Home Home Back Back
公益財団法人 日本食品化学研究振興財団
JECFA安全性評価−指定添加物
更新日:10/20/2015

[食品添加物のJECFA安全性評価]

指定添加物(規則別表一)のJECFAによる安全性評価

会議の欄で年は当該ADI を設定したJECFA会議の開催年(19は省略)、回は開催回数を示した。
指定添加物
(規則別表一)
JECFA
番号
添加物名
添加物名
ADI
(mg/kg bw/day)
注釈
会議
3
亜塩素酸ナトリウムAcidified Sodium Chlorite0 〜 0.03亜塩素酸イオンとして; 塩素酸イオンのADI:0 〜 0.01 mg/kg/体重
2007
68
4
亜酸化窒素Nitrous Oxide高圧ガスとしての現在の使用を認める
2000
55
5
アジピン酸Adipic Acid0 〜 5アジピン酸として。アジピン酸並びにそのカリウム、ナトリウム及びアンモニウム塩のGroup ADI。
77
21
現在の使用を認める香料として使用の場合、現在の摂取量では安全性の懸念はない。
99
53
6
亜硝酸ナトリウムSodium Nitrite 0 〜 0.06亜硝酸イオンとして。このADIはすべての摂取源由来のものを含むが、3ヶ月未満の乳児には適用しない。
95
44
7
L−アスコルビン酸(別名ビタミンC) Ascorbic Acid特定しないアスコルビン酸並びにそのナトリウム,カリウム及び力ルシウム塩のGroup ADI。
81
25
10
L−アスコルビン酸ステアリン酸エステル (別名ビタミンCステアレート)Ascorbyl Stearate0 〜 1.25アスコルビン酸パルミチン酸エステル及びアスコルビン酸ステアリン酸エステルのGroup ADI。
73
17
11
L−アスコルビン酸ナトリウム(別名ビタミンCナトリウム)Sodium Ascorbate特定しないアスコルビン酸並びにそのナトリウム,カリウム及び力ルシウム塩のGroup ADI。
81
25
12
L−アスコルビン酸パルミチン酸エステル (別名ビタミンCパルミテート)Ascorbyl Palmitate0 〜 1.25アスコルビン酸パルミチン酸エステル及びアスコルビン酸ステアリン酸エステルのGroup ADI。
73
17
15
(別名L−α−アスパルチル−L−フェニルアラニンメチルエステル)Aspartame0 〜 40 
81
25
16
アセスルファムカリウムAcesulfame Potassium0 〜 15 
90
37
17
アセチル化アジピン酸架橋デンプンAcetylated Distarch Adipate特定しない
82
26
18
アセチル化酸化デンプンAcetylated Oxidized Starch特定しない
2001
57
19
アセチル化リン酸架橋デンプンAcetylated Distarch Phosphate特定しない
82
26
20
アセトアルデヒドAcetaldehyde現在の使用を認める香料として使用の場合、現在の摂取量では安全性の懸念はない。
97
49
21
アセト酢酸エチルEthyl Acetoacetate現在の使用を認める香料として使用の場合、現在の摂取量では安全性の懸念はない。
99
53
22
アセトフェノンAcetophenone現在の使用を認める香料として使用の場合、現在の摂取量では安全性の懸念はない。
2001
57
23
アセトンAcetone現在の使用を認める香料として使用の場合、現在の摂取量では安全性の懸念はない。
98
51
26
アニスアルデヒド(別名パラメトキシベンズアルデヒド)p-Anisaldehyde
(
p-Methoxybenzaldehyde)
現在の使用を認める香料として使用の場合、現在の摂取量では安全性の懸念はない。
2001
57
28
(3-アミノ-3-カルボキシプロピル)ジメチルスルホニウム塩化物(3-Amino-3-carboxypropyl)dimethylsulfonium chloride現在の使用を認める香料として使用の場合、現在の摂取量では安全性の懸念はない。
2004
63
29
アミルアルコールAmyl Alcohol現在の使用を認める香料として使用の場合、現在の摂取量では安全性の懸念はない。
97
49
30
α−アミルシンナムアルデヒド (別名α−アミルシンナミックアルデヒド)alpha-Amylcinnamaldehyde
(
alpha-Amylcinnamic Aldehyde)
現在の使用を認める香料として使用の場合、現在の摂取量では安全性の懸念はない。
2000
55
31
DL−アラニンDL-Alanine現在の使用を認める香料として使用の場合、現在の摂取量では安全性の懸念はない。
2004
63
32
亜硫酸ナトリウム (別名亜硫酸ソーダ)Sodium Sulfite0 〜 0.7二酸化硫黄,ピロ亜硫酸ナトリウム,メタ亜硫酸カリウム,亜硫酸ナトリウム,亜硫酸マグネシウム,亜硫酸水素ナトリウム,亜硫酸水素カリウム,チオ硫酸ナトリウム,亜硫酸水素カルシウム,メタ亜硫酸水素カルシウム,及び,亜硫酸カルシウムのグループADI。二酸化硫黄として計算。
98
51
34
アルギン酸アンモニウムAmmonium Alginate特定しないアルギン酸並びにそのアンモニウム,カルシウム,カリウム及びナトリウム塩のGroup ADI。
92
39
35
アルギン酸カリウムPotassium Alginate
36
アルギン酸カルシウムCalcium Alginate
37
アルギン酸ナトリウムSodium Alginate
38
アルギン酸プロピレングリコールエステルPropylene Glycol Alginate0 〜70 
93
41
39
安息香酸Benzoic Acid0 〜 5ベンジルアルコール,ベンズアルデヒド,酢酸ベンジル, 安息香酸,及び安息香酸のナトリウム,カリウム,カルシウム塩グループADI;安息香酸として。
2001
57
40
安息香酸ナトリウムSodium Benzoate 安息香酸は香料として使用の場合、現在の摂取量では安全性の懸念はない。(2002年59回会議)
 
