Home Home Back Back
公益財団法人 日本食品化学研究振興財団
製造・加工基準、保存基準
更新日:11/27/2006

[厚生労働省食品化学情報のページへ]
食品の製造・加工基準、保存基準
(厚生省告示第370号 食品、添加物等の規格基準より抜粋)


I.食品一般の製造、加工及び調理基準 
 
 食品を製造し、又は加工する場合は、食品に放射線を照射してはならない。ただし、その製造工程又は加工工程の管理のために照射する場合であって、食品の吸収線量が0.10グレイ以下のとき及び別に定める場合はこの限りではない。
2〜6
 省 略
 食品を製造し、又は加工する場合は、添加物の成分規格、保存基準等に適合しない添加物を使用してはならない。
 食品を製造し、又は加工する場合は、コウジ酸を使用してはならない。
 
 
II.食品一般の保存基準
 
 省 略
 食品を保存する場合には抗生物質を使用してはならない。
 食品の保存の目的で食品に放射線を照射してはならない。
 
 
III.野菜の加工基準