残留農薬等基準  抗生物質・合成抗菌剤

 抗生物質・合成抗菌剤(下表参照)については、食品、添加物等の規格基準(昭和34年厚生省告示370号)第1食品の部 A 食品一般の成分規格の項1に示す「食品は,抗生物質又は化学的合成品(化学的手段により元素又は化合物に分解反応以外の化学的反応を起こさせて得られた物質をいう。以下同じ。)たる抗菌性物質及び放射性物質を含有してはならない。ただし,抗生物質及び化学的合成品たる抗菌性物質について,次のいずれかに該当する場合にあつては,この限りでない。
(1) 当該物質が,食品衛生法(昭和22年法律第233号。以下「法」という。)第10条の規定により人の健康を損なうおそれのない場合として厚生労働大臣が定める添加物と同一である場合
(2) 当該物質について,5,6,7,8又は9において成分規格が定められている場合
(3) 当該食品が,5,6,7,8又は9において定める成分規格に適合する食品を原材料として製造され,又は加工されたものである場合(5,6,7,8又は9において成分規格が定められていない抗生物質又は化学的合成品たる抗菌性物質を含有する場合を除く。)」が適用されるため、ポジティブリストにない食品についての残留基準は0.01ppmではなく不検出となります。

ポジティブリストに掲載されている抗生物質・合成抗菌剤 一覧 食品において不検出とされる農薬は含まれていません) (更新日:平成27年12月22日)

アスポキシシリン スルファモイルダプソン
アビラマイシン スルファモノメトキシン
アプラマイシン スルフイソゾール
アモキシシリン セファセトリル
アンピシリン セファゾリン
アンプロリウム セファピリン
エトパベート セファレキシン
エフロトマイシン セファロニウム
エリスロマイシン セフォペラゾン
エンラマイシン セフキノム
エンロフロキサシン セフチオフル
オキサシリン セフロキシム
オキシテトラサイクリン,クロルテトラサイクリン及びテトラサイクリン センデュラマイシン
オキソリニック酸 タイロシン
オフロキサシン ダノフロキサシン
オラキンドックス チアムリン
オルビフロキサシン チアンフェニコール
オルメトプリム チルミコシン
オレアンドマイシン ツラスロマイシン
カスガマイシン デコキネート
カナマイシン ドキシサイクリン
ガミスロマイシン トリメトプリム
キタサマイシン ナイカルバジン
クロキサシリン ナナフロシン
クロピドール ナフシリン
クロルテトラサイクリン ナラシン
ゲンタマイシン ニフルスチレン酸ナトリウム
コリスチン ネオマイシン
酢酸イソ吉草酸タイロシン ノシヘプタイド
サラフロキサシン ノボビオシン
サリノマイシン ノルフロキサシン
ジアベリジン バージニアマイシン
ジクロキサシリン バクイノレート
ジニトルミド バクイロプリム
ジヒドロストレプトマイシン及びストレプトマイシン バシトラシン
ジフロキサシン バルネムリン
ジョサマイシン ビコザマイシン
スピラマイシン ピリメタミン
スペクチノマイシン ピルリマイシン
スルファエトキシピリダジン フェノキシメチルペニシリン
スルファキノキサリン フラボフォスフォリポール
スルファグアニジン フルメキン
スルファクロルピリダジン フロルフェニコール
スルファジアジン ベンジルペニシリン
スルファジミジン ホスホマイシン
スルファジメトキシン ポリミキシンB
スルファセタミド マルボフロキサシン
スルファチアゾール ミロキサシン
スルファドキシン ミロサマイシン
スルファトロキサゾール メシリナム
スルファニトラン モネンシン
スルファニルアミド ライドロマイシン
スルファピリジン ラサロシド
スルファブロモメタジンナトリウム リンコマイシン
スルファベンズアミド ロベニジン
スルファメトキサゾール
スルファメトキシピリダジン
スルファメラジン
公益財団法人 日本食品化学研究振興財団 事務局

本部 大阪府豊中市三和町1丁目1番11号

TEL(06)6333-5680 FAX(06)6333-5491

お問い合わせはこちらへ

東京分室 東京都中央区日本橋本町4丁目6番3号 SEGビルアネックス2階

English Top