Home Home Back Back
公益財団法人 日本食品化学研究振興財団
厚生労働省行政情報

07/18/2017通知
07/31/2017 更新
食品、添加物等の規格基準の一部を改正する件について

  【生食発0718第2号】.pdf【生食発0718第2号】.pdf  
                                                                                                生食発0718第2号
平成29年7月18日
  都道府県知事
各 保健所設置市長 殿
  特別区長
  厚生労働省大臣官房生活衛生・食品安全審議官
                                                                    (公印省略)
食品、添加物等の規格基準の一部を改正する件(平成29年厚生労働省告示第249号)が本日公布され、これにより食品、添加物等の規格基準(昭和34年厚生省告示第370号)の一部を改正することとしました。
改正の概要につきましては、下記のとおりですので、関係者への周知をお願いするとともに、その運用に遺漏なきようお取り計らいをお願いします。

第1 改正の概要
第2 適用期日
第3 運用上の注意
 1 残留基準値の欄に記載のない食品及び表中にない食品については、一律基準(0.01ppm)が適用される。ただし、スピラマイシン及びタイロシンについては、食品、添加物等の規格基準(昭和34年厚生省告示370号)第1食品の部 A 食品一般の成分規格の第1項に規定する抗生物質又は化学的合成品たる抗菌性物質に該当することから、残留基準値の欄に記載のない食品及び表中にない食品については、本剤を含有するものであってはならない。 第4 その他