Calcinated coral calcium
 乳清焼成カルシウム 乳清第三リン酸カルシウム
ホエイ第三リン酸カルシウム
ホエイリン酸三カルシウム
乳清リン酸カルシウム
乳清リン酸Ca
ホエイリン酸カルシウム
ホエイリン酸Ca
乳清(酸カゼインホエイ)より乳清タンパクと乳糖を分離、除去したものを、精製し焼成して得られたものである。主成分はリン酸三カルシウムである。 Tricalcium phosphate
 卵殻焼成カルシウム   卵殻カルシウム
卵殻Ca
卵殻を焼成して得られたものである。主成分は酸化カルシウムである。 Calcinated eggshell calcium
164 植物性ステロール
(油糧種子から得られた、フィトステロールを主成分とするものをいう。)
フィトステロール ステロール 油糧種子を粉砕し、抽出して得られた植物性油脂より、室温時~温時メタノール、エタノール、イソプロパノール、酢酸エチル、アセトン、又はヘキサンで抽出したものより得られたものである。主成分はフィトステロールである。 乳化剤 Vegetable sterol
165 植物炭末色素
(植物を炭化して得られた、炭素を主成分とするものをいう。)
炭末色素 炭末 植物を、水蒸気賦活法で高温に加熱し炭化したものである。主色素は炭素である。黒色を呈する。 着色料 Vegetable carbon black
166 植物レシチン
(アブラナ又はダイズの種子から得られた、レシチンを主成分とするものをいう。)
レシチン   アブラナ科アブラナ(Brassica campestris LINNE)、マメ科ダイズ(Glycine max MERRILL)の種子より得られた油脂より、分離して得られたものである。主成分はレシチンである。 乳化剤 Vegetable lecithin
167 しらこたん白抽出物
(魚類の精巣から得られた、塩基性タンパク質を主成分とするものをいう。)
しらこたん白
しらこ分解物
プロタミン
核たん白
しらこ
アイナメ( Hexagrammos otakii Jordan et Starks)、カラフトマス(Oncorhynchus gorbuscha (Walbaum))、シロザケ(Oncorhynchus keta (Walbaum))、ベニサケ(Oncorhynchus nerka (Walbaum))、カツオ(Katsuwonus pelamis (Linnaeus))又はニシン(Clupea pallasii Valenciennes)の精巣から得られた、塩基性タンパク質を主成分とするものである。 保存料 Milt protein
168 水素     H2 製造用剤 Hydrogen
169 ステビア抽出物
(ステビアの葉から抽出して得られた、ステビオール配糖体を主成分とするものをいう。)
ステビアエキス
ステビオサイド
ステビオシド
レバウジオシド
レバウディオサイド
ステビア
ステビア甘味料
ステビア(Stevia rebaudiana Bertoni)の葉から抽出して得られた、ステビオール配糖体を主成分とするものである。 甘味料 Stevia extract
170 ステビア末
(ステビアの葉を粉砕して得られた、ステビオール配糖体を主成分とするものをいう。)
  ステビア キク科ステビア(Stevia rebaudiana BERTONI)の葉を、粉末としたものである。主甘味成分はステビオール配糖体(ステビオシド及びレバウジオシド)である。 甘味料 Powdered stevia
171 スピルリナ色素
(スピルリナの全藻から得られた、フィコシアニンを主成分とするものをいう。)
スピルリナ青色素 スピルリナ青 スピルリナ(Spirulina platensis Geitler)の全藻から得られた、フィコシアニンを主成分とするものである。デキストリン又は乳糖を含むことがある。 着色料 Spirulina colour
172 スフィンゴ脂質
(米ぬかから得られた、スフィンゴシン誘導体を主成分とするものをいう。)
    イネ科イネ(Oryza sativa LINNE)の種子又は小麦(Triticum aestivum LINNE)の胚芽から得られた米ぬかより、室温時~温時エタノール、含水エタノール、イソプロピルアルコール、アセトン、ヘキサン又は酢酸エチルで抽出したものより得られたものである。主成分はスフィンゴシン誘導体である。 乳化剤 Sphingolipid
173 生石灰     石灰石を、焼成して得られたものである。主成分は酸化カルシウムである。 製造用剤 Quicklime
174 精油除去ウイキョウ抽出物
(ウイキョウの種子から得られた、グルコシルシナピルアルコールを主成分とするものをいう。)
精油除去フェンネル抽出物   セリ科ウイキョウ(Foeniculum vulgare LINNE)の種子を水蒸気蒸留した残渣より、熱時水で抽出し、濃縮して得られたものである。主成分は4-O-α-D-グルコシルシナピルアルコールである。 酸化防止剤 Essential oil-removed fennel extract
175 セイヨウワサビ抽出物
(セイヨウワサビの根から得られた、イソチオシアナートを主成分とするものをいう。)
ホースラディッシュ抽出物   アブラナ科セイヨウワサビ(Armoracia rusticana P.GAERTN.,B.MEYER et SCHERB.)の根を、粉砕後、水蒸気蒸留で抽出して得られたものである。主成分はイソチオシアナートである。 酸化防止剤
製造用剤
Horseradish extract
176 ゼイン
(トウモロコシの種子から得られた、植物性タンパク質を主成分とするものをいう。)
トウモロコシたん白   イネ科トウモロコシ(Zea mays LINNE)の種子を粉末化したものより、エタノール又はアセトンで抽出し、精製して得られたものである。主成分はプロラミンに属する植物性タンパク質である。 製造用剤 Zein
177 ゼオライト   不溶性鉱物性物質 鉱床より採掘したゼオライトを精製して得られたものである。主成分は結晶性アルミノケイ酸塩である。 製造用剤 Zeolite
178 セージ抽出物
(サルビアの葉から得られた、カルノシン酸及びフェノール性ジテルペンを主成分とするものをいう。)
    シソ科サルビア(Salvia officinalis LINNE)の葉より、水、エタノール又はヘキサンで抽出して得られたものである。有効成分はフェノール性ジテルペノイド(ジテルペン)及びカルノシン酸である。 酸化防止剤 Sage extract
179 セピオライト     鉱石セピオライトを、粉砕して得られたものである。主成分はイノケイ酸のマグネシウム塩である。 製造用剤 Sepiolite
180 L-セリン   セリン タンパク質原料の加水分解により、又は糖類を原料とした発酵により得られたものを、分離して得られたものである。成分はL-セリンである。 調味料
強化剤
L-Serine
181 セルラーゼ 繊維素分解酵素 カルボヒドラーゼ 糸状菌(Acremonium cellulolyticus, Aspergillus aculeatus, Aspergillus awamori, Aspergillus niger, Humicola insolens, Trichoderma harzianum, Trichoderma insolens, Trichoderma koningii, Trichoderma longibrachiatum, Trichoderma reesei, Trichoderma viride)、担子菌(Corticium, Irpex, Pycnoporus coccineus)、放線菌(Actinomyces, Streptomyces)若しくは細菌(Bacillus circulans, Bacillus subtillis)の培養液より、冷時~微温時水で抽出して得られたもの、又は冷時~室温時濃縮後、冷時エタノール若しくは含水エタノールで処理して得られたものである。 酵素 Cellulase
182 粗製海水塩化カリウム
(海水から塩化ナトリウムを析出分離して得られた、塩化カリウムを主成分とするものをいう。)
    海水を、濃縮し、塩化ナトリウムを析出分離させた後、そのろ液を、室温まで冷却し、析出分離させたものである。主成分は塩化カリウムである。 調味料 Crude potassium chloride(sea water)
183 粗製海水塩化マグネシウム
(海水から塩化カリウム及び塩化ナトリウムを析出分離して得られた、塩化マグネシウムを主成分とするものをいう。)
塩化マグネシウム含有物   海水より、塩化ナトリウムを析出分離し、その母液を冷却して析出する塩化カリウム等を分離した残りのものである。主成分は塩化マグネシウムである。 製造用剤 Crude magnesium chloride(sea water)
184 ソバ柄灰抽出物
(ソバの茎又は葉の灰化物から抽出して得られたものをいう。)
  植物灰抽出物 タデ科ソバ(Fagopyrum esculentum MOENCH.)の茎又は葉を灰化したものより、熱時水で抽出して得られたものであって、アルカリ金属及びアルカリ土類金属を含む。 製造用剤 Buckwheat ash extract
185 ソルバ
(ソルバの分泌液から得られた、アミリンアセタート及びポリイソプレンを主成分とするものをいう。)
ペリージョ
ペンダーレ
レッチェカスピ
  キョウチクトウ科ソルバ(Couma macrocarpa BARB. RODR.)の幹枝から得られたラテックスを、熱時水で洗浄し、水溶成分を除去して得られたものである。主成分はアミリンアセタート及びシスポリイソプレンである。 ガムベース Sorva
Leche caspi
186 ソルビンハ
(ソルビンハの分泌液から得られた、アミリンアセタート及びポリイソプレンを主成分とするものをいう。)
ソルバペケーニヤ   キョウチクトウ科ソルビンハ(Couma utilis MUELL.)の幹枝より得られたラテックスを、熱時水で洗浄し、水溶成分を除去して得られたものである。主成分はアミリンアセタート及びシスポリイソプレンである。 ガムベース Sorvinha
187 ダイズサポニン
(ダイズの種子から得られた、サポニンを主成分とするものをいう。)