 
41
アントラニル酸メチル (別名アンスラニル酸メチル)Methyl Anthranilate0 〜 1.5  
79
23
42
アンモニアAmmonia Solution制限しない  
65
9
44
イオノン
(別名ヨノン)
alpha-Ionone
beta-Ionone
0 〜 0.11984年の会議で設定されたADIは1998年の第51回会議において継続された。a-イオノンとb-イオノンのGroup ADI。 現在の摂取量では安全性の懸念はない。
98
51
46
イソアミルアルコールIsoamyl Alcohol0 〜 3香料として使用の場合、現在の摂取量では安全性の懸念はない。
96
46
47
イソオイゲノールIsoeugenol現在の使用を認める香料として使用の場合、現在の摂取量では安全性の懸念はない。
2003
61
48
イソ吉草酸イソアミルIsoamyl Isovalerate現在の使用を認める香料として使用の場合、現在の摂取量では安全性の懸念はない。
96
46
49
イソ吉草酸エチルEthyl Isovalerate現在の使用を認める香料として使用の場合、現在の摂取量では安全性の懸念はない。
97
49
50
イソキノリンIsoquinoline現在の使用を認める現在の摂取量では安全性の懸念はない。
2004
63
51
イソチオシアン酸アリル (別名揮発ガイシ油)Allyl Isothiocyanate (Volatile Oil of Mustard)現在の使用を認める香料として使用の場合、現在の摂取量では安全性の懸念はない。
2005
65
52
イソバレルアルデヒドIsovaleraldehyde現在の使用を認める香料として使用の場合、現在の摂取量では安全性の懸念はない。
97
49
54
イソブタノールIsobutanol
(Isobutyl Alcohol)
現在の使用を認める香料として使用の場合、現在の摂取量では安全性の懸念はない。
97
49
56
イソプロパノールIsopropanol現在の使用を認める香料として使用の場合、現在の摂取量では安全性の懸念はない。
98
51
57
イソペンチルアミンIsopentylamine現在の使用を認める香料として使用の場合、現在の摂取量では安全性の懸念はない。
2005
65
59
5'−イノシン酸二ナトリウム(別名5'−イノシン酸ナトリウム)Disodium 5'-Inosinate特定しないイノシン酸並びにそのカルシウム,二カリウム及び二ナトリウム塩のGroup ADI。
93
41
63
g−ウンデカラクトン(別名ウンデカラクトン)gamma-Undecalactone0 〜 1.25現在の摂取量では安全性の懸念はない。1967年の会議で設定されたADIは第49回の会議(1997年)において継続された。
97
49
64
エステルガムGlycerol Ester of Wood Rosin0 〜 25 
96
46
66
2-エチル-3,5-ジメチルピラジン及び2-エチル-3,6-ジメチルピラジンの混合物2-Ethyl-3,(5or6)-dimethylpyrazine現在の使用を認める香料として使用の場合、現在の摂取量では安全性の懸念はない。
2001
57
67
エチルバニリン(別名エチルワニリン)Ethyl Vanillin0 〜 3香料として使用の場合、現在の摂取量では安全性の懸念はない。
2001
57
68
2-エチルピラジン2-Ethylpyrazine現在の使用を認める香料として使用の場合、現在の摂取量では安全性の懸念はない。
2001
57
69
3-エチルピリジン3-Ethylpyridine現在の使用を認める香料として使用の場合、現在の摂取量では安全性の懸念はない。
2004
63
70
2-エチル-3-メチルピラジン2-Ethyl-3-methylpyrazine現在の使用を認める香料として使用の場合、現在の摂取量では安全性の懸念はない。
2001
57
71
2-エチル-5-メチルピラジン2-Ethyl-5-methylpyrazine現在の使用を認める香料として使用の場合、現在の摂取量では安全性の懸念はない。
2001
57
72
2-エチル-6-メチルピラジン2-Ethyl-6-methylpyrazine現在の使用を認める香料として使用の場合、現在の摂取量では安全性の懸念はない。
2001
57
73
5-エチル-2-メチルピリジン5-Ethyl-2-methylpyridine現在の使用を認める香料として使用の場合、現在の摂取量では安全性の懸念はない。
2004
63
74
エチレンジアミン四酢酸カルシウムニナトリウム (別名EDTAカルシウムニナトリウム)Calcium Disodium Ethylenediaminetetraacetate0 〜 2.5EDTA CaNa2として。食品に EDTA Na2の残留がないこと。
73
17
75
エチレンジアミン四酢酸二ナトリウム(別名EDTA二ナトリウム)Disodium Ethylenediaminetetraacetate
77
エリソンビン酸(別名イソアスコルビン酸)Erythorbic Acid特定しない  
90
37
78
エリソルビン酸ナトリウム(別名イソアスコルビン酸ナトリウム)Sodium Erythorbate
80
塩化アンモニウムAmmonium Chloride制限しない塩酸並びにそのマグネシウム,ナトリウム及びアンモニウム塩のGroup ADI。
79
23
81
塩化カリウムPotassium Chloride制限しない塩酸並びにそのマグネシウム,カリウム及びアンモニウム塩のGroup ADI。
 
