Home Home Back Back
公益財団法人 日本食品化学研究振興財団
厚生労働省行政情報

07/28/2006通知
清涼飲料水中のベンゼンについて

食安基発第0728005号
平成18年7月28日

社団法人 全国清涼飲料工業会長 殿
厚生労働省医薬食品局
食品安全部基準審査課
清涼飲料水中のベンゼンについて


 先般、米国等において、安息香酸とアスコルビン酸の両剤を添加した清涼飲 料水からベンゼンが検出されたとの情報を入手したため、我が国で流通する同様の清涼飲料水について試験を行ったところ、別紙のとおりベンゼンが検出された。
 現時点において、これらの製品におけるベンゼンの生成機序については明らかになってはいないが、これまでの諸外国における報告によると、当該製品に添加された安息香酸及びアスコルビン酸がベンゼンの生成に関与しているという見解が多勢を占めていることもあり、安息香酸及びアスコルビン酸の両剤が添加された製品を製造する貴傘下会員に対し、必要に応じ自社製品の実態を把握する等、所要の措置を講じられるよう指導方お願いする。
 また、今般、別添のとおり本件に係るQ&Aを作成したので、貴職より会員への周知方よろしくお願いする。



別 紙
清涼飲料水中のベンゼンの分析調査(7月21日現在)


対象製品:安息香酸及びアスコルビン酸の両者が添加された清涼飲料水31製品

分析方法:ヘッドスペースガスクロマトグラフィー質量分析

結 果:
※10ppbを超過した製品概要
    製品名:アロエベラ
    販売業者:(株)ディーエイチシー(DHC)(東京都港区)
    検出されたベンゼン濃度:73.6ppb(3検体平均)