  サポニン マメ科ダイズ(Glycine max MERRILL)の種子を粉砕し、水又はエタノールで抽出し、精製して得られたものである。主成分はサポニン(ソヤサポニン等)である。 乳化剤 Soybean saponin
188 タウマチン
(タウマトコッカスダニエリの種子から得られた、タウマチンを主成分とするものをいう。)
ソーマチン   タウマトコッカス・ダニエリ(Thaumatococcus daniellii Bentham)の種子から得られた、タウマチンを主成分とするものである。 甘味料 Thaumatin
189 タウリン(抽出物)
(魚類又はほ乳類の臓器又は肉から得られた、タウリンを主成分とするものをいう。)
  タウリン 魚介類又は哺乳動物の臓器又は肉から得られた、タウリンを主成分とするものである。 調味料 Taurine(extract)
190 タマネギ色素
(タマネギのりん茎から得られた、クエルセチンを主成分とするものをいう。)
  フラボノイド
フラボノイド色素
野菜色素
ユリ科タマネギ(Allium cepa LINNE)のりん茎より、温時~熱時水若しくは含水エタノールで抽出して得られたもの、又は温時~熱時弱アルカリ性水溶液で抽出し、中和して得られたものである。主色素はクエルセチンである。黄色を呈する。 着色料 Onion colour
191 タマリンド色素
(タマリンドの種子から得られた、フラボノイドを主成分とするものをいう。)
  フラボノイド
フラボノイド色素
マメ科タマリンド(Tamarindus indica LINNE)の種子を焙焼したものより、温時弱アルカリ性水溶液で抽出し、中和して得られたものである。主色素はフラボノイドである。赤褐色を呈する。 着色料 Tamarind colour
192 タマリンドシードガム
(タマリンドの種子から得られた、多糖類を主成分とするものをいう。)
タマリンドガム
タマリンド種子多糖類
タマリンド タマリンド(Tamarindus indica Linne)の種子から得られた、多糖類を主成分とするものである。ショ糖、ブドウ糖、乳糖、デキストリン又はマルトースを含むことがある。 増粘安定剤 Tamarind seed gum
193 タラガム
(タラの種子から得られた、多糖類を主成分とするものをいう。)
    タラ(Caesalpinia spinosa Kuntze)の種子から得られた、多糖類を主成分とするものである。ショ糖、ブドウ糖、乳糖、デキストリン又はマルトースを含むことがある。 増粘安定剤 Tara gum
194 タルク   不溶性鉱物性物質 天然の含水ケイ酸マグネシウムを精選したもので、ときに少量のケイ酸アルミニウムを含む。 ガムベース
製造用剤
Talc
195 胆汁末
(胆汁から得られた、コール酸及びデソキシコール酸を主成分とするものをいう。)
コール酸
デソキシコール酸
  動物の胆汁を、粉末化して得られたものである。主成分はコール酸及びデソキシコール酸である。 乳化剤 Powdered bile
196 単糖・アミノ酸複合物
(アミノ酸と単糖類の混合物を加熱して得られたものをいう。)
  糖・アミノ酸複合物 アミノ酸と単糖類の混合液を、常圧下で加熱して得られたものである。 酸化防止剤 Amino acid-sugar reaction product
197 タンナーゼ     糸状菌(Aspergillus oryzae)の培養液より、冷時~室温時水で抽出して得られたもの、又は濃縮後、冷時~室温時エタノール若しくは含水エタノールで処理して得られたものである。 酵素 Tannase
198 タンニン(抽出物)
(カキの果実、五倍子、タラ末、没食子又はミモザの樹皮から得られた、タンニン及びタンニン酸を主成分とするものをいう。)
タンニン酸(抽出物) タンニン
タンニン酸
  製造用剤
 
 
 
 
 
Tannin(extract)
 柿タンニン 柿渋
柿抽出物
  カキ科カキ(Diospyros kaki THUNB.)の実より、搾汁したもの、又は水若しくはエタノールで抽出して得られたものである。主成分はタンニン及びタンニン酸である。 Tannin of persimmon
 植物タンニン     五倍子、タラ末又は没食子から得られた、タンニン及びタンニン酸を主成分とするものである。 Vegetable tannin
 ミモザタンニン     マメ科ミモザ(Acacia dealbata LINNE)の樹皮より、水又はエタノールで抽出して得られたものである。主成分はタンニン及びタンニン酸である。 Tannin of silver wattle
199 チクル
(サポジラの分泌液から得られた、アミリンアセタート及びポリイソプレンを主成分とするものをいう。)
クラウンガム
チクブル
ニスペロ
  アカテツ科サポジラ(Achras zapota LINNE)の幹枝より得られたラテックスを、脱水したものより得られたものである。主成分はアミリンアセタート及びポリイソプレンである。 ガムベース Chicle
Chiquibul
Crown gum
Nispero
200 窒素     N2 製造用剤 Nitrogen
201 チャ乾留物
(チャの葉を乾留して得られたものをいう。)
    ツバキ科チャ(Camellia sinensis O.KZE.)の葉より製した茶を、乾留して得られたものである。有効成分は特定できないが、アミノ酸、カフェイン、タンニン、カテキン類を含む。 製造用剤 Tea dry distillate
202 チャ抽出物
(チャの葉から得られた、カテキン類を主成分とするものをいう。)
ウーロンチャ抽出物
緑茶抽出物
  ツバキ科チャ(Camellia sinensis O.KZE. )の葉より製した茶より、室温時、温時又は熱時、水、酸性水溶液、含水エタノール、エタノール、含水メタノール、メタノール、アセトン、酢酸エチル又はグリセリン水溶液で抽出したものより得られたものである。成分としてカテキン類を含む。なお、チャの葉の処理方法によりウーロンチャ抽出物と呼ばれるものがある。 酸化防止剤
製造用剤
Tea extract
203 チルテ
(チルテの分泌液から得られた、アミリンアセタート及びポリイソプレンを主成分とするものをいう。)
    トウダイグサ科チルテ(Cnidoscolus elasticus LUNDELL.)の幹枝より得られたラテックスを、熱時水で洗浄し、水溶成分を除去して得られたものである。主成分はアミリンアセタート及びポリイソプレンである。 ガムベース Chilte
204 L-チロシン L-チロジン チロシン
チロジン
動物性若しくは植物性タンパク質の加水分解により、又は糖類を原料とした発酵により得られたものを、分離して得られたものである。成分はL-チロシンである。 調味料
強化剤
L-Tyrosine
205 ツヌー
(ツヌーの分泌液から得られた、アミリンアセタート及びポリイソプレンを主成分とするものをいう。)
    クワ科ツヌー(Castilla fallax COOK)の幹枝より得られたラテックスを、脱水したものより得られたものである。主成分はアミリンアセタート及びポリイソプレンである。 ガムベース Tunu
206 ツヤプリシン(抽出物)
(ヒバの幹枝又は根から得られた、ツヤプリシン類を主成分とするものをいう。)
ヒノキチオール(抽出物) ヒノキチオール アスナロ(ヒバ)(Thujopsis dolabrata Siebold et Zuccarini)の幹枝又は根から得られた、ツヤプリシン類を主成分とするものである。 保存料 Thujaplicin (extract)
Hinokitiol (extract)
207 5'-デアミナーゼ     糸状菌(Aspergillus melleus, Aspergillus oryzae)の培養液より、冷時~室温時水で抽出して得られたもの、又は冷時~室温時濃縮後、冷時エタノールで処理して得られたものである。 酵素 5'-Deaminase
208 低分子ゴム
(パラゴムの分泌液を分解して得られた、ポリイソプレンを主成分とするものをいう。)
    トウダイグサ科パラゴム(Hevea brasiliensis MUELL.-ARG.)の幹枝より得られるラテックスを、加熱分解して得られたもの、又は酵素分解して得られたものである。主成分はシスポリイソプレンである。 ガムベース Depolymerized natural rubber
209 テオブロミン     アオギリ科カカオ(Theobroma cacao LINNE)の種子、アオギリ科コーラ(Cola acuminata SCHOTT et ENDL.)の種子又はツバキ科チャ(Camellia sinensis O. KZE.)の葉より、水又はエタノールで抽出し、分離して得られたものである。成分はテオブロミンである。 苦味料等 Theobromine
210 デキストラナーゼ     糸状菌(Chaetomium erraticum, Chaetomium gracile, Penicillium lilacinum)の培養液より、冷時~室温時水若しくは酸性水溶液で抽出して得られたもの、除菌後、冷時~室温時濃縮したもの、又は冷時エタノールで処理して得られたものである。 酵素 Dextranase
211 デキストラン   ブドウ糖多糖 グラム陽性細菌(Leuconostoc mesenteroides又はStreptococcus equinus)の培養液より、分離して得られたものである。成分はデキストランである。 増粘安定剤 Dextran
212     54Fe, 56Fe, 57Fe, 58Fe 強化剤
製造用剤
Iron
213 デュナリエラカロテン
(デュナリエラの全藻から得られた、β-カロテンを主成分とするものをいう。)
藻類カロチン
藻類カロテン
デュナリエラカロチン
ドナリエラカロチン
ドナリエラカロテン
抽出カロチン
抽出カロテン
カロチノイド
カロチノイド色素
カロチン
カロチン色素
カロテノイド
カロテノイド色素
カロテン
カロテン色素
デュナリエラ(Dunaliella bardawil又はDunaliella salina)の全藻から得られた、β-カロテンを主成分とするものである。食用油脂を含むことがある。 強化剤
着色料
Dunaliella carotene
214     63Cu, 65Cu 製造用剤 Copper
215 トウガラシ色素
(トウガラシの果実から得られた、カプサンチン類を主成分とするものをいう。)
カプシカム色素
