Home Home Back Back
公益財団法人 日本食品化学研究振興財団
厚生労働省行政情報

02/29/2008報道関係資料
平成18年度畜水産食品の残留物質モニタリング検査結果について

平成20年2月29日
厚生労働省医薬食品局
食品安全部監視安全課
平成18年度畜水産食品の残留物質モニタリング検査結果について

畜水産食品の抗生物質等の残留防止の一環として、検疫所及び都道府県等において実施したモニタリング検査について、結果を取りまとめましたので、お知らせします。

注:本件は、平成18年3月31日付け食安輸発第0331006号及び平成18年3月31日付け食安監発第0331008号に基づく検査結果であり、食品衛生法第26条各項に基づく検査命令による検査等、同期間における国内及び輸入時の全ての検査の結果を網羅しているものではありません。

食安監発第0229003号
平成20年2月29日

    都 道 府 県
各   保健所設置市   衛生主管部(局)長 殿
    特  別  区


 

厚生労働省医薬食品局食品安全部監視安全課長
畜水産食品の残留物質対策について

 畜水産食品の安全性確保については、日頃から種々御配慮をいただいているところであります。

 今般、平成18年度に実施した畜水産食品の残留有害物質モニタリング検査の結果を別添のとおり取りまとめました。その結果、平成18年度においても、畜産食品から抗生物質が検出されたことによる食品衛生法違反事例があることから、引き続き、農政部局と連携を密にし、生産者等に対し動物用医薬品等の適正な使用について指導いただくよう依頼申し上げるとともに、効率的な監視の実施等により、畜水産食品の動物用医薬品等の残留防止に一層努められるようお願いします。


(別添)

平成18年度畜水産食品の残留物質モニタリング検査結果について

1 目的

 都道府県等が実施するモニタリング検査は、食用に供される家畜、養殖魚介類等に対して、生産段階で使用される動物用医薬品及び飼料添加物等が食肉、魚介類等の畜水産食品に残留している実態を把握し、適切な行政対応を図ることを目的として、また、検疫所が実施するモニタリング検査は、多種多様な輸入食品等の食品衛生上の状況について幅広く監視し、違反が発見された場合については輸入時の検査を強化するなどの対策を講じることを目的として、畜水産食品について輸入品及び国産品の別に検査を実施した。

2 検査結果の概要

(1)輸入畜水産食品


(2)国産畜水産食品