 
82
塩化カルシウムCalcium Chloride制限しない  
73
17
84
塩化マグネシウムMagnesium Chloride 制限しない塩酸並びにそのマグネシウム,ナトリウム及びアンモニウム塩のGroup ADI。
79
23
85
塩酸Hydrochloric Acid制限しない  
65
9
86
オイゲノールEugenol0 〜 2.5 
2005
65
87
オクタナール(別名オクチルアルデヒド又はカプリルアルデヒド)Octanal0 〜 0.1現在の摂取量では安全性の懸念はない。1984年の会議でノナナールとオクタナールのGroup ADIとして設定されたADIは,第49回会議(1997年) において継続された。香料として使用の場合、現在の摂取量では安全性の懸念はない。(2002年第59回会議)
97
49
88
オクタン酸エチル(別名カプリル酸エチル)Ethyl Octanoate
(Ethyl Caprylate)
現在の使用を認める香料として使用の場合、現在の摂取量では安全性の懸念はない。
96
46
89
オクテニルコハク酸デンプンナトリウムStarch Sodium Octenyl Succinate特定しない
82
26
90
オルトフェニルフェノールortho-Phenylphenol0 〜 0.4香料として使用の場合、現在の摂取量では安全性の懸念はない。
2000
55
90
オルトフェニルフェノールナトリウムSodium ortho-Phenylphenol0 〜 0.2
(条件つきで、0.2〜1.0)
オルトフェニルフェノールについては、WHO/FAO合同残留農薬専門家会議は1999年ADI 0 〜 0.4mg/kg を設定した。ナトリウム塩はこの限りではない。(FAO Plant Production & Protections Paper 153/162)
64
8
91
オレイン酸ナトリウムSalts of Oleic Acids (Calsium, Potassium, Sodium)特定しない1988年の会議で設定された“特定しない”は,第51回会議(1998年) において継続された。
88
33
92
過酸化水素Hydrogen Peroxide現在の使用を認める摂食時,抗菌洗浄水で処理した食品中の残存はわずかであり,安全性上の懸念はない。
2004
63
93
過酸化ベンゾイルBenzoyl Peroxide現在の使用を認めるホエイ処理時の最大濃度は100ppmで安全性上の懸念はない。認められる処理濃度:小麦粉処理については0〜40ppm、特別条件では40〜75ppm
2004
63
94
カゼインナトリウムSodium Caseinate制限しない食品と見なしてもよい。
70
14
95
過硫酸アンモニウムAmmonium persulfate許容処理濃度設定せず強力な酸化剤であることに注意。
65
9
96
カルボキシメチルセルロースカルシウム(別名繊維素グリコール酸カルシウム)Modified Celluloses特定しない加工セルロースであるエチルセルロース,エチルヒドロキシエチルセルロース,ヒドロキシプロピルセルロース,ヒドロキシプロピルメチルセルロース,メチルセルロース,メチルエチルセルロース,カルボキシメチルセルロースナトリウムの Group ADI。
89
35
97
カルボキシメチルセルロースナトリウム(別名繊維素グリコール酸ナトリウム)Sodium Carboxymethylcellulose
Modified Cellulose
98
b-カロテン(別名b-カロチン)b-Carotene (Synthetic)0〜5β‐カロテン,β‐アポ‐8’‐カロテナール,β‐アポ‐8’‐カロテン酸,メチル及びエチルエステルの合計カロテノイドのGroup ADI。
74
18
100
ギ酸イソアミルIsoamyl Formate現在の使用を認める香料として使用の場合、現在の摂取量では安全性の懸念はない。
2002
59
101
ギ酸ゲラニルGeranyl Formate現在の使用を認める香料として使用の場合、現在の摂取量では安全性の懸念はない。
2002
59
102
ギ酸シトロネリルCitronellyl Formate現在の使用を認める香料として使用の場合、現在の摂取量では安全性の懸念はない。
2002
59
103
キシリトール(別名キシリット)Xylitol特定しない  
83
27
104
5'-グアニル酸二ナトリウム(別名5'-グアニル酸ナトリウム)Disodium 5'-Guanylate特定しないグアニル酸並びにそのカルシウム,二ナトリウム及び二カリウム塩のGroup ADI。
93
41
105
クエン酸Citric Acid制限しないクエン酸並びにそのカルシウム,カリウム,ナトリウム及びアンモニウム塩のGroup ADI。
73
17
106
クエン酸イソプロピルIsopropyl Citrate Mixture
Citric Acid Mixed Ester of 2-Propanol
0 〜 14  
73
17
108
クエン酸一カリウム及びクエン酸三カリウムPotassium Dihydrogen Citrate
Tripotassium Citrate
制限しないクエン酸並びにそのカルシウム,カリウム,ナトリウム及びアンモニウム塩のGroup ADI。
79
23
109
クエン酸カルシウムCalcium Citrate制限しないクエン酸並びにそのカルシウム,カリウム,ナトリウム及びアンモニウム塩のGroup ADI。 
73
17
112
クエン酸鉄アンモニウムFerric Ammonium CitratePMTDI 0.8鉄及び鉄塩の暫定耐容最大一日摂取量。鉄として。
85
29
113
クエン酸三ナトリウム(別名クエン酸ナトリウム)Trisodium Citrate制限しないクエン酸並びにそのカルシウム,カリウム,ナトリウム及びアンモニウム塩のGroup ADI。 
73
17
114
グリシンGlycine現在の使用を認める香料として使用の場合、現在の摂取量では安全性の懸念はない。
2004
63
115
グリセリン(別名グリセロール)Glycerol特定しないグリセリン,グリセリン二酢酸エステル,グリセリン三酢酸エステル及びグリセリン一酢酸エステルの Group ADI。グリセリンの香料としての評価は終わっていない。
2002
59
116
グリセリン脂肪酸エステルAcetic and Fatty Acid Esters of Glycerol 制限しない食品添加物からの酒石酸の摂取量の合計量が30mg/kg を超えないときに限り、脂肪酸類、酢酸、クエン酸、乳酸及び酒石酸のグリセリンエステルの合計量として。
73
17
Citric and Fatty Acid Esters of Glycerol制限しない食品添加物からの酒石酸の摂取量の合計量が30mg/kg を超えないときに限り、脂肪酸類、酢酸、クエン酸、乳酸及び酒石酸のグリセリンエステルの合計量として。
73
17
Diacetyltartaric and Fatty Acid Esters of Glycerol (DATEM)0 〜 50 
2003
61
Glyceryl Monoacetate特定しないグリセリン,グリセリン二酢酸エステル,グリセリン三酢酸エステル及びグリセリン一酢酸エステルの Group ADI。
79
23
Glycerol Diacetate (Diacetin)特定しない 
76
20
Lactic and Fatty Acid Esters of Glycerol制限しない食品添加物からの酒石酸の摂取量の合計量が30mg/kg を超えないときに限り,脂肪酸類,クエン酸,乳酸及び酒石酸のグリセリンエステルの合計量として。
73
17
Mono- and Di-glycerides制限しない 
73
17
Polyglycerol Esters of Fatty Acids0 〜 25グリセリンの平均鎖長が3までのポリグリセリンの脂肪酸エステルに適用される。
89
35
Polyglycerol Esters of Interesterified ricinoleic acid0 〜 7.5  
73
17
Stearyl Monoglyceridyl citrate設定せず 
82
26
Sucinylated Monoglycerides設定せず 
82
26
Triacetin特定しない香料として使用の場合、現在の摂取量では安全性の懸念はない。
2002
59
119
グルコノデルタラクトン(別名グルコノラクトン)Glucono-delta-Lactone (Gluconolactone)特定しない
グルコノデルタラクトン,及びグルコン酸のカルシウム,マグネシウム,カリウム,ナトリウム塩のGroup ADI。
98
51
121
グルコン酸カリウムPotassium Gluconate
122
グルコン酸カルシウムCalcium Gluconate
123
グルコン酸第一鉄(別名グルコン酸鉄)Ferrous GluconatePMTDI 0.8鉄及び鉄塩の暫定耐容最大一日摂取量。鉄として。
87
31
124
グルコン酸ナトリウムSodium Gluconate特定しないグルコノデルタラクトン,及びグルコン酸のカルシウム,マグネシウム,カリウム,ナトリウム塩のGroup ADI。
98
51
126
L-グルタミン酸L-Glutamic Acid特定しないL-グルタミン酸並びにそのアンモニウム,カルシウム,マグネシウム,ナトリウム及び力リウム塩の Group ADI。香料として使用の場合、現在の摂取量では安全性の懸念はない。
2004
63
127
L-グルタミン酸アンモニウムMonoammonium L-Glutamate特定しないL-グルタミン酸並びにそのアンモニウム,カルシウム,マグネシウム,ナトリウム及び力リウム塩の Group ADI。
87
31
128
L-グルタミン酸カリウムMonopotassium L-Glutamate
129
L-グルタミン酸カルシウムCalcium Di-L-Glutamate
130
L-グルタミン酸ナトリウム(別名グルタミン酸ソーダ)Monosodium L-Glutamate
131
L-グルタミン酸マグネシウムMagnesium Di-L-Glutamate
132
ケイ酸カルシウムCalcium Silicate特定しない
85
29
133
ケイ酸マグネシウムMagnesium Silicate特定しない
82
26
134
ケイ皮酸Cinnamic Acid現在の使用を認める香料として使用の場合、現在の摂取量では安全性の懸念はない。
2000
55
135
ケイ皮酸エチルEthyl Cinnamate現在の使用を認める香料として使用の場合、現在の摂取量では安全性の懸念はない。
2000
55
136
ケイ皮酸メチルMethyl Cinnamate現在の使用を認める香料として使用の場合、現在の摂取量では安全性の懸念はない。
2000
55
138
ゲラニオールGeraniol現在の使用を認める香料として使用の場合、現在の摂取量では安全性の懸念はない。
2003
61
145
酢酸イソアミルIsoamyl Acetate0 〜 3現在の摂取量では安全性の懸念はない。1979年の会議でイソアミルアルコール,イソアミル酢酸,イソアミル酪酸のGroup ADIとして設定されたADI(イソアミルアルコールとして) は第46回会議(1996年) において継続された。
96
46
146
酢酸エチルEthyl Acetate0 〜 25現在の摂取量で安全性の懸念はない。1967年に設定されたADIは,第46回会議(1996年) において継続された。
96
46
147
酢酸カルシウムCalcium Acetate制限しない 
73
17
148
酢酸ゲラニルGeranyl Acetate0 〜 0.5現在の摂取量では安全性の懸念はない。シトラール,酢酸ゲラニル, シトロネロール及びリナルールのGroup ADIとして1979年に設定されたADIは第49回会議(1997年)において継続された。
97
49
149
酢酸シクロヘキシルCyclohexyl Acetate現在の使用を認める香料として使用の場合、現在の摂取量では安全性の懸念はない。
2002
59
150
酢酸シトロネリルCitronellyl Acetate現在の使用を認める香料として使用の場合、現在の摂取量では安全性の懸念はない。
2002
59
151
酢酸シンナミルCinnamyl Acetate現在の使用を認める香料として使用の場合、現在の摂取量では安全性の懸念はない。
2000
55
152
酢酸テルピニルTerpinyl Acetate現在の使用を認める香料として使用の場合、現在の摂取量では安全性の懸念はない。
98
51
153
酢酸デンプンStarch Acetate特定しない
82
26
154
酢酸ナトリウムSodium Acetate制限しない酢酸並びにそのカリウム及びナトリウム塩のGroup ADI。第49回会議(1997年)において継続された。
73
17
156
酢酸フェネチル(別名酢酸フェニルエチル)Phenethyl Acetate
(2-Phenylethyl Acetate)
現在の使用を認める香料として使用の場合、現在の摂取量では安全性の懸念はない。
2002
59
157
酢酸ブチルButyl Acetate現在の使用を認める香料として使用の場合、現在の摂取量では安全性の懸念はない。
97
49
158
酢酸ベンジルBenzyl Acetate0 〜 5ベンジルアルコール,ベンズアルデヒド,酢酸ベンジル,安息香酸,及び安息香酸のナトリウム,カリウム,カルシウム塩グループADI;安息香酸として。香料として使用の場合、現在の摂取量では安全性の懸念はない。
2001
57
159
酢酸l-メンチル(別名l-酢酸メンチル)Menthyl Acetate
(
p-Menthan-3-yl Acetate)
現在の使用を認める香料として使用の場合、現在の摂取量では安全性の懸念はない。
98
51
160
酢酸リナリルLinalyl Acetate0 〜 0.5現在の摂取量では安全性の懸念はない。シトラール,酢酸ゲラニル,シトロネロール,リナルール及び酢酸リナリルのGroup ADIとして1979年に設定されたADIは第51回会議(1998年)において継続された。
98
51
161
サッカリンSaccharin 0 〜 5
 