パプリカ色素
カロチノイド
カロチノイド色素
カロテノイド
カロテノイド色素
トウガラシ(Capsicum annuum Linne)の果実から得られた、カプサンチン類を主成分とするものである。食用油脂を含むことがある。 着色料 Paprika colour
Paprika oleoresin
216 トウガラシ水性抽出物
(トウガラシの果実から抽出して得られた、水溶性物質を主成分とするものをいう。)
ガプシカム水性抽出物
パプリカ水性抽出物
カプシカム抽出物
トウガラシ抽出物
パプリカ抽出物
ナス科トウガラシ(Capsicum annuum LINNE)の果実より、室温時含水エタノールで抽出したもので、タンパク質、ペプチド、ビタミンCを含む。 製造用剤 Capsicum water-soluble extract
217 動物性ステロール
(魚油又は「ラノリン」から得られた、コレステロールを主成分とするものをいう。)
コレステロール ステロール 魚油の不けん化物又は「ラノリン」より、加水分解したもの、又は有機溶剤で抽出したものより得られたものである。主成分はコレステロールである。 乳化剤 Cholesterol
218 トコトリエノール     イネ(Oryza sativa Linne)の米ぬか油、アブラヤシ(Elaeis guineensis Jacquin)のパーム油等より分別精製して得られたものである。主成分はトコトリエノールである。食用油脂を含むことがある。 酸化防止剤 Tocotrienol
219 d-α-トコフェロール α-ビタミンE
抽出トコフェロール
抽出ビタミンE
抽出V.E
トコフェロール
α-トコフェロール
ビタミンE
V.E
油糧種子から得られた植物油脂又はミックストコフェロール(植物油脂から得られたd-α-トコフェロール、d-β-トコフェロール、d-γ-トコフェロール及びd-δ-トコフェロールを主成分とするものをいう。)より分離して得られた、d-α-トコフェロールを主成分とするものである。食用油脂を含むことがある。 酸化防止剤
強化剤
d-α-Tocopherol
220 d-γ-トコフェロール γ-ビタミンE
抽出トコフェロール
抽出ビタミンE
抽出V.E
トコフェロール
γ-トコフェロール
ビタミンE
V.E
油糧種子から得られた植物油脂又はミックストコフェロール(植物油脂から得られたd-α-トコフェロール、d-β-トコフェロール、d-γ-トコフェロール及びd-δ-トコフェロールを主成分とするものをいう。)より分離して得られた、d-γ-トコフェロールを主成分とするものである。食用油脂を含むことがある。 酸化防止剤
強化剤
d-γ-Tocopherol
221 d-δ-トコフェロール δ-ビタミンE
抽出トコフェロール
抽出ビタミンE
抽出V.E
トコフェロール
δ-トコフェロール
ビタミンE
V.E
油糧種子から得られた植物油脂又はミックストコフェロール(植物油脂から得られたd-α-トコフェロール、d-β-トコフェロール、d-γ-トコフェロール及びd-δ-トコフェロールを主成分とするものをいう。)より分離して得られた、d-δ-トコフェロールを主成分とするものである。食用油脂を含むことがある。 酸化防止剤
強化剤
d-δ-Tocopherol
222 トマト色素
(トマトの果実から得られた、リコピンを主成分とするものをいう。)
トマトリコピン カロチノイド
カロチノイド色素
カロテノイド
カロテノイド色素
野菜色素
トマト(Lycopersicon esculentum Miller)の果実から得られた、リコピンを主成分とするものである。食用油脂を含むことがある。 着色料 Tomato colour
Tomato lycopene
223 トラガントガム
(トラガントの分泌液から得られた、多糖類を主成分とするものをいう。)
  トラガント トラガント(Astragalus gummifer Labillardiere)の分泌液から得られた、多糖類を主成分とするものである。 増粘安定剤 Tragacanth gum
224 トランスグルコシダーゼ     糸状菌(Aspergillus niger, Aspergillus usamii)、細菌(Sulfolobus solfataricus)の培養液より、冷時~室温時除菌したもの、冷時~室温時濃縮したもの、又は冷時エタノールで処理して得られたものである。 酵素 Transglucosidase
225 トランスグルタミナーゼ     動物の肝臓より、又は放線菌(Streptomyces, Streptoverticillium mobaraense)若しくは細菌(Bacillus)の培養液より、室温時水で抽出後、冷時エタノールで処理して得られたものである。 酵素 Transglutaminase
226 トリプシン     動物の膵臓又は魚類若しくは甲殻類の臓器から得られた、たん白質分解酵素である。乳糖又はデキストリンを含むことがある。 酵素 Trypsin
227 トレハロース     担子菌(Aguricus等)、細菌(Arthrobacter, Brevibacterium, Pimelobacter, Pseudomonas, Thermus等)又は酵母(Saccharomyces等)の培養ろ液又は菌体より、水若しくはアルコールで抽出して得られたもの、これを酵素によるでん粉の糖化液より分離して得られたもの、又はマルトースを酵素処理して得られたものである。成分はトレハロースである。 製造用剤 Trehalose
228 トレハロースホスホリラーゼ     細菌(Plesiomonas)の培養液の菌体を酵素(リゾチーム)処理した後、冷時~室温時水で抽出して得られたものである。 酵素 Trehalose phosphorylase
229 トロロアオイ
(トロロアオイの根から得られた、多糖類を主成分とするものをいう。)
    アオイ科トロロアオイ(Abelmoschus manihot MED.)の根を、乾燥、粉砕して得られたものである。主成分は多糖類である。 増粘安定剤 Tororoaoi
230 納豆菌ガム
(納豆菌の培養液から得られた、ポリグルタミン酸を主成分とするものをいう。)
納豆菌粘質物 ポリグルタミン酸 納豆菌(Bacillus subtilis)の培養液から得られた、ポリグルタミン酸を主成分とするものである。 増粘安定剤
製造用剤
Bacillus natto gum
231 ナフサ 石油ナフサ   石油蒸留物を、精製して得られたものである。成分はパラフィン系及びナフタレン系炭化水素である。 製造用剤 Petroleum naphtha
232 生コーヒー豆抽出物
(コーヒーの種子から得られた、クロロゲン酸及びポリフェノールを主成分とするものをいう。)
    アカネ科コーヒー(Coffea arabica LINNE)の種子より、温時アスコルビン酸又はクエン酸酸性水溶液で抽出して得られたものである。有効成分は、クロロゲン酸及びポリフェノールである。 酸化防止剤 Coffee bean extract
233 ナリンジナーゼ ナリンギナーゼ   糸状菌(Aspergillus usamii, Penicillium decumbens)の培養液より、冷時~室温時水で抽出し、冷時~室温時濃縮後、冷時エタノールで処理して得られたものである。 酵素 Naringinase
234 ナリンジン ナリンギン   グレープフルーツ(Citrus × paradisi Macfadyen)の果皮、果汁又は種子より、水又はエタノール若しくはメタノールで抽出し、分離して得られたものである。成分はナリンジンである。 苦味料等 Naringin
235 ニガーグッタ
(ニガーグッタの分泌液から得られた、アミリンアセタート及びポリイソプレンを主成分とするものをいう。)
    クワ科ニガーグッタ(Ficus platyphylla DELILE.)の幹枝より得られたラテックスを、熱時水で洗浄し、水溶成分を除去して得られたものである。主成分はアミリンアセタート及びポリイソプレンである。 ガムベース Niger gutta
236 ニガヨモギ抽出物
(ニガヨモギの全草から得られた、セスキテルペンを主成分とするものをいう。)
  ニガヨモギ キク科ニガヨモギ(Artemisia absinthium LINNE)の全草より、水又は室温時エタノールで抽出して得られたものである。主成分はセスキテルペン(アブシンチン等)である。 苦味料等 Absinth extract
237 ニッケル     58Ni, 60Ni, 61Ni, 62Ni, 64Ni 製造用剤 Nickel
238 ニンジンカロテン
(ニンジンの根から得られた、カロテンを主成分とするものをいう。)
キャロットカロチン
キャロットカロテン
ニンジンカロチン
抽出カロチン
抽出カロテン
カロチノイド
カロチノイド色素
カロチン
カロチン色素
カロテノイド
カロテノイド色素
カロテン
カロテン色素
ニンジン(Daucus carota Linne)の根から得られた、カロテンを主成分とするものである。食用油脂を含むことがある。 強化剤
着色料
Carrot carotene
239 ばい煎コメヌカ抽出物
(米ぬかから得られた、マルトールを主成分とするものをいう。)
    イネ科イネ(Oryza sativa LINNE)の米ぬかを脱脂し、ばい煎したものを、熱時水で抽出後、温時エタノールでタンパク質を除去したものである。成分としてマルトールを含む。 製造用剤 Roasted rice bran extract
240 ばい煎ダイズ抽出物
(ダイズの種子から得られた、マルトールを主成分とするものをいう。)
    マメ科ダイズ(Glycine max MERRILL)の種子を脱脂し、ばい煎したものより、熱時水で抽出後、温時エタノールでタンパク質を除去して得られたものである。成分としてマルトールを含む。 製造用剤 Roasted soybean extract
241 パーオキシダーゼ ペルオキシダーゼ   アブラナ科セイヨウワサビ(Armoracia rusticana)、アブラナ科ダイコン(Rahpauns acanthiformis)若しくはキュウリ科キュウリ(Cucumis sativus)より搾汁したもの、又は糸状菌(Alternaria, Aspergillus oryzae, Coprinus cinereus, Oidiodendron)若しくは細菌(Bacillus)の培養液より、冷時~室温時水で抽出して得られたもの、若しくは冷時~室温時濃縮後、エタノールで処理して得られたものである。 酵素 Peroxidase
