Home Home Back Back
公益財団法人 日本食品化学研究振興財団
厚生労働省行政情報

食品衛生調査会関係資料 − 食品添加物の指定、使用基準の改正に関する食品衛生調査会、毒性部会及び添加物部会合同部会報告について
別添1 キシリトールの指定について

別添1
キシリトールの指定について

1.品目名:キシリトール(別名 キシリット)(Xylitol)

2.構造式:

3.用途:甘味料

4.起源
 キシリトールは、プラム、イチゴ、カリフラワー等に含まれている糖アルコールの一つで、1891年、ドイツのEmil Fischerらによって発見され、工業的には1960年頃植物から得られるキシロースを原料として、水素添加により製造することが可能となり、食品添加物の一つである甘味料として使用されるようになったと報告されている。
 キシリトールは、現在、米国、カナダ、EU諸国など38カ国において、添加物としての使用が認められている。また、FAO/WHO合同食品添加物専門家会議(JECFA)では、1983年、ADI(一日摂取許容量)は特定せずと評価されている。さらに、1996年のJECFAにおいて、再評価されたが、1983年の評価に同じとされている。

5.有効性
 キシリトールはショ糖(砂糖)と同程度の甘味度を持つが、ショ糖と異なり血中のグルコース濃度にはほとんど影響を与えないことが示されている。また、水に極めて溶けやすく、120℃でもカラメル化せず、通常の加工条件下においても化学的、物理的に安定であり、キシリトールを使用した食品はショ糖を使用した食品に比べ水分活性1)が低いことが示されている。
 上記を含め、別紙1に示した試験成績が提出されている。

6.安全性

(1)毒性


(2)体内動態

(3)一日摂取量の推計

(4)ADIの設定

7.使用基準

 ADIは特定する必要がないと考えられることから、使用基準の設定は要しないと考える。

8.成分規格

 成分規格については、別紙2のとおり設定することが適当であると考える。また、本成分規格の設定にあたり、別紙3のとおり一般試験法「赤外吸収スペクトル測定法」を改正することが適当であると考える。なお、参考までにJECFAにおいて設定されている規格等との比較表を別紙4に示す。


注:1)水分活性とは、食品中で微生物が利用しうる水分、すなわち食品中の遊離水分の含有量を表す尺度である。