 
サッカリン並びにそのカルシウム,カリウム及びにナトリウム塩のGroup ADI。サッカリンとして。
 
 
93
 
 
41
 
 
162
サッカリンカルシウムCalcium Saccharin
163
サッカリンナトリウム(別名溶性サッカリン)Sodium Saccharin
164
サリチル酸メチルMethyl Salicylate0 〜 0.5香料として使用の場合、現在の摂取量では安全性の懸念はない。
2001
57
165
酸化カルシウムCalcium Oxide制限しない 
65
9
166
酸化デンプンOxidized Starch特定しない
82
26
167
酸化マグネシウムMagnesium Oxide制限しない 
65
9
168
三二酸化鉄(別名三酸化二鉄又はベンガラ)Iron Oxide Red0 〜 0.5 
79
23
173
2,3-ジエチル-5-メチルピラジン2,3-Diethyl-5-methylpyrazine現在の使用を認める香料として使用の場合、現在の摂取量では安全性の懸念はない。
2001
57
174
シクロヘキシルプロピオン酸アリルAllyl Cyclohexanepropionate現在の使用を認める香料として使用の場合、現在の摂取量では安全性の懸念はない。
96
46
177
シトラールCitral0 〜 0.51979年の会議で,シトラール,酢酸ゲラニル,シトロネロール,及びリナロールのGroup ADIとして設定された。ADIは第61回会議(2003年) において継続された。
2003
61
178
シトロネラールCitronellal現在の使用を認める香料として使用の場合、現在の摂取量では安全性の懸念はない。
2003
61
179
シトロネロールCitronellol0 〜 0.51979年の会議で,シトラール,酢酸ゲラニル,シトロネロール,及びリナロールのGroup ADIとして設定された。ADIは第61回会議(2003年) において継続された。
2003
61
180
1,8−シネオール(別名ユーカリプトール)1,8-Cineole
(Eucalyptol)
現在の使用を認める香料として使用の場合、現在の摂取量では安全性の懸念はない。
2003
61
181
ジフェニル(別名ビフェニル)Diphenyl0 〜 0.05
(条件つきで、0.05〜0.25)
 
64
8
182
ジブチルヒドロキシトルエンButylated Hydroxytoluene (BHT)0 〜 0.3 
95
44
189
2,3-ジメチルピラジン2,3-Dimethylpyrazine現在の使用を認める香料として使用の場合、現在の摂取量では安全性の懸念はない。
2001
57
190
2,5-ジメチルピラジン2,5-Dimethylpyrazine現在の使用を認める香料として使用の場合、現在の摂取量では安全性の懸念はない。
2001
57
191
2,6-ジメチルピラジン2,6-Dimethylpyrazine現在の使用を認める香料として使用の場合、現在の摂取量では安全性の懸念はない。
2001
57
192
2,6-ジメチルピリジン2,6-Dimethylpyridine現在の使用を認める香料として使用の場合、現在の摂取量では安全性の懸念はない。
2004
63
194
臭素酸カリウムPotassium Bromate小麦処理剤としての使用は適切でない1992年の決定は第44回会議(1995年)において継続された。
95
44
195
DL−酒石酸(別名dl−酒石酸)DL-Tartaric Acid設定せず 
77
21
196
L−酒石酸(別名d−酒石酸)L(+)-Tartaric Acid0 〜 30
 
L(+)-酒石酸として。L(+)-酒石酸並びにそのナトリウム,カリウム及びカリウムナトリウム塩のGroup ADI。
 
77
21
200
L−酒石酸ナトリウム(別名d−酒石酸ナトリウム)Sodium L(+)-Tartrate
73
17
201
硝酸カリウムPotassium Nitrate0 〜 3.7
 
硝酸イオンとして。このADI は全ての摂取起源由来を含むものであるが,3ヶ月未満の乳児には適用しない。
 
95
44
202
硝酸ナトリウムSodium Nitrate
 
 
203
食用赤色2号(別名アマランス)及びそのアルミニウムレーキAmaranth0 〜 0.5 
84
28
204
食用赤色3号(別名エリスロシン)及びそのアルミニウムレーキErythrosine0 〜 0.1 
90
37
205
食用赤色40号(別名アルラレッドAC)及びそのアルミニウムレーキAllura Red AC0 〜 7 
81
25
206
食用赤色102号(別名ニユーコクシン)Ponceau 4R (New Coccine)0 〜 4 
83
27
210
食用黄色4号(別名タートラジン)及びそのアルミニウムレーキTartrazine0 〜 7.5 
64
8
211
食用黄色5号(別名サンセットイエローFCF)及びそのアルミニウムレーキSunset Yellow FCF0 〜 2.5 
82
26
212
食用緑色3号(別名ファストグリーンFCF)及びそのアルミニウムレーキFast Green FCF0 〜 25 
86
30
213
食用青色1号(別名ブリリアントプルーFCF)及びそのアルミニウムレーキ及びそのアルミニウムレーキ(別名ブリリアントプル−FCFアルミニウムレーキ)0 〜 12.5 
69
13
214
食用青色2号(別名インジゴカルミン)及びそのアルミニウムレーキIndigotine0 〜 5 
74
18
215
ショ糖脂肪酸エステル
 
Sucrose Esters of Fatty Acids0 〜 30ショ糖脂肪酸エステル及びスクログリセリドのGroup ADI。
97
49
Sucrose Acetate Isobutylate0 〜 20 
96
46
216
シリコーン樹脂(別名ポリジメチルシロキサン)Polydimethylsiloxane0 〜 1.5この ADI は相対分子量範囲200‐300のものに限り適用される。2008年に提案された暫定ADI: 0 〜0.8 mg/体重/日は取り下げられ、0 〜 1.5mg/体重/日を設定。(2011年)
79
23
217
シンナミルアルコール(別名ケイ皮アルコール)Cinnamyl Alcohol
(Cinnamic Alcohols)
現在の使用を認める香料としての使用の場合、現在の摂取量では安全性の懸念はない。
2000
55
218
シンナムアルデヒド(別名ケイ皮アルデヒド)Cinnamaldehyde現在の使用を認める香料としての使用の場合、現在の摂取量では安全性の懸念はない。
2000
55
219
水酸化カリウム(別名カセイカリ)Potassium Hydroxide制限しない 
65
9
220
水酸化カルシウム(別名消石灰)Calcium Hydroxide制限しない 
65
9
221
水酸化ナトリウム(別名カセイソーダ)Sodium Hydroxide制限しない 
65
9
222
水酸化マグネシウムMagnesium Hydroxide制限しない
65
9
223
スクラロース(別名トリクロロガラクトスクロース) Sucralose (Trichlorogalactosucrose)0 〜 15 
90
37
224
ステアリン酸カルシウムCalcium Stearate特定しない
85
29
225
ステアリン酸マグネシウムMagnesium Stearate設定せず
85
29
226
ステアロイル乳酸カルシウム(別名ステアリル乳酸カルシウム)Calcium Stearoyl-2-Lactylate0 〜 20ステアロイル乳酸ナトリウム及びステアロイル乳酸カルシウムのGroup ADI。
73
17
227
ステアロイル乳酸ナトリウムSodium Stearoyl Lactylate  
 