242 白金     192Pt, 194Pt, 195Pt, 196Pt, 198Pt 製造用剤 Platinum
243 パパイン     パパイヤ(Carica papaya Linne)の果実より得られた、たん白質分解酵素である。乳糖又はデキストリンを含むことがある。 酵素 Papain
244 パーム油カロテン
(アブラヤシの果実から得られた、カロテンを主成分とするものをいう。)
パーム油カロチン
抽出カロチン
抽出カロテン
カロチノイド
カロチノイド色素
カロチン
カロチン色素
カロテノイド
カロテノイド色素
カロテン
カロテン色素
アブラヤシ(Elaeis guineensis Jacquin)の果実から得られた、カロテンを主成分とするものである。食用油脂を含むことがある。 強化剤
着色料
Palm oil carotene
245 パーライト   不溶性鉱物性物質 鉱物性二酸化ケイ素を800~1,200℃で焼成したものである。 製造用剤 Perlite
246 パラジウム     102Pd, 104Pd, 105Pd, 106Pd, 108Pd, 110Pd 製造用剤 Palladium
247 パラフィンワックス パラフィン   石油の常圧及び減圧蒸留留出油から得た固形の炭化水素の混合物で、主として直鎖状の飽和炭化水素からなる。 ガムベース
光沢剤
Paraffin wax
248 パンクレアチン     動物のすい臓より、室温時水で抽出し、冷時~室温時アセトンで処理して得られたものである。 酵素 Pancreatin
249 ヒアルロン酸   ムコ多糖 鶏冠より、微温時~温時水、アルカリ性水溶液若しくは酸性水溶液で抽出し、エタノール若しくは含水エタノールで処理、若しくは酵素処理した後エタノール若しくは含水エタノールで処理し、精製して得られたもの、又は細菌(Streptcoccus zooepidemicus)の培養液を、冷時~温時、除菌し、エタノール若しくは含水エタノールで処理し、精製して得られたものである。成分はヒアルロン酸である。 製造用剤 Hyaluronic acid
250 微結晶セルロース
(パルプから得られた、結晶セルロースを主成分とするものをいう。)
結晶セルロース セルロース パルプから得られた、結晶セルロースを主成分とするものである。乾燥物及び含水物がある。 製造用剤 Microcryrstalline cellulose
251 微小繊維状セルロース
(パルプ又は綿を微小繊維状にして得られた、セルロースを主成分とするものをいう。)
  セルロース パルプ又は綿を微小繊維状にして得られた、セルロースを主成分とするものである。 増粘安定剤
製造用剤
Microfibrillated cellulose
252 L-ヒスチジン   ヒスチジン タンパク質原料の加水分解により、又は糖類を原料とした発酵により得られたものを、分離して得られたものである。成分はL-ヒスチジンである。 調味料
強化剤
L-Histidine
253 ビートレッド
(ビートの根から得られた、イソベタニン及びベタニンを主成分とするものをいう。)
アカビート色素 アカビート
野菜色素
ビート(Beta vulgaris Linne)の根から得られた、イソベタニン及びベタニンを主成分とするものである。デキストリン又は乳糖を含むことがある。 着色料 Beet red
254 L-ヒドロキシプロリン L-オキシプロリン オキシプロリン
ヒドロキシプロリン
ゼラチン等を、加水分解し、分離して得られたものである。主成分はL-ヒドロキシプロリンである。 調味料
強化剤
L-Hydroxyproline
255 ヒマワリ種子抽出物
(ヒマワリの種子から得られた、イソクロロゲン酸及びクロロゲン酸を主成分とするものをいう。)
ヒマワリエキス
ヒマワリ種子エキス
ヒマワリ抽出物
ヒマワリ種子 キク科ヒマワリ(Helianthus annuus LINNE)の種子又は種子の搾油相より、熱時水又は含水エタノールで抽出して得られたものである。有効成分はイソクロロゲン酸及びクロロゲン酸である。 酸化防止剤 Sunflower seed extract
256 ひる石   不溶性鉱物性物質 鉱床より採掘したひる石を、1000℃で焼成し、洗浄した後、乾燥して得られたものである。主成分はケイ酸塩である。 製造用剤 Vermiculite
257 ファーセレラン
(フルセラリアの全藻から得られた、多糖類を主成分とするものをいう。)
    ススカケベニ科フルセラリア(Furcellaria fastigiata HUD.)の全藻より、熱時水又はアルカリ性水溶液で抽出して得られたものである。主成分は多糖類である。 増粘安定剤 Furcellaran
258 ファフィア色素
(ファフィアの培養液から得られた、アスタキサンチンを主成分とするものをいう。)
  カロチノイド
カロチノイド色素
カロテノイド
カロテノイド色素
酵母(Phaffia rhodozyma MILLER)の培養液より、室温時アセトン、エタノール、含水エタノール、ヘキサン又はこれらの混合液で抽出し、溶媒を除去して得られたものである。主色素はアスタキサンチンである。橙~赤色を呈する。 着色料 Phaffia colour
259 フィシン ファイシン   クワ科イチジク(Ficus carica LINNE)又はクワ科ヒゴ(Ficus glabrata H.B. et K.)の樹液を、乾燥したもの、又はこれより、冷時~室温時水で抽出して得られたものである。成分はフィシンである。 酵素 Ficin
260 フィターゼ   ホスホヒドロラーゼ 糸状菌(Aspergillus niger)の培養液より水で抽出し、濃縮して得られたものである。 酵素 Phytase
261 フィチン酸
(米ぬか又はトウモロコシの種子から得られた、イノシトールヘキサリン酸を主成分とするものをいう。)
    イネ科イネ(Oryza sativa LINNE)の種子より得られた米ぬか又はイネ科トウモロコシ(Zea mays LINNE)の種子より、室温時水又は酸性水溶液で抽出し、精製して得られたものである。主成分はイノシトールヘキサリン酸である。 酸味料
製造用剤
Phytic acid
262 フィチン(抽出物)
(米ぬか又はトウモロコシの種子から得られた、イノシトールヘキサリン酸マグネシウムを主成分とするものをいう。)
  フィチン イネ科イネ(Oryza sativa LINNE)の種子より得られた米ぬか又はイネ科トウモロコシ(Zea mays LINNE)の種子より、室温時水で抽出して得られたものである。主成分はイノシトールヘキサリン酸マグネシウムである。 製造用剤 Phytin(extract)
263 フェリチン   鉄たん白
鉄たん白質
ウシ科ウシ(Bos taurus LINNE)の脾臓より、熱時水で抽出し、塩析法で分画し、膜ろ過により得られたものである。成分はフェリチンである。 強化剤 Ferritin
264 フェルラ酸     イネ科イネ(Oryza sativa LINNE)の糠より得られた米糠油を、室温時弱アルカル性下で含水エタノール及びヘキサンで分配した後、含水エタノール画分に得られたγ-オリザノールを、加圧下熱時硫酸で加水分解し、精製して得られたもの、又は細菌(Pseudomonas)を、フトモモ科チョウジノキ(Syzygium aromaticum MERRILL et PERRY)のつぼみ及び葉より水蒸気蒸留で得られた丁子油、又は丁子油から精製して得られたオイゲノールを含む培養液で培養し、その培養液を、分離、精製して得られたものである。成分はフェルラ酸である。 酸化防止剤 Ferulic acid
265 フクロノリ抽出物
(フクロノリの全藻から得られた、多糖類を主成分とするものをいう。)
フクロノリ多糖類
フクロフノリ多糖類
フクロフノリ抽出物
  フクロフノリ(Gloiopeltis furcata J.Agardh)の全藻から得られた、多糖類を主成分とするものである。ショ糖、ブドウ糖、乳糖、デキストリン又はマルトースを含むことがある。 増粘安定剤 Fukuronori extract
266 ブタン     石油若しくは天然ガス成分中、n-ブタンの沸点付近の留分である。 製造用剤 Butane
267 ブドウ果皮色素
(アメリカブドウ又はブドウの果皮から得られた、アントシアニンを主成分とするものをいう。)
エノシアニン アントシアニン
アントシアニン色素
ブドウ色素
アメリカブドウ(Vitis labrusca Linne)又はブドウ(Vitis vinifera Linne)の果皮から得られた、アントシアニンを主成分とするものである。デキストリン又は乳糖を含むことがある。 着色料 Grape skin colour
Grape skin extract
268 ブドウ果皮抽出物
(アメリカブドウ又はブドウの果皮から得られた、ポリフェノールを主成分とするものをいう。)
    ブドウ科アメリカブドウ(Vitis labrusca LINNE)又はブドウ科ブドウ(Vitis vinifera LINNE)のうち、生食用又は醸造用ブドウの甲州、シャルドネ若しくはリースリング種の果皮搾粕より、室温時~微温時エタノールで抽出して得られたものである。主成分はポリフェノールである。 製造用剤 Grape skin-derived substance
269 ブドウ種子抽出物
(アメリカブドウ又はブドウの種子から得られた、プロアントシアニジンを主成分とするものをいう。)
  プロアントシアニジン ブドウ科アメリカブドウ(Vitis labrusca LINNE)又はブドウ科ブドウ(Vitis vinifera LINNE)の種子より、熱時水、温時エタノール若しくは室温時アセトンで抽出したものより得られたもの、又はこの抽出物を、酵母を用いて発酵処理したものより得られたもの、若しくはタンナーゼにより加水分解処理したものより得られたものである。主成分はプロアントシアニジンである。 酸化防止剤
製造用剤
Grape seed extract
270 ブラジルカンゾウ抽出物
(ブラジルカンゾウの根から得られた、ペリアンドリンを主成分とするものをいう。)
