食品添加物リスト

 

平成29年06月26日

 

 

添加物使用基準リスト

 

添加物一般の使用基準

1. 別に既定するもののほか、添加物の製剤に含まれる原料たる添加物について、使用基準が定められている場合は、当該添加物の使用基準を当該製剤の使用基準とみなす。

2. 次の表の第1欄に掲げる添加物を含む第2欄に掲げる食品を、第3欄に掲げる食品の製造又は加工の過程で使用する場合は、それぞれ第1欄に掲げる添加物を第3欄に掲げる食品に使用するものとみなす。

第1欄第2欄第3欄
亜硫酸ナトリウム、次亜硫酸ナトリウム、二酸化硫黄、ピロ亜硫酸力リウム及びピロ亜硫酸ナトリウム(以下「亜硫酸塩等」という。) 甘納豆、えび、果実酒、乾燥果実(干しぶどうを除く。)、乾燥じゃがいも、かんぴょう、キャンデッドチェリー(除核したさくらんぼを砂糖漬にしたもの又はこれに砂糖の結晶を付けたもの若しくはこれをシロップ漬にしたものをいう。)、5倍以上に希釈して飲用に供する天然果汁、コンニャク粉、雑酒、ゼラチン、ディジョンマスタード、糖化用タピオ力でんぷん、糖蜜、煮豆、水あめ及び冷凍生かに 第2欄に掲げる食品以外の食品
サッカリンナトリウム
サッカリンカルシウム
フラワーペースト類(小麦粉、でん粉、ナッツ類若しくはその加工品、ココア、チョコレート、コーヒー、果肉又は果汁を主要原料とし、これに砂糖、油脂、粉乳、卵、小麦粉等を加え、加熱殺菌してペースト状とし、パン又は菓子に充てん又は塗布して食用に供するものをいう) 菓子
ソルビン酸、ソルビン酸カリウム及びソルビン酸カルシウム みそ みそ漬の漬物
すべての添加物 すべての食品 乳及び乳製品の成分規格等に関する省令(昭和26年厚生省令第52号)第2条に規定する乳、乳製品(アイスクリーム類を除く)

(平成28年9月26日改正まで記載)


各添加物の使用基準及び保存基準 (平成29年6月23日改正まで記載)
(厚生省告示第370号 食品、添加物等の規格基準より抜粋) 使用基準(H29.06.23)

(注)記載のない場合は対象食品の規制はない。

品名 分類 使用基準
使用できる食品等* 使用量等の最大限度 使用制限
亜塩素酸水 殺菌料 精米
豆類
野菜(きのこ類を除く)
果実
海藻類
鮮魚介類(鯨肉を含む)
食肉
食肉製品
鯨肉製品
上記食品の保存品
0.40g/kg浸漬液又は噴霧液 最終食品の完成前に分解し、又は除去すること



保存品とは塩蔵、乾燥その他の方法により保存したもの
亜塩素酸ナトリウム 漂白剤
殺菌料
かんきつ類果皮(菓子製造に用いるものに限る)
さくらんぼ
ふき
ぶどう
もも
最終食品の完成前に分解、又は除去すること
かずのこの加工品(干しかずのこ及び冷凍かずのこを除く。)
生食用野菜類
卵類(卵殻の部分に限る。)
0.50g/kg浸漬液
食肉、食肉製品 0.50~1.20g/kg浸漬液又は噴霧液 pH2.3~2.9の浸漬液又は噴霧液を30秒以内で使用しなければならない。
最終食品の完成前に分解、又は除去すること
亜酸化窒素 製造用剤 ホイップクリーム類(乳脂肪分を主成分とする食品又は乳脂肪代替食品を主要原料として泡立てたものをいう。)
アジピン酸 酸味料
亜硝酸ナトリウム 発色剤 亜硝酸根としての最大残存量
食肉製品
鯨肉ベーコン
0.070g/kg
魚肉ソーセージ
魚肉ハム
0.050g/kg
いくら
すじこ
たらこ
0.0050g/kg
L-アスコルビン酸 強化剤
酸化防止剤
L-アスコルビン酸2-グルコシド 強化剤      
L-アスコルビン酸ステアリン酸エステル 強化剤
酸化防止剤
 