 
228
ソルビタン脂肪酸エステル
 
 
 
 
Sorbitan Monolaurate0 〜 25
 
 
 
 
ラウリン酸, オレイン酸, パルミチン酸及びステアリン酸のソルビタンエステルのGroup ADI。
82
26
Sorbitan Monooleate
82
26
Sorbitan Monopalmitate
73
17
Sorbitan Monostearate
73
17
Sorbitan Tristearate
73
17
229
D−ソルビトール(別名D−ソルビット)Sorbitol特定しない 
82
26
230
ソルビン酸Sorbic Acid0 〜 25
 
 
ソルビン酸並びにそのカルシウム,カリウム及びナトリウム塩のGroup ADI;ソルビン酸として。
73
17
231
ソルビン酸カリウムPotassium Sorbate
232
ソルビン酸カルシウムCalcium Sorbate
233
炭酸アンモニウムAmmonium Carbonate特定しない 
82
26
234
炭酸カリウム(無水)Potassium Carbonate制限しない 
65
9
235
炭酸カルシウムCalcium Carbonate制限しない 
65
9
236
炭酸水素アンモニウム(別名重炭酸アンモニウム)Ammonium Hydrogen Carbonate特定しない 
82
26
237
炭酸水素ナトリウム(別名重炭酸ナトリウム又は重炭酸ソーダ)Sodium Hydrogen Carbonate制限しない 
65
9
238
炭酸ナトリウム(別名炭酸ソーダ、無水物の別名ソーダ灰)Sodium Carbonate制限しない 
65
9
239
炭酸マグネシウムMagnesium Carbonate制限しない 
65
9
240
チアベンダゾールTiabendazole0 〜 0.1(1992年)第58回会議(2002年)において,急生RfD(acute reference dose)0.1mg/kg 体重が設定された。第40回会議(1992年)において勧告されたMRLs は再考されず,継続された。
2002
58
241
チアミン塩酸塩(別名ビタミンB1塩酸塩)Thiamine Hydrochloride
(Vitamin B1 Hydrochloride)
現在の使用を認める香料として使用の場合、現在の摂取量では安全性の懸念はない。
2002
59
250
デカナール(別名デシルアルデヒド)Decanal現在の使用を認める香料として使用の場合、現在の摂取量では安全性の懸念はない。
2002
59
251
デカノール(別名デシルアルコール)1-Decanol
(Decyl Alcohol)
現在の使用を認める香料として使用の場合、現在の摂取量では安全性の懸念はない。
97
49
252
デカン酸エチル(別名カプリン酸エチル)Ethyl Decanoate
(Ethyl Caprate)
現在の使用を認める香料として使用の場合、現在の摂取量では安全性の懸念はない。
96
46
254
5,6,7,8-テトラヒドロキノキサリン5,6,7,8-Tetrahydroquinoxaline現在の使用を認める香料として使用の場合、現在の摂取量では安全性の懸念はない。
2001
57
255
2,3,5,6-テトラメチルピラジン2,3,5,6-Tetramethylpyrazine現在の使用を認める香料として使用の場合、現在の摂取量では安全性の懸念はない。
2001
57
257
テルピネオールTerpineol
(4-Carvomenthenol)
現在の使用を認める香料として使用の場合、現在の摂取量では安全性の懸念はない。
98
51
259
デンプングリコール酸ナトリウムModified Starches
Monostarch Phosphate
特定しない
82
26
260
銅塩類(グルコン酸銅及び硫酸銅に限る。)Cupric Sulfate設定せず最大許容1日摂取量 0.5(Cuとして)
73
17
261
銅クロロフィリンナトリウムChlorophyllins, Copper Complexes, Sodium and Potassium Salts0 〜 15
78
22
262
銅クロロフィル
69
13
263
dl−a−トコフェロールdl-a-Tocopherol0.15 〜 2dl-a-トコフェロール及びdl-a-トコフェロール濃縮物の Group ADI。
86
30
268
トリメチルアミンTrimethylamine現在の使用を認める香料として使用の場合、現在の摂取量では安全性の懸念はない。
2005
65
269
2,3,5-トリメチルピラジン2,3,5-Trimethylpyrazine現在の使用を認める香料として使用の場合、現在の摂取量では安全性の懸念はない。
2001
57
272
ナイシンNisin0 〜 33000 units/kgbw
68
12
273
ナタマイシン(別名ピマリシン)Natamycin0 〜 0.3
(1976年)
2006
67
277
二酸化硫黄(別名無水亜硫酸)Sulfur Dioxide0 〜 0.7二酸化硫黄,ピロ亜硫酸ナトリウム,メタ亜硫酸カリウム,亜硫酸ナトリウム,亜硫酸マグネシウム,亜硫酸水素ナトリウム,亜硫酸水素カリウム,チオ硫酸ナトリウム,亜硫酸水素カルシウム,メタ亜硫酸水素カルシウム,及び,亜硫酸カルシウムのグループADI。二酸化硫黄として計算。
98
51
278
二酸化塩素Chlorine Dioxide処理濃度:0 〜 30ppm(条件つきで, 30〜75) 
63
7
279
二酸化ケイ素(別名シリカゲル)Silicon Dioxide, Amorphous特定しない二酸化ケイ素,ケイ酸アルミニウム,ケイ酸カルシウム,ケイ酸カルシウムアルミニウム及びアルミノケイ酸ナトリウムのGroup ADI。
85
29
280
二酸化炭素(別名炭酸ガス)Carbon Dioxide特定しない 
85
29
281
二酸化チタン  Titanium Dioxide制限しない 
69
13
282
乳酸Lactic Acid制限しない(1973年)乳酸とそのナトリウム,カリウム,カルシウム,マグネシウム塩,及びエチルエステルのGroupADI。D(-)-乳酸又はDL-乳酸及びその塩類は乳児食に使用しないこと。香料として使用の場合、現在の摂取量では安全性の懸念はない。
2001
57
283
乳酸カリウムPotassium Lactate制限しない乳酸とそのナトリウム,カリウム,カルシウム,マグネシウム塩,及びエチルエステルのGroupADI。D(-)-又はDL-乳酸及びその塩類は乳児食に使用しないこと。
74
18
284
乳酸カルシウムCalcium Lactate
285
乳酸鉄Ferrous LactatePMTDI 0.8鉄及び鉄塩の暫定耐容最大一日摂取量。鉄として。
89
35
286
乳酸ナトリウムSodium Lactate (Solution)制限しない 
74
18
287
ネオテームNeotame0 〜 2 
2003
61
288
g−ノナラクトン(別名ノナラクトン)g-Nonalactone0 〜 1.25
(1967年)
現在の摂取量では安全性の懸念はない。1967年の会議で設定されたADIは第49回会議(1997年)において継続された。
97
43
289
ノルビキシンカリウムPotassium Norbixin0 〜 0.6ノルビキシンとして。
2006
67
290
ノルビキシンナトリウムSodium Norbixin
291
バニリン(別名ワニリン)Vanillin0 〜 10香料として使用の場合、現在の摂取量では安全性の懸念はない。
2001
57
294
パラオキシ安息香酸エチル(別名パラヒドロキシ安息香酸エチル)Ethyl p-Hydroxybenzoate0 〜 10パラオキシ安息香酸のエチル及びメチルエステルの Group ADI。パラオキシ安息香酸プロピルは雄ラット生殖器への悪影響が懸念され、Group ADIから除外された。
