報道発表資料

 

平成20年10月29日

医薬食品局食品安全部基準審査課

 

 

食品中の残留農薬検査結果等の公表について(概要)

 

 平成16年度食品中の残留農薬の一日摂取量調査結果及び平成15年度農産物中の残留農薬検査結果について取りまとめたので公表する。


Ⅰ 平成16年度食品中の残留農薬の一日摂取量調査結果について
 国民が日常の食事を介して食品に残留する農薬をどの程度摂取しているかを把握するため、国民栄養調査を基礎としたマーケットバスケット調査方式(注1)による一日摂取量の調査の結果を取りまとめたところ、推定される摂取量の許容一日摂取量(ADI)(注2)に占める割合(ADI比)は、0.027~17.3%であり、いずれもADIを大きく下回っていることから、今回調査の対象とした農薬の食品を通じた摂取については、現状では問題はないと考えられた。

(注1)マーケットバスケット調査方式
 国民栄養調査による食品摂取量を参考に市場で流通している農産物等を購入し、通常行われている調理方法に準じて調理を行った後、化学分析を実施し、対象となる農薬の摂取量を調べること。

(注2)許容一日摂取量(ADI)
 ADI(許容一日摂取量:Acceptable Daily Intake)とは、ある物質について人が生涯その物質を毎日摂取し続けたとしても、安全性に問題のない量として定められるもので、通常、一日当たり体重1kgあたりの物質量(mg/kg/day)で表される。
 
Ⅱ 平成15年度農産物中の残留農薬検査結果について
 平成15年度に実施された農産物中の残留農薬検査結果を取りまとめることとし、地方公共団体における検査結果(100団体より資料提供の協力を得た。)及び検疫所における検査結果を合わせて集計した。その概要は次のとおりである。

1 検査数     2,129,338件
2 農薬検出数     4,894件(0.23%)
    国産品      1,188件(0.34%)  輸入品 3,706件(0.21%)
3 基準値を超えた数 66件(0.01%)
    国産品       15件(0.01%)  輸入品   51件(0.01%)


 本集計結果は平成14年度の集計結果とほぼ同様の傾向を示しており、農薬が検出された割合、基準値を超えた割合のいずれも極めて低いことから、我が国で流通している農産物における農薬の残留レベルは低いものと考えられる。

 なお、詳細情報については以下を参照されたい。

I.平成16年度食品中の残留農薬の一日摂取量調査結果(PDF:206KB)

II.平成15年度農産物中の残留農薬検査結果(PDF:206KB)

結果詳細:残留基準値の設定されているもの
(1~164ページ(
PDF:499KB)、 165~220ページ(PDF:210KB)、全体版(PDF:638KB))

残留基準値の設定されていないもの
(1~230ページ(
PDF:498KB)、 231~464ページ(PDF:498KB)、 465~503ページ(PDF:98KB)、
全体版(
PDF:1,040KB))

注)PDFファイルは厚生労働省HPにリンク

厚生労働省食品化学情報
公益財団法人 日本食品化学研究振興財団 事務局

本部 大阪府豊中市三和町1丁目1番11号

TEL(06)6333-5680 FAX(06)6333-5491

お問い合わせはこちらへ

東京分室 東京都中央区日本橋本町4丁目6番3号 SEGビルアネックス2階

English Top