ペリアンドリン ブラジルカンゾウ マメ科ブラジルカンゾウ(Periandra dulcis MART.)の根より、水で抽出したものより得られたものである。甘味成分はペリアンドリンである。 甘味料 Brazilian licorice extract
271 フルクトシルトランスフェラーゼ     糸状菌(Aspergillus, Penicillium roqueforti)又は細菌(Arthrobacter, Bacillus)の培養液より、冷時~室温時水で抽出して得られたもの、又は除菌後、冷時~室温時濃縮して得られたものである。 酵素 Fructosyl transferase
272 プルラナーゼ   アミラーゼ
カルボヒドラーゼ
細菌(Bacillus, Klebsiella, Sulfolobus solfataricus)の培養液より、冷時~室温時水で抽出して得られたもので、除菌したもの、冷時~室温時濃縮したもの、冷時エタノール、含水エタノール若しくはアセトンで処理して得られたもの、又は硫酸アンモニウム等で分画した後、脱塩処理して得られたものである。 酵素 Pullulanase
273 プルラン     糸状菌(Aureobasidium pullulans)の培養液より、分離して得られた多糖類である。成分はプルランである。 増粘安定剤
製造用剤
Pullulan
274 プロテアーゼ たん白分解酵素   動物、魚類若しくは甲殻類の筋肉若しくは臓器より、冷時~温時水で抽出して得られたもの、又は糸状菌(Aspergillus melleus, Aspergillus niger, Aspergillus oryzae, Aspergillus saitoi, Aspergillus, sojae, Monascus pilosus, Monascus purpureus, Mucor circinelloides, Mucor javanicus, Mucor miehei, Mucor rouxii, Penicillium citrinum, Penicillium duponti, Rhizomucor miehei, Rhizopus chinensis, Rhizopus delemar, Rhizopus niveus, Rhizopus oryzae)、担子菌(Pycnoporus coccineus)、放線菌(Streptomyces)、細菌(Bacillus amyloliquefaciens, Bacillus coagulans J4, Bacillus lentus, Bacillus licheniformis, Bacillus polymixa, Bacillus stearothermophilus, Bacillus subtilis, Bacillus thermoproteolyticus, Pseudomonas paucimobilis)若しくは酵母(Saccharomyces)の培養より、冷時~室温時水で抽出して得られたもの、除菌したもの、冷時~室温時濃縮したもの、冷時~室温時樹脂精製して得られたもの、若しくはこれより、冷時エタノール、含水エタノール若しくはアセトンで処理して得られたもの若しくは硫酸アンモニウム等で分画した後、脱塩処理して得られたものである。 酵素 Protease
275 プロパン     石油若しくは天然ガス成分中、n-プロパンの沸点付近の留分である。 製造用剤 Propane
276 プロポリス抽出物
(ミツバチの巣から得られた、フラボノイドを主成分とするものをいう。)
    ミツバチ科ミツバチ(Apis mellifera LINNE, Apis indica RODOSZKOWSKI)の巣より、エタノールで抽出して得られたものである。主成分はフラボノイドである。 酸化防止剤 Propolis extract
277 ブロメライン ブロメリン   パイナップル(Ananas comosus Merrill)の果実又は根茎より得られた、たん白質分解酵素である。乳糖又はデキストリンを含むことがある。 酵素 Bromelain
278 L-プロリン   プロリン タンパク質原料の加水分解により、又は糖類を原料とした発酵により得られたものを、分離して得られたものである。成分はL-プロリンである。 調味料
強化剤
L-Proline
279 分別レシチン
(「植物レシチン」又は「卵黄レシチン」から得られた、スフィンゴミエリン、フォスファチジルイノシトール、フォスファチジルエタノールアミン及びフォスファチジルコリンを主成分とするものをいう。)
レシチン分別物
レシチン
  「植物レシチン」又は「卵黄レシチン」より、室温時~温時メタノール、エタノール、含水エタノール、イソプロピルアルコール、アセトン、ヘキサン又は酢酸エチルで抽出して得られたものである。主成分は、フォスファチジルコリン、フォスファチジルエタノールアミン、フォスファチジルイノシトール、スフィンゴミエリンである。 乳化剤 Fractionated lecithin
Cephalin
Lipoinositol
280 粉末セルロース
(パルプを分解して得られた、セルロースを主成分とするものをいう。ただし、「微結晶セルロース」を除く。)
  セルロース パルプを分解して得られた、セルロースを主成分とするものである。 製造用剤 Powdered cellulose
281 粉末モミガラ
(イネのもみ殻から得られた、セルロースを主成分とするものをいう。)
    イネ科イネ(Oryza sativa LINNE)のもみ殻を、微粉砕して得られたものである。主成分はセルロースである。 ガムベース Powdered rice hulls
282 ペカンナッツ色素
(ピーカンの果皮又は渋皮から得られた、フラボノイドを主成分とするものをいう。)
ピーカンナッツ色素 フラボノイド
フラボノイド色素
クルミ科ピーカン(Carya pecan ENGL. et GRAEBN.)の果皮又は渋皮より、熱時水若しくは含水エタノールで抽出して得られたもの又は熱時酸性水溶液で抽出し、中和して得られたものである。主色素はフラボノイドである。褐色を呈する。 着色料 Pecan nut colour
283 ヘキサン     主としてn-ヘキサン(C6H14)を含む。 製造用剤 Hexane
284 ペクチナーゼ   カルボヒドラーゼ 糸状菌(Aspergillus aculeatus, Aspergillus alliaceus, Aspergillus awamori, Aspergillus japonicus, Aspergillus niger, Aspergillus pulverulentus, Aspergillus usamii, Rhizopus oryzae, Trichoderma)、細菌(Bacillus subtilis)、担子菌(Corticium)若しくは酵母(Trichosporon)の培養液より、冷時~微温時水で抽出して得られたもの、除菌したもの、冷時~室温時濃縮したもの、又は冷時エタノール若しくは含水エタノールで処理して得られたものである。 酵素 Pectinase
285 ペクチン     かんきつ類、リンゴ等から得られた、部分的にメチルエステル化されたポリガラクチュロン酸などの水溶性多糖類を成分とするものである。ショ糖、ブドウ糖、乳糖又はデキストリンを含むことがある。 増粘安定剤 Pectin
286 ペクチン分解物
(「ペクチン」から得られた、ガラクチュロン酸を主成分とするものをいう。)
  分解ペクチン 「ペクチン」を、酵素で分解して得られたものである。主成分はガラクチュロン酸である。 保存料 Pectin digests
287 ヘゴ・イチョウ抽出物
(イチョウ及びヘゴの葉から抽出して得られたものをいう。)
    ヘゴ科ヘゴ(Cyathea fauriei COPEL.)及びイチョウ科イチョウ(Ginkgo biloba LINNE)の葉を9:1の比率で混合し、熱時水で抽出して得られたものである。 酸化防止剤 Hego-Ginkgo leaf extract
288 ヘスペリジナーゼ     糸状菌(Aspergillus, Penicillium decumbens)の培養液より、冷時~室温時水で抽出し、冷時~室温時濃縮後、冷時エタノールで処理して得られたものである。 酵素 Hesperidinase
289 ヘスペリジン ビタミンP   柑橘類の果皮、果汁又は種子より、室温時アルカリ性水溶液で抽出して得られたものである。成分はヘスペリジンである。 強化剤 Hesperidin
Vitamin P
290 ベタイン     テンサイ(Beta vulgaris Linne)の糖蜜より、分離して得られたものである。成分はベタインである。 調味料 Betaine
291 ベニコウジ黄色素
(ベニコウジカビの培養液から得られた、キサントモナシン類を主成分とするものをいう。)
モナスカス黄色素 紅麹
紅麹色素
モナスカス
モナスカス色素
子のう菌類ベニコウジカビ(Monascus purpureus WENT.)の培養液を乾燥し、粉砕したものより、微温時弱塩酸酸性エタノールで抽出し、中和して得られたものである。主色素はキサントモナシン類である。黄色を呈する。 着色料 Monascus yellow
292 ベニコウジ色素
(ベニコウジカビの培養液から得られた、アンカフラビン及びモナスコルブリンを主成分とするものをいう。)
モナスカス色素 紅麹
モナスカス
ベニコウジカビ(Monascus pilosus又はMonascus purpureus)の培養液から得られた、アンカフラビン類及びモナスコルブリン類を主成分とするものである。 着色料 Monascus colour
293 ベニバナ赤色素
(ベニバナの花から得られた、カルタミンを主成分とするものをいう。)
カーサマス赤色素 フラボノイド
フラボノイド色素
紅花赤
紅花色素
ベニバナ(Carthamus tinctorius Linne)の花から得られた、カルタミンを主成分とするものである。デキストリン又は乳糖を含むことがある。 着色料 Carthamus red
294 ベニバナ黄色素
(ベニバナの花から得られた、サフラーイエロー類を主成分とするものをいう。)
カーサマス黄色素 フラボノイド
フラボノイド色素
紅花黄
紅花色素
ベニバナ(Carthamus tinctorius Linne)の花から得られた、サフラーイエロー類を主成分とするものである。デキストリン又は乳糖を含むことがある。 着色料 Carthamus yellow