2006
67
295
パラオキシ安息香酸ブチル(別名パラヒドロキシ安息香酸ブチル)Butyl p-Hydroxybenzoate現在の使用を認める 
2002
59
296
パラオキシ安息香酸プロピル(別名パラヒドロキシ安息杏香酸プロピル)Propyl p-Hydroxybenzoate削除パラオキシ安息香酸プロピルは雄ラット生殖器への悪影響が考慮され、パラベン類のGroup ADIから除外された。第17回会議(1973年)において設定されたパラオキシ安息香酸のエチル、メチル及びプロピルエステルの Group ADIが変更された。
2006
67
297
パラメチルアセトフェノンp-Methylacetophenone
(4-Methylacetophenone)
現在の使用を認める香料として使用の場合、現在の摂取量では安全性の懸念はない。
2001
57
299
バレルアルデヒドValeraldehyde現在の使用を認める香料として使用の場合、現在の摂取量では安全性の懸念はない。
97
49
307
ヒドロキシシトロネラールHydroxycitronellal現在の使用を認める香料として使用の場合、現在の摂取量では安全性の懸念はない。
99
53
308
ヒドロキシシトロネラールジメチルアセタールHydroxycitronellal Dimethyl Acetal現在の使用を認める香料として使用の場合、現在の摂取量では安全性の懸念はない。
99
53
309
ヒドロキシプロピル化リン酸架橋デンプンHydroxypropyl Distarch Phosphate特定しない
82
26
310
ヒドロキシプロピルセルロースHydroxypropyl Cellulose特定しない加工セルロースであるエチルセルロース,エチルヒドロキシエチルセルロース,ヒドロキシプロピルセルロース,ヒドロキシプロピルメチルセルロース,メチルセルロース,メチルエチルセルロース,カルボキシメチルセルロースナトリウム,及び架橋カルボキシメチルセルロースナトリウムのGroupADI。
89
35
311
ヒドロキシプロピルデンプンHydroxypropyl Starch特定しない
82
26
312
ヒドロキシプロピルメチルセルロースHydroxypropylmethyl Cellulose特定しない加工セルロースであるエチルセルロース,エチルヒドロキシエチルセルロース,ヒドロキシプロピルセルロース,ヒドロキシプロピルメチルセルロース,メチルセルロース,メチルエチルセルロース,カルボキシメチルセルロースナトリウム,及び架橋カルボキシメチルセルロースナトリウムのGroupADI。
89
35
313
ピペリジンPiperidine現在の使用を認める香料として使用の場合、現在の摂取量では安全性の懸念はない。
2005
65
314
ピペロナール(別名へリオトロピン)Piperonal0 〜2.5香料として使用の場合、現在の摂取量では安全性の懸念はない。
2001
57
317
氷酢酸Acetic Acid現在の使用を認める
2004
63
318
ピラジンPyrazine現在の使用を認める香料として使用の場合、現在の摂取量では安全性の懸念はない。
2001
57
321
ピロ亜硫酸カリウム(別名亜硫酸水素カリウム又はメタ重亜硫酸カリウム)Potassium Hydrogen Sulfite (Potassium Bisulfite)0 〜 0.7二酸化硫黄,ピロ亜硫酸ナトリウム,メタ亜硫酸カリウム,亜硫酸ナトリウム,亜硫酸マグネシウム,亜硫酸水素ナトリウム,亜硫酸水素カリウム,チオ硫酸ナトリウム,亜硫酸水素カルシウム,メタ亜硫酸水素カルシウム,及び,亜硫酸カルシウムのグループADI。二酸化硫黄として計算。
98
51
Potassium Metabisulfite (Potassium Pyrosulfite)
322
ピロ亜硫酸ナトリウム(別名亜硫酸水素ナトリウム、メタ重亜硫酸ナトリウム又は酸性亜硫酸ソーダ)  Sodium Hydrogen Sulfite
Sodium Metabisulfite
323
ピロリジンPyrrolidine現在の使用を認める香料として使用の場合、現在の摂取量では安全性の懸念はない。
2005
65
324
ピロリン酸四カリウム(別名ピロリン酸カリウム)Tetrapotassium PyrophosphateMTDI 70
(天然食品由来を含め全ての摂取源からのリンとして。)
82
26
325
ピロリン酸二水素カルシウム(別名酸性ピロリン酸カルシウム)Calcium Dihydrogen Pyrophosphate
(Acid Calcium Pyrophosphate)
MTDI 70リン酸塩類,二リン酸塩類及びポリリン酸塩類のMTDIに含めるものとする。
2001
57
326
ピロリン酸二水素二ナトリウム(別名酸性ピロリン酸ナトリウム)Disodium Dihydrogen Pyrophosphate
(Acid Disodium Pyrophosphate)
MTDI 70
(天然食品由来を含め全ての摂取源からのリンとして。)
82
26
328
ピロリン酸四ナトリウム(別名ピロリン酸ナトリウム)Tetrasodium Pyrophosphate
329
ピロールPyrrole現在の使用を認める香料として使用の場合、現在の摂取量では安全性の懸念はない。
2004
63
331
フェニル酢酸イソアミルIsoamyl Phenylacetate現在の使用を認める香料として使用の場合、現在の摂取量では安全性の懸念はない。
2002
59
332
フェニル酢酸イソブチルIsobutyl Phenylacetate現在の使用を認める香料として使用の場合、現在の摂取量では安全性の懸念はない。
2002
59
333
フェニル酢酸エチルEthyl Phenylacetate現在の使用を認める香料として使用の場合、現在の摂取量では安全性の懸念はない。
2002
59
334
2-(3-フェニルプロピル)ピリジン2-(3-Phenylpropyl)pyridine現在の使用を認める香料として使用の場合、現在の摂取量では安全性の懸念はない。
2004
63
335
フェネチルアミンPhenethylamine現在の使用を認める香料として使用の場合、現在の摂取量では安全性の懸念はない。
2005
65
338
フェロシアン化物 Ferrocyanides0 〜 0.025フェロシアン化ナトリウムとして計算する
74
18
 フェロシアン化カリウム (別名ヘキサシアノ鉄(II)酸カリウム) Potassium Ferrocyanide
 フェロシアン化カルシウム (別名ヘキサシアノ鉄(II)酸カルシウム) Calsium Ferrocyanide
 フェロシアン化ナトリウム (別名ヘキサシアノ鉄(II)酸ナトリウム) Sodium Ferrocyanide
339
ブタノールButyl Alcohol
(1-Butanol)
現在の使用を認める香料として使用の場合、現在の摂取量では安全性の懸念はない。
97
49
340
ブチルアミンButylamine現在の使用を認める香料として使用の場合、現在の摂取量では安全性の懸念はない。
2005
65
341
ブチルアルデヒドButyraldehyde現在の使用を認める香料として使用の場合、現在の摂取量では安全性の懸念はない。
97
49
342
ブチルヒドロキシアニソールButylated Hydroxyanisole
(BHA)
0 〜 0.5
88
33
343
フマル酸Fumaric Acid特定しないフマル酸とその塩類のGroup ADI。1989年のADIが第53回会議(1999年)において継続された。
99
53
344
フマル酸一ナトリウム(別名フマル酸ナトリウム)Monosodium Fumarate(1989年) 
 
 
346
フルフラール及びその誘導体(ただし、毒性が激しいと一般に認められるものを除く。)Furfural0 〜 0.5furfural,furfuryl alcohol,furfuryl acetate,furfuryl propionate,furfuryl pentanoate,furfuryl octanoate,furfuryl 3‐methylbutanoate,methyl 2‐furoate,propyl 2‐furoate,amyl 2‐furoate,hexyl 2 ‐furoate,octyl 2‐furoateのGroup ADI。
2000
55
Furfuryl Alcohol
Furfuryl Acetate
Furfuryl Propionate
Furfuryl Pentanoate
Furfuryl Octanoate
Furfuryl 3-Methylbutanoate
Methyl 2-Furoate
Propyl 2-Furoate
Amyl 2-Furoate
Hexyl 2-Furoate
Octyl 2-Furoate
347
プロパノールPropyl Alcohol
(1-Propanol,
n-Propanol)
現在の使用を認める香料として使用の場合、現在の摂取量では安全性の懸念はない。
97
49
348
プロピオンアルデヒドPropionaldehyde現在の使用を認める香料として使用の場合、現在の摂取量では安全性の懸念はない。
97
49
349
プロピオン酸Propionic Acid制限しない香料として使用の場合、現在の摂取量では安全性の懸念はない。プロピオン酸及びそのカルシウム、カリウム、ナトリウム塩のGroup ADI。1973年の会議で設定されたGroup ADIは、第49回の会議(1997年)において継続された。
97
49
350
プロピオン酸イソアミルIsoamyl Propionate現在の使用を認める香料として使用の場合、現在の摂取量では安全性の懸念はない。
96
46
351
プロピオン酸エチルEthyl Propionate現在の使用を認める香料として使用の場合、現在の摂取量では安全性の懸念はない。
96
46
352
プロピオン酸カルシウムCalcium Propionate制限しない第49回会議(1997年)にて,プロピオン酸及びそのカルシウム,カリウム,ナトリウム塩のGroup ADI とされた。
73
17
353
プロピオン酸ナトリウムSodium Propionate制限しない香料として使用される場合,現在の摂取量には安全性上の懸念はない。第17回会議(1973年)においてプロビオン酸とそのカルシウム,カリウム,ナトリウム塩に対して設定されたADI“制限しない”は,第49回会議(1997年)において再検討され継続された。
73
17
354
プロピオン酸ベンジルBenzyl Propionate現在の使用を認める香料として使用の場合、現在の摂取量では安全性の懸念はない。
2001
57
355
プロピレングリコールPropylene Glycol0 〜 25
(1973年)
 
2002
59
356
プロピレングリコール脂肪酸エステルPropylene Glycol Esters of Fatty Acids0 〜 25プロピレングリコールとして。
73
17
357
へキサン酸(別名カプロン酸)Hexanoic Acid現在の使用を認める香料として使用の場合、現在の摂取量では安全性の懸念はない。
97
49
358
へキサン酸アリル(別名カプロン酸アリル)Allyl Hexanoate0 〜0.13現在の摂取量で安全性の懸念はない。1990年の会議で設定されたADIは、第46回会議(1996年)において継続された。ADIは、アリルアルコールのADI 0〜0.05mg/kg(ヘプタン酸アリル及びイソ吉草酸アリルのGroupADI)に相当する。
96
46
359
へキサン酸エチル(別名カプロン酸エチル)Ethyl Hexanoate現在の使用を認める香料として使用の場合、現在の摂取量では安全性の懸念はない。
96
46
360
へプタン酸エチル(別名エナント酸エチル)Ethyl Heptanoate0 〜 2.5現在の摂取量で安全性の懸念はない。1979年に設定されたADIは第46回会議(1996年)において継続された。
96
46
361
l−ペリルアルデヒド(別名l−ペリラアルデヒド)p-Mentha-1,8-Dien-7-al
(Perillaldehyde)
現在の使用を認める香料として使用の場合、現在の摂取量では安全性の懸念はない。
2002
59
362
ベンジルアルコールBenzyl Alcohol0 〜 5ベンジルアルコール,ベンズアルデヒド,酢酸ベンジル, 安息香酸,及び安息香酸のナトリウム,カリウム,カルシウム塩グループADI;安息香酸として。
2001
57
363
ベンズアルデヒドBenzaldehyde 香料として使用の場合、現在の摂取量では安全性の懸念はない。
 
 
364
2-ペンタノール(別名sec-アミルアルコール)2-Pentanol
(sec-Amylalcohol)
現在の使用を認める香料として使用の場合、現在の摂取量では安全性の懸念はない。
98
51
365
trans−2−ペンテナール2-Pentenal現在の使用を認める香料として使用の場合、現在の摂取量では安全性の懸念はない。
2004
63
366
1-ペンテン-3-オール1-Penten-3-ol現在の使用を認める香料として使用の場合、現在の摂取量では安全性の懸念はない。
2002
59
369
没食子酸プロピルPropyl Gallate0 〜 1.4 
96
46
372
ポリソルベート20Polysorbate 200 〜 25ポリソルベートのGroup ADI。ポリソルベート(20)ソルビタンエステルの合計として。
73
19
373
ポリソルベート60Polysorbate 60  
 
 
374
ポリソルベート65Polysorbate 65  
 
 
375
ポリソルベート80Polysorbate 80  
 
 
377
ポリビニルポリピロリドンInsoluble Polyvinylpyrrolidone特定しない 
83
27
379
ポリリン酸カリウムPentapotassium TriphosphateMTDI 70
(天然食品由来を含め全ての摂取源からのリンとして。)
全ての摂取源からのリンのGroup MTDI;Pとして。
82
26
380
ポリリン酸ナトリウムPentasodium Triphosphate
381
d−ボルネオールBorneol現在の使用を認める香料として使用の場合、現在の摂取量では安全性の懸念はない。
2004
63
382
マルトールMaltol0 〜 1 
2005
65
383
D−マンニトール(別名D−マンニット)Mannitol特定しない 
86
30
384
メタリン酸カリウムPotassium MetaphosphateMTDI 70
(天然食品由来を含め全ての摂取源からのリンとして。)
 