295 ベネズエラチクル
(ベネズエラチクルの分泌液から得られた、アミリンアセタート及びポリイソプレンを主成分とするものをいう。)
カプーレ   アカテツ科ベネズエラチクル(Manilkara williamsii STANDL.)の幹枝より得られるラテックスを、脱水したものより得られたものである。主成分はアミリンアセタート及びポリイソプレンである。 ガムベース Venezuelan chicle
296 ペプシン     動物又は魚類から得られた、たん白質分解酵素である。乳糖又はデキストリンを含むことがある。 酵素 Pepsin
297 ヘプタン     石油成分中、n-ヘプタンの沸点付近の留分である。 製造用剤 Heptane
298 ペプチダーゼ     糸状菌(Aspergillus niger, Aspergillus oryzae, Aspergillus sojae, Rhizopus oryzae)若しくは細菌(Bacillus, Lactococcus lactis)の培養液より、冷時~室温時水で抽出して得られたもの、除菌したもの、若しくはこれより、冷時エタノールで処理して得られたもの、又は培養液を固液分離、濃縮、ろ過して得られたものである。 酵素 Peptidase
299 ヘマトコッカス藻色素
(ヘマトコッカスの全藻から得られた、アスタキサンチンを主成分とするものをいう。)
  カロチノイド
カロチノイド色素
カロテノイド
カロテノイド色素
ヘマトコッカス(Haematococcus spp.)の全藻から得られた、アスタキサンチン類を主成分とするものである。食用油脂を含むことがある。 着色料 Haematococcus algae colour
300 ヘミセルラーゼ ペントサナーゼ カルボヒドラーゼ 枯草菌(Bacillus subtilis)、糸状菌(Aspergillus aculeatus, Aspergillus awamori, Aspergillus niger, Aspergillus oryzae, Aspergillus usamii, Humicola insolens, Trichoderma harzianum, Trichoderma koningii, Trichoderma longibrachiatum, Trichoderma viride)若しくは担子菌(Corticium, Pycnoporus coccineus)の培養液より、冷時~微温時水で抽出して得られたもの、除菌したもの、冷時~室温時濃縮したもの、冷時エタノール若しくは含水エタノールで処理して得られたもの、又は培養液を固液分離、濃縮、ろ過して得られたものである。 酵素 Hemicellulase
301 ヘム鉄     ヘモグロビンをタンパク分解酵素で処理したものより、分離して得られたものである。主成分はヘム鉄である。 強化剤 Heme iron
302 ヘリウム   2He  製造用剤 Helium
303 ベントナイト   不溶性鉱物性物質 鉱床より採掘して得られたベントナイトを乾燥して得られたものである。主成分は含水ケイ酸アルミニウムである。 製造用剤 Bentonite
304 ホスホジエステラーゼ     糸状菌(Aspergillus niger, Penicillium citrinum)の培養液より、冷時~室温時水で抽出し、冷時エタノールで処理して得られたものである。 酵素 Phosphodiesterase
305 ホスホリパーゼ ホスファチダーゼ
レシチナーゼ
  動物のすい臓若しくはアブラナ科キャベツ(Brassica oleracea LINNE)より、冷時~室温時水で抽出して得られたもの、又は糸状菌(Aspergillus oryzae, Aspergillus niger)、担子菌(Corticium)、放線菌(Actinomadura, Nocardiopsis)若しくは細菌(Bacillus)の培養液より、冷時~室温時水で抽出して得られたもの、除菌したもの、冷時~室温時濃縮したもの、又はこれより含水エタノール若しくは含水アセトンで処理して得られたもの、樹脂精製後、アルカリ性水溶液で処理したものである 酵素 Phospholipase
306 没食子酸     ウルシ科ヌルデ(Rhus javanica LINNE)に発生する五倍子、ブナ科(Quercus infectoria OIIV.)に発生する没食子より、水、エタノール又は有機溶剤で抽出したタンニン、又はマメ科タラ(Caesalpinia spinosa(MOLINA)KUNTZE)の実の夾より、温時水で抽出したタンニンを、アルカリ又は酵素(タンナーゼ)により加水分解して得られたものである。成分は没食子酸である。 酸化防止剤 Gallic acid
307 ホホバロウ
(ホホバの果実から得られた、イコセン酸イコセニルを主成分とするものをいう。)
ホホバワックス   ツゲ科ホホバ(Simmondsia californica NUTT.)の果実より採油したホホバ脂より、分離して得られた高融点ロウ物質である。主成分はイコセン酸イコセニルである。 ガムベース Jojoba wax
308 ポリフェノールオキシダーゼ フェノラーゼ   糸状菌(Alternaria, Aspergillus niger, Coriolus)若しくは担子菌(Cyathus, Polyporus cinereus, Pycnoporus coccineus, Polyporus versicolor, Trametes)の培養液より、冷時~室温時水で抽出して得られたもの、冷時~室温時濃縮したもの、冷時エタノール、含水エタノール若しくはアセトンで処理して得られたもの、除菌後、冷時含水エタノールで処理して得られたもの、又は硫酸アンモニウム等で分画した後、脱塩処理して得られたものである 酵素 Polyphenol oxidase
309 ε-ポリリシン ε-ポリリジン ポリリジン 放線菌(Streptomyces albulus)の培養液より、イオン交換樹脂を用いて吸着、分離して得られたものである。成分はε-ポリリシンである。デキストリンを含むことがある。 保存料 ε-Polylysine
310 マイクロクリスタリンワックス ミクロクリスタリンワックス   石油の減圧蒸留の残渣油又は重質留出油から得られた固形の炭化水素の混合物で、主として分枝状及び直鎖状の飽和炭化水素からなる。 ガムベース
光沢剤
Microcrystalline wax
311 マクロホモプシスガム
(マクロホモプシスの培養液から得られた、多糖類を主成分とするものをいう。)
マクロホモプシス多糖類   マクロホモプシス属菌(Macrophomopsis(Fisicoccum))の培養液から得られた、多糖類を主成分とするものである。ショ糖、ブドウ糖、乳糖、デキストリン又はマルトースを含むことがある。。 増粘安定剤 Macrophomopsis gum
312 マスチック
(ヨウニュウコウの分泌液から得られた、マスチカジエノン酸を主成分とするものをいう。)
    ウルシ科ヨウニュウコウ(Pistacia lentiscus LINNE)の分泌液より、低沸点部を蒸留により除去し、熱時エタノールで抽出し、エタノールを留去して得られたものである。主構成成分はマスチカジエノン酸である。 ガムベース Mastic gum
313 マッサランドバチョコレート
(マッサランドバチョコレートの分泌液から得られた、アミリンアセタート及びポリイソプレンを主成分とするものをいう。)
    アカテツ科マッサランドバチョコレート(Manilkara solimoesensis GILLY.)の幹枝より得られたラテックスを、熱時水で洗浄し、水溶成分を除去して得られたものである。主成分はアミリンアセタート及びポリイソプレンである。 ガムベース Massaranduba chocolate
314 マッサランドババラタ
(マッサランドババラタの分泌液から得られた、アミリンアセタート及びポリイソプレンを主成分とするものをいう。)
    アカテツ科マッサランドババラタ(Manilkara huberi (DUCKE) CHEVAL.)の幹枝より得られたラテックスを、熱時水で洗浄し、水溶成分を除去して得られたものである。主成分はアミリンアセタート及びポリイソプレンである。 ガムベース Massaranduba balata
315 マリーゴールド色素
(マリーゴールドの花から得られた、キサントフィルを主成分とするものをいう。)
  カロチノイド
カロチノイド色素
カロテノイド
カロテノイド色素
マリーゴールド
マリーゴールド(Tagetes patula Linne若しくはTagetes erecta Linne又はそれらの種間雑種)の花から得られた、キサントフィルを主成分とするものである。 着色料 Marigold colour
316 マルトースホスホリラーゼ     細菌(Plesiomonas)の培養液の菌体を酵素(リゾチーム)処理した後、冷時~室温時水で抽出して得られたものである 酵素 Maltose phosphorylase
317 マルトトリオヒドロラーゼ G3生成酵素 アミラーゼ
カルボヒドラーゼ
糸状菌(Penicillium)又は細菌(Bacillus subtilis,Microbacterium)の培養液より、冷時~室温時除菌した後、濃縮して得られたものである。 酵素 Maltotriohydrolase
318 未焼成カルシウム
(貝殻、真珠の真珠層、造礁サンゴ、骨又は卵殻を乾燥して得られた、カルシウム塩を主成分とするものをいう。)
  未焼成Ca   強化剤
 
 
 
 
 
Non-calcinated calcium
 貝殻未焼成カルシウム   貝カルシウム
貝Ca
貝殻を、殺菌、乾燥し、粉末にして得られたものである。主成分は炭酸カルシウムである。 Non-calcinated shell calcium
 骨未焼成カルシウム   骨カルシウム
骨Ca
獣骨又は魚骨を、殺菌、乾燥し、粉末にして得られたものである。主成分はリン酸カルシウムである。 Non-calcinated bone calcium
 サンゴ未焼成カルシウム   コーラルカルシウム
コーラルCa
サンゴカルシウム
サンゴCa
イシサンゴ目(Scleractinia)の造礁サンゴを、殺菌、乾燥し、粉末にして得られたものである。主成分は炭酸カルシウムである。 Non-calcinated coral calcium
 真珠層未焼成カルシウム   真珠層カルシウム
真珠層Ca
ウグイスガイ科アコヤガイ(Pinctada fucata)から得られる真珠の核を除いた真珠層を、殺菌、乾燥し、粉末にして得られたものである。主成分は炭酸カルシウムである。 Non-calcinated mother-of-pearl layer calcium
 卵殻未焼成カルシウム   卵殻カルシウム
卵殻Ca
卵殻を、殺菌、乾燥し、粉末にして得られたものである。主成分は炭酸カルシウムである。 Non-calcinated eggshell calcium
319 ミックストコフェロール
(植物性油脂から得られた、d-α-トコフェロール、d-β-トコフェロール、d-γ-トコフェロール及びd-δ-トコフェロールを主成分とするものをいう。)
ミックスビタミンE
抽出トコフェロール
抽出ビタミンE
抽出V.E
トコフェロール
ビタミンE
V.E
ミックスV.E
植物性油脂から得られた、d-α-トコフェロール、d-β-トコフェロール、d-γ-トコフェロール及びd-δ-トコフェロールを主成分とするものである。食用油脂を含むことがある。 酸化防止剤
強化剤
Mixed tocopherols
320 ミツロウ
(ミツバチの巣から得られた、パルミチン酸ミリシルを主成分とするものをいう。)
オウロウ
ビースワックス
ベースワックス
  ミツバチ(Apis spp.)の巣から得られた、パルミチン酸ミリシルを主成分とするものである。 ガムベース
光沢剤
Bees wax
321 ミルラ
(ボツヤクの分泌液から抽出して得られたものをいう。)
ミル   カンラン科ボツヤク(Commiphora mukul ENGL.)の分泌液より、低沸点部を蒸留により除去し、室温時エタノールで抽出し、エタノールを留去して得られたものである。成分としてコミホールを含む。 ガムベース Myrrh
322 ムラサキイモ色素
(サツマイモの塊根から得られた、シアニジンアシルグルコシド及びペオニジンアシルグルコシドを主成分とするものをいう。)
  アントシアニン
アントシアニン色素
野菜色素
サツマイモ(Ipomoea batatas Poiret)の塊根から得られた、シアニジンアシルグルコシド及びペオニジンアシルグルコシドを主成分とするものである。デキストリン又は乳糖を含むことがある。 着色料 Purple sweet potato colour
323 ムラサキトウモロコシ色素
(トウモロコシの種子から得られた、シアニジン-三-グルコシドを主成分とするものをいう。)
ムラサキコーン色素 アントシアニン
アントシアニン色素
トウモロコシ(Zea mays Linne)の種子から得られた、シアニジン3-グルコシドを主成分とするものである。デキストリン又は乳糖を含むことがある。 着色料 Purple corn colour
324 ムラサキヤマイモ色素
(ヤマイモの塊根から得られた、シアニジンアシルグルコシドを主成分とするものをいう。)
  アントシアニン
アントシアニン色素
ムラサキヤマイモ野菜色素
ヤマノイモ科ヤマイモ(Dioscorea alata LINNE)の紫色の塊根より、室温時水又は弱酸性水溶液で抽出して得られたものである。主色素はシアニジンアシルグルコシドである。紫赤色を呈する。 着色料 Purple yam colour
325 ムラミダーゼ     放線菌(Actinomyces, Streptomyces)又は細菌(Bacillus)の培養液より、冷時~室温時除菌後、冷時~室温時濃縮し、冷時含水エタノールで抽出して得られたものである。 酵素 Muramidase
326 メナキノン(抽出物)
(アルトロバクターの培養液から得られた、メナキノン-四を主成分とするものをいう。)
ビタミンK2(抽出物) ビタミンK2
ビタミンK
V.K2
V.K
メナキノン
アルトロバクター属菌(Arthrobacter nicotianae)の培養液から得られた、メナキノン-4を主成分とするものである。 強化剤 Menaquinone
(extract)
Vitamin K2(extract)
327 メバロン酸     酵母(Saccharomycopsis fibuligera)によるコーンスチープリカー又はカゼイン由来のペプトンを主原料とする発酵培養液より、有機溶剤で抽出して得られたものである。成分はメバロン酸である。 製造用剤 Mevalonic acid
328 メラロイカ精油
(メラロイカの葉から得られた、精油を主成分とするものをいう。)
    フトモモ科メラロイカ(Melaleuca alternifolia CHEEL)の葉より、水蒸気蒸留により得られたものである。成分は精油(α-テルピネン及びγ-テルピネン等)である。 酸化防止剤 Melaleuca oil
329 モウソウチク乾留物
(モウソウチクの茎を乾留して得られたものをいう。)
  竹乾留物 イネ科モウソウチク(Phyllostachys heterocycla MITF.)の茎をチップ状にしたものを、減圧加熱下で乾留したものより得られたものである。 製造用剤 Mousouchiku dry distillate
330 モウソウチク抽出物
(モウソウチクの茎の表皮から得られた、2,6-ジメトキシ-1,4-ベンゾキノンを主成分とするものをいう。)
    イネ科モウソウチク(Phyllostachys heterocycla MITF.)の茎の表皮を、粉砕したものより、微温時エタノールで抽出して得られたものである。成分として2,6-ジメトキシ-1,4-ベンゾキノンを含む。 製造用剤 Mousouchiku extract
331 木材チップ
(ハシバミ又はブナの幹枝を粉砕して得られたものをいう。)
シュペーネ   カバノキ科ハシバミ(Corylus heterophylla FISCHER var.thunberglii BLUME)又はブナ科ブナ(Fagus crenata BLUME)の幹枝を熱水殺菌したものを、粉砕して得られたものである。 製造用剤 Wood chip
332 木炭
(竹材又は木材を炭化して得られたものをいう。)
    イネ科マダケ(Phyllostachys bambusoides SIEB. et ZUCC.)若しくはイネ科モウソウチク(Phyllostachys heterocycla MITF.)の茎又はカバノキ科シラカバ(Betula platyphylla SUKAT. var. japonica HARA)、チョウセンマツ(Pinus koraiensis SIEB. et ZUCC.)、ブナ科ウバメガシ(Quercus phylliraeoides)等の幹枝又は種子を、炭化して得られたものである。 製造用剤 Charcoal
333 モクロウ
(ハゼノキの果実から得られた、グリセリンパルミタートを主成分とするものをいう。)
日本ロウ
ハゼ脂
植物ワックス キクウルシ科ハゼノキ(Rhus succedanea LINNE)の果実より、融解、さらしたものより得られたものである。主成分はグリセリンパルミタートである。 カムベース Japan wax
334 木灰
(竹材又は木材を灰化して得られたものをいう。)
    ブナ科ブナ(Fagus crenata BLUME)等の幹枝を、灰化して得られたものである。 製造用剤 Timber ash
335 木灰抽出物
(「木灰」から抽出して得られたものをいう。)
    ブナ科ブナ(Fagus crenata BLUME)、クスノキ科クスノキ(Cinnamomum Camphora SIEB.)等の幹枝を灰化して得られた灰化物を、精製して得られたものである。 製造用剤 Timber ash extract
336 モモ樹脂
(モモの分泌液から得られた、多糖類を主成分とするものをいう。)
  ピーチガム バラ科モモ(Prunus persica BATSCH)の幹枝の樹脂成分を、分離して得られたものである。主成分は多糖類である。 増粘安定剤 Peach gum
337 ヤマモモ抽出物
(ヤマモモの果実、樹皮又は葉から抽出して得られたものをいう。)
    ヤマモモ(Myrica rubra Siebold et Zuccarini)の果実、樹皮又は葉から抽出して得られたものである。主成分はミリシトリンである。 酸化防止剤 Chinese bayberry extract
338 ユッカフォーム抽出物
(ユッカアラボレセンス又はユッカシジゲラの全草から得られた、サポニンを主成分とするものをいう。)
ユッカ抽出物  ユッカフォーム
ユッカ・フォーム
ユッカ・ブレビフォリア(Yucca brevifolia Engelmann)又はユッカ・シジゲラ(Yucca schidigera Roezl ex Ortgies)の全草から得られた、サポニンを主成分とするものである。 乳化剤
製造用剤
Yucca foam extract
Yucca joshua tree
339 ラカンカ抽出物
(ラカンカの果実から得られた、モグロシド類を主成分とするものをいう。)
ラカンカエキス ラカンカ ラカンカ(Siraitia grosevenorii C. Jeffrey ex A. M. Lu & Zhi Y. Zhang (Momordica grosvenori Swingle))の果実から得られた、モグロシド類を主成分とするものである。 甘味料 Rakanka extract
340 ラクトパーオキシダーゼ     脱脂生乳又は乳清より、イオン交換樹脂で分離して得られたものである。 酵素 Lactoperoxidase
341 ラクトフェリン濃縮物
(ほ乳類の乳から得られた、ラクトフェリンを主成分とするものをいう。)
  ラクトフェリン ほ乳類の乳を脱脂分離したもの又は乳清より、精製し、濃縮して得られたものである。主成分は、ラクトフェリンである。 製造用剤 Lactoferrin concentrates
342 ラック色素
(ラックカイガラムシの分泌液から得られた、ラッカイン酸類を主成分とするものをいう。)
ラッカイン酸 ラック ラックカイガラムシ(Laccifer spp.)の分泌液から得られた、ラッカイン酸類を主成分とするものである。 着色料 Lac colour
343 ラノリン
(ヒツジの毛に付着するろう様物質から得られた、高級アルコールとα-ヒドロキシ酸のエステルを主成分とするものをいう。)