82
26
385
メタリン酸ナトリウムSodium Metaphosphates, Glassy
386
DL−メチオニンDL-Methionine現在の使用を認める香料として使用の場合、現在の摂取量では安全性の懸念はない。
2004
63
388
N−メチルアントラニル酸メチル(別名N−メチルアンスラニル酸メチル)Methyl N-Methylanthranilate0 〜 0.2 
2005
65
389
5-メチルキノキサリン5-Methylquinoxaline現在の使用を認める香料として使用の場合、現在の摂取量では安全性の懸念はない。
2001
57
390
6-メチルキノリン6-Methylquinoline現在の使用を認める香料として使用の場合、現在の摂取量では安全性の懸念はない。
2004
63
391
5-メチル-6,7-ジヒドロ-5H-シクロペンタピラジン5-Methyl-6,7-dihydro-5H-cyclopentapyrazine現在の使用を認める香料として使用の場合、現在の摂取量では安全性の懸念はない。
2001
57
392
メチルセルロースMethyl Cellulose特定しない加工セルロースであるエチルセルロース、エチルヒドロキシエチルセルロース、ヒドロキシプロピルセルロース、ヒドロキシプロピルメチルセルロース、メチルセルロース、メチルエチルセルロース、カルボキシメチルセルロースナトリウムの Group ADI。
89
35
Modified Celluloses
394
メチルβ-ナフチルケトンMethyl beta-Naphthyl Ketone現在の使用を認める香料として使用の場合、現在の摂取量では安全性の懸念はない。
2001
57
395
2-メチルピラジン2-Methylpyrazine現在の使用を認める香料として使用の場合、現在の摂取量では安全性の懸念はない。
2001
57
396
2-メチルブタノール2-Methylbutanol現在の使用を認める香料として使用の場合、現在の摂取量では安全性の懸念はない。
2008
69
397
3-メチル-2-ブタノール3-Methyl-2-butanol現在の使用を認める香料として使用の場合、現在の摂取量では安全性の懸念はない。
98
51
398
2-メチルブチルアルデヒド2-Methylbutyraldehyde現在の使用を認める香料として使用の場合、現在の摂取量では安全性の懸念はない。
97
49
399
trans-2-メチル-2-ブテナール2-Methyl-2-butenal現在の使用を認める香料として使用の場合、現在の摂取量では安全性の懸念はない。
2003
61
400
3-メチル-2-ブテナール3-Methyl-2-butenal現在の使用を認める香料として使用の場合、現在の摂取量では安全性の懸念はない。
2003
61
401
3-メチル-2-ブテノール3-Methyl-2-butenol現在の使用を認める香料として使用の場合、現在の摂取量では安全性の懸念はない。
2003
61
403
dl−メントール(別名dl−ハッカ脳)Menthol0 〜 4香料として使用の場合、現在の摂取量では安全性の懸念はない。
98
51
407
 酪酸 Butyric Acid 現在の使用を認める 香料として使用の場合、現在の摂取量
では安全性の懸念はない。
97
49
408
酪酸イソアミルIsoamyl Butyrate0 〜 3現在の摂取量では安全性の懸念はない。1979年の会議でイソアミルアルコール,イソアミル酢酸,イソアミル酪酸のGroup ADIとして設定されたADI(イソアミルアルコールとして) は第46回会議(1996年) において継続された。
96
46
409
酪酸エチルEthyl Butyrate0 〜 15現在の摂取量で安全性の懸念はない。1967年に設定されたADIは第46回会議(1996年)において継続された。
96
46
410
酪酸シクロヘキシルCyclohexyl Butyrate現在の使用を認める香料として使用の場合、現在の摂取量では安全性の懸念はない。
2002
59
411
酪酸ブチルButyl Butyrate現在の使用を認める香料としての使用の場合、現在の摂取量では安全性の懸念はない
97
49
416
リナロオール(別名リナロール)Linalool0 〜 0.5現在の摂取量では安全性の懸念はない。酢酸ゲラニール、シトラール、リナロオール、シトロネロール及びリナルール、酢酸リナリルのGroup ADIとして1979年に設定されたADIは、第51回会議(1998年)及び第61回会議(2003年)において継続された。
98
49
417
5'−リボヌクレオチドカルシウム(別名5'−リボヌクレオタイドカルシウム)Calcium 5'-Ribonucleotides特定しない
74
18
418
5'−リボヌクレオチドニナトリウム(別名5'−リボヌクレオタイドナトリウム又は5'−リボヌクレオチドナトリウム)Disodium 5'-Ribonucleotides
419
リボフラビン(別名ビタミンB2Riboflavin0 〜 0.5合成リボフラビン及びリボフラビン 5'-リン酸塩のGroup ADI。
81
25
421
リボフラビン5'−リン酸エステルナトリウム(別名リボフラビンリン酸エステルナトリウム又はビタミンB2リン酸エステルナトリウム)Riboflavin 5'-Phosphate Sodium 
423
硫酸アルミニウムアンモニウム(結晶物の場合にあっては別名アンモニウムミョウバン、乾燥物の場合にあっては別名焼アンモニウムミョウバン)Aluminium Ammonium SulfatePTWI 7アルミニウム及びその塩のGroup PTWI;Alとして。 アルミニウム塩の食品添加物用途を含む。
88
33
424
硫酸アルミニウムカリウム(結晶物の場合にあっては別名ミョウバン又はカリミョウバン、乾燥物の場合にあっては別名焼ミョウバン)Aluminium Potassium Sulfate設定せず 
78
22
426
硫酸カリウムPotassium Sulfate特定しない 
85
29
427
硫酸カルシウムCalcium Sulfate制限しない 
73
17
429
硫酸ナトリウムSodium Sulfate特定しない 
2001
57
430
硫酸マグネシウムMagnesium Sulfate特定しない
2007
68
431
DL−リンゴ酸(別名dl−リンゴ酸)DL-Malic Acid特定しないリンゴ酸並びにそのナトリウム,カリウム及びカルシウム塩の Group ADI。DL−リンゴ酸については、このADIは幼児には適用しない。
69
13
432
DL−リンゴ酸ナトリウム(別名dl−リンゴ酸ナトリウム)Sodium DL-Malate特定しないリンゴ酸並びにそのナトリウム,カリウム及びカルシウム塩の Group ADI。DL−リンゴ酸については、このADIは幼児には適用しない。
79
23
433
リン酸Phosphoric AcidMTDI 70
(天然食品由来を含め全ての摂取源からのリンとして。)
 
82
26
434
リン酸架橋デンプンDistarch Phosphate特定しない
82
26
435
リン酸化デンプンMonostarch Phosphate特定しない
82
26
436
リン酸三カリウム(別名第三リン酸カリウム)Tripotassium PhosphateMTDI 70
(天然食品由来を含め全ての摂取源からのリンとして。)
82
26
437
リン酸三カルシウム(別名第三リン酸カルシウム)Tricalcium Phosphate
438
リン酸三マグネシウム(別名第三リン酸マグネシウム)Trimagnesium Phosphate
439
リン酸水素二アンモニウム(別名リン酸二アンモニウム)Diammonium Hydrogen Phosphate
440
リン酸二水素アンモニウム(別名リン酸一アンモニウム)Ammonium Dihydrogen PhosphateMTDI 70
(天然食品由来を含め全ての摂取源からのリンとして。)
83
27
441
リン酸水素二カリウム(別名リン酸二カリウム)Dipotassium Hydrogen PhosphateMTDI 70
(天然食品由来を含め全ての摂取源からのリンとして。)
82
26
442
リン酸二水素カリウム(別名リン酸一カリウム)Potassium Dihydrogen Phosphate
443
リン酸一水素カルシウム(別名第二リン酸カルシウム)Calcium Hydrogen PhosphateMTDI 70
(天然食品由来を含め全ての摂取源からのリンとして。)
このMTDIは栄養的にカルシウム摂取が適切な場合に適用される。カルシウム摂取量が多い場合はリンの摂取量は多くても良く,一方逆の場合は逆のことが当てはまる。
82
26
444
リン酸二水素カルシウム(別名第一リン酸カルシウム)Calcium Dihydrogen Phosphate
445
リン酸水素二ナトリウム(別名リン酸二ナトリウム)Disodium Hydrogen PhosphateMTDI 70
(天然食品由来を含め全ての摂取源からのリンとして。)

 
82
26
446
リン酸二水素ナトリウム(別名リン酸一ナトリウム)Sodium Dihydrogen Phosphate
447
リン酸一水素マグネシウムMagnesium Phosphate, Dibasic
448
リン酸三ナトリウム(別名第三リン酸ナトリウム)Trisodium Phosphate
449
リン酸モノエステル化リン酸架橋デンプンPhosphated Distarch Phosphate特定しない
82
26
(更新日:平成26年6月3日)