羊毛ロウ   ヒツジの毛に付着するろう様物質から得られた、高級アルコールとα-ヒドロキシ酸のエステルを主成分とするものである。 ガムベース
光沢剤
Lanolin
344 ラムザンガム
(アルカリゲネスの培養液から得られた、多糖類を主成分とするものをいう。)
ラムザン多糖類 ラムザン スフィンゴモナス属菌(Sphingomonas sp.)の培養液から得られた、多糖類を主成分とするものである。ショ糖、ブドウ糖、乳糖、デキストリン又はマルトースを含むことがある。 増粘安定剤 Rhamsan gum
345 L-ラムノース   ラムノース 「ルチン(抽出物)」又はミカン科アマダイダイ(Citrus sinensis OSBECK)若しくはミカン科ウンシュウミカン(Citrus unshiu MARCOV.)の果皮、樹皮若しくは花に含まれる配糖体、又は大豆油、菜種油若しくはコーン油を発酵、濃縮分離して得られたものを、加水分解し、分離して得られたものである。成分はL-ラムノースである。 甘味料 L-Rhamnose
346 卵黄レシチン
(卵黄から得られた、レシチンを主成分とするものをいう。)
レシチン   卵黄より得られた卵黄油より、分離して得られたものである。主成分はレシチンである。 乳化剤 Yolk lecithin
347 L-リシン L-リジン リシン
リジン
糖類を原料とした発酵により得られたものを、分離して得られたものである。成分はL-リシンである。 調味料
強化剤
L-Lysine
348 リゾチーム 卵白リゾチーム   卵白より、アルカリ性水溶液及び食塩水で処理し、樹脂精製して得られたもの、又は樹脂処理若しくは加塩処理した後、カラム精製若しくは再結晶により得られたもので、細菌の細胞壁物質を溶解する酵素である。 酵素 Lysozyme
349 リパーゼ 脂肪分解酵素 エステラーゼ 動物若しくは魚類の臓器、又は動物の舌下部より、冷時~微温時水で抽出して得られたもの又は糸状菌(Aspergillus awamori, Aspergillus niger, Aspergillus oryzae, Aspergillus phoenicis, Aspergillus usamii, Geotrichum candidum, Humicola, Mucor javanicus, Mucor miehei, Penicillium camembertii, Penicillium chrysogenum, Penicillum roquefortii, Rhizomucor miehei, Rhizopus delemar, Rhizopus japonicus, Rhizopus miehei, Rhizopus niveus, Rhizopus oryzae)、放線菌(Streptomyces)、細菌(Alcaligenes, Arthrobactor, Chromobacterium viscosum, Pseudomonas, Serratia marcescens)又は酵母(Candida)の培養液より、冷時~微温時水で抽出して得られたもの、除菌したもの、冷時~室温時濃縮したもの、又はエタノール、、含水エタノール若しくはアセトンで処理して得られたものである。 酵素 Lipase
350 リポキシゲナーゼ リポキシダーゼ   植物油粕より、又は糸状菌(Rhizopus)の培養液より、水で抽出して得られたものである。 酵素 Lipoxygenase
351 D-リボース   リボース グラム陽性細菌(Bacillus pumilus又はBacillus subtilis)によるD-グルコースの発酵培養液より、分離して得られたものである。成分はD-リボースである。 甘味料 D-Ribose
352 流動パラフィン ミネラルオイルホワイト パラフィン 石油から得た炭化水素類の混合物である。 製造用剤 Liquid paraffin
353 リンターセルロース
(ワタの単毛から得られた、セルロースを主成分とするものをいう。)
  セルロース アオイ科ワタ(Gossypium hirsutum LINNE)の実の単毛を、精製して得られたものである。主成分はセルロースである。 製造用剤 Linter cellulose
354 ルチン酵素分解物
(「ルチン(抽出物)」から得られた、イソクエルシトリンを主成分とするものをいう。)
  イソクエルシトリン ルチン(抽出物)(アズキ(Vigna angularis Ohwi et H. Ohashi)の全草、エンジュ(Sophora japonica Linne)のつぼみ若しくは花又はソバ(Fagopyrum esculentum Moench)の全草から得られた、ルチンを主成分とするものをいう。)を酵素処理した後、精製して得られたものである。主成分はイソクエルシトリンである。 酸化防止剤 Enzymatically decomposed rutin
355 ルチン(抽出物)
(アズキの全草、エンジュのつぼみ若しくは花又はソバの全草から得られた、ルチンを主成分とするものをいう。)
  フラボノイド
ルチン
  酸化防止剤
着色料
 
 
 
Rutin(extract)
 エンジュ抽出物     ルチン(抽出物)のうちエンジュ(Sophora japonica Linne)のつぼみ又は花より、水、エタノール又はメタノールで抽出し、溶媒を除去して得られたものである。主成分はルチンである。 Enju extract
Japanese pagoda tree extract
 アズキ全草抽出物     マメ科アズキ(Azukia angularis OHWI)の全草より、水又はエタノールで抽出して得られたものである。主成分はルチンである。 Azuki extract
 ソバ全草抽出物     タデ科ソバ(Fagopyrum esculentum MOENCH)の全草より、水又はエタノールで抽出して得られたものである。主成分はルチンである。 Buckwheat extract
356 ルテニウム     96Ru, 98Ru, 99Ru, 100Ru, 101Ru, 102Ru, 104Ru 製造用剤 Ruthenium
357 レイシ抽出物
(マンネンタケの菌糸体若しくは子実体又はその培養液から抽出して得られたものをいう。)
マンネンタケ抽出物 レイシ サルノコシカケ目マンネンタケ(Ganoderma lucidum KARST.)の菌糸体若しくは子実体、又はその培養液より、水、エタノール又は二酸化炭素で抽出して得られたものである。 苦味料等 Mannentake extract
358 レッチュデバカ
(レッチュデバカの分泌液から得られた、アミリンエステルを主成分とするものをいう。)
    クワ科レッチュデバカ(Brosimum utile(H.B.K)PITT.)の幹枝から得られたラテックスを、熱時水で洗浄し、水溶成分を除去して得られたものである。主成分はアミリンエステルである。 ガムベース Leche de vaca
359 レバン
(枯草菌の培養液から得られた、多糖類を主成分とするものをいう。)
フラクタン   枯草菌(Bacillus subtilis(EHR.)COHN)によるショ糖又はラフィノースの発酵培養液より、分離して得られたものである。主成分は多糖類である。 増粘安定剤 Levan
360 レンネット キモシン
レンニン
  反すう動物の第四胃より、室温時~微温時水若しくは酸性水溶液で抽出して得られたもの、又は酵母菌(Kluyveromyces lactis)、糸状菌(Mucor miehei, Mucor pusillus LINDT, Mucor spp., Rhizomucor miehei)、担子菌(Irpex lacteus)若しくは細菌(Bacillus cereus, Crypnohectria parasitica, Escherichia coli K-12等)の培養液より、室温時~微温時水若しくは酸性水溶液で抽出して得られたもの、室温時濃縮したもの、又は、冷時エタノール若しくは含水エタノールで処理して得られたものである。 酵素 Rennet
361 L-ロイシン   ロイシン 動物性若しくは植物性タンパク質の加水分解により、又は糖類を原料とした発酵法により得られたものより、分離して得られたものである。成分はL-ロイシンである。 調味料
強化剤
L-Leucine
362 ログウッド色素
(ログウッドの心材から得られた、ヘマトキシリンを主成分とするものをいう。)
    マメ科ログウッド(Haematoxylon campechianum)の心材より、熱時水で抽出して得られたものである。主色素はヘマトキシリンである。黒褐色を呈する。 着色料 Logwood colour
363 ロシディンハ
(ロシディンハの分泌液から得られた、アミリンアセタート及びポリイソプレンを主成分とするものをいう。)
ロジディンハ   アカテツ科シデロキシロン属(Sideroxylon)の幹枝より得られたラテックスを、脱水したものより得られたものである。主成分はアミリンアセタート及びポリイソプレンである。 ガムベース Rosidinha
364 ロシン
(マツの分泌液から得られた、アビエチン酸を主成分とするものをいう。)
ロジン   マツ科マツ(Pinus palustris MILL.)の樹皮の分泌液より、低沸点部を蒸留により除去して得られたものである。主構成成分はアビエチン酸である。 ガムベース Rosin
365 ローズマリー抽出物
(マンネンロウの葉又は花から得られた、カルノシン酸、カルノソール及びロスマノールを主成分とするものをいう。)
マンネンロウ抽出物   シソ科マンネンロウ(Rosmarinus officinalis LINNE)の葉又は花より、二酸化炭素、温時~熱時含水エタノール若しくはエタノールで抽出して得られたもの、又は温時~熱時ヘキサン、メタノール若しくは含水メタノールで抽出し、溶媒を除去して得られたものである。有効成分は、フェノール性ジテルペノイド(ロスマノール、カルノソール及びカルノシン酸等)である。 酸化防止剤 Rosemary extract
厚生労働省食品化学情報
公益財団法人 日本食品化学研究振興財団 事務局

本部 大阪府豊中市三和町1丁目1番11号

TEL(06)6333-5680 FAX(06)6333-5491

お問い合わせはこちらへ

東京分室 東京都中央区日本橋本町4丁目6番3号 SEGビルアネックス2階

English Top