L-アスコルビン酸ナトリウム
L-アスコルビン酸パルミチン酸エステル
アスパラギナーゼ 製造用剤
L-アスパラギン酸ナトリウム 調味料
強化剤
アスパルテーム 甘味料
アセスルファムカリウム 甘味料 砂糖代替食品 15g/kg 特別の用途表示の許可又は承認を受けた場合はこの限りではない
チューインガム 5.0g/kg
あん類
菓子(除チューインガム)
生菓子
2.5g/kg
アイスクリーム類
ジャム類
たれ
漬物
氷菓
フラワーペースト
1.0g/kg
栄養機能食品(錠剤に限る) 6.0g/kg
果実酒、雑酒
清涼飲料水
乳飲料
乳酸菌飲料
はっ酵乳
(希釈して飲用に供する飲料水は、希釈後の飲料水)
0.50g/kg
その他の食品 0.35g/kg
アセチル化アジピン酸架橋デンプン 糊料
アセチル化酸化デンプン
アセチル化リン酸架橋デンプン
アセトアルデヒド 香料 着香の目的以外の使用不可
アセト酢酸エチル
アセトフェノン
アセトン 製造用剤 ガラナ豆
油脂
ガラナ飲料を製造する際のガラナ豆の成分を抽出する目的及び油脂の成分を分別する目的に限る。
最終食品の完成前に除去すること
亜セレン酸ナトリウム 強化剤 調整粉乳             母乳代替食品  母乳代替食品に使用する場合は、その100kcalにつき、セレンとして5.5μgを超える量を含有しないように使用しなければならない。
アゾキシストロビン 防かび剤 かんきつ類(みかんを除く) 0.010g/kg(最大残存量)
アドバンテーム 甘味料    
アニスアルデヒド 香料 着香の目的以外の使用不可
β-アポ-8'-カロテナール 着色料 こんぶ類、食肉、鮮魚介類(鯨肉を含む)、茶、のり類、豆類、野菜及びわかめ類に使用してはならない。
(3-アミノ-3-カルボキシプロピル)ジメチルスルホニウム塩化物 香料 着香の目的以外の使用不可
アミルアルコール
a-アミルシンナムアルデヒド
DL-アラニン 調味料
強化剤
亜硫酸ナトリウム 漂白剤
保存料
酸化防止剤
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
二酸化硫黄としての残存量 ごま、豆類及び野菜に使用してはならない
 
 
 
 
 
 
使用基準に従って亜硫酸塩等を使用したかんぴょう、乾燥果実等左にあげた食品(干しぶどうを除く。)を用いて製造加工された「その他の食品(コンニャクを除く。)」であって二酸化硫黄としての残存量が0.030g/kg以上残存している場合は、その残存量未満
 
 
 
 
 
 
 
かんぴょう 5.0g/kg未満
乾燥果実(干しぶどうを除く) 2.0g/kg未満
干しぶどう 1.5g/kg未満
コンニャク粉 0.90g/kg未満
乾燥じゃがいも
ゼラチン
ディジョンマスタード
0.50g/kg未満
果実酒(果実酒の製造に用いる酒精分1容量パーセント以上を含有する果実搾汁およびこれを濃縮したものを除く)
雑酒
0.35g/kg未満
キャンデッドチェリー
糖蜜
0.30g/kg未満
糖化用タピオカでんぷん 0.25g/kg未満
水あめ 0.20g/kg未満
天然果汁(5倍以上に希釈して飲用に供するもの) 0.15g/kg未満
甘納豆
煮豆
0.10g/kg未満
えび
冷凍生かに
0.10g/kg未満(そのむき身につき)
その他の食品
(キャンデッドチェリーの製造に用いるさくらんぼ、ビール製造に用いるホップ並びに果実酒に用いる果汁、酒精分1容量パーセント以上を含有する果実搾汁およびこれを濃縮したものを除く)
0.030g/kg未満
L-アルギニンL-グルタミン酸塩 酸味料
強化剤
アルギン酸アンモニウム 糊料
アルギン酸カリウム
アルギン酸カルシウム
アルギン酸ナトリウム
アルギン酸プロピレングリコールエステル 糊料 1.0%
安息香酸 保存料 安息香酸として
安息香酸ナトリウム キャビア 2.5g/kg マーガリンにあっては、ソルビン酸、ソルビン酸カリウム、ソルビン酸カルシウム又はこれらのいずれかを含む製剤を併用する場合は、安息香酸としての使用量およびソルビン酸としての使用量の合計が1.0g/kg以下
マーガリン 1.0g/kg
清涼飲料水
シロップ
しょう油
0.60g/kg
(以下、安息香酸ナトリウムの場合のみ)
菓子の製造に用いる果実ペースト(果実をすり潰し、又は裏ごししてペースト状にしたもの)
菓子製造に用いる果汁(濃縮果汁を含む)
1.0g/kg
アントラニル酸メチル 香料 着香の目的以外の使用不可
アンモニア 製造用剤
アンモニウムイソバレレート 香料 着香の目的以外の使用不可
イオノン 香料 着香の目的以外の使用不可
イオン交換樹脂 製造用剤 最終食品の完成前に除去すること
イソアミルアルコール 香料 着香の目的以外の使用不可
イソオイゲノール
イソ吉草酸イソアミル
イソ吉草酸エチル
イソキノリン
イソチオシアネート類(ただし、毒性が激しいと一般に認められるものを除く)
イソチオシアン酸アリル
イソバレルアルデヒド
イソブタノール
イソブチルアルデヒド(別名イソブタナール)
イソプロパノール 香料 着香の目的以外の使用不可
製造用剤
 
 
  最大残存量 抽出の目的で使用する場合に限る
ホップ 20g/kg(ホップ抽出物1kgにつき) ホップ抽出物は、ビール及び発泡酒(発泡性を有する酒類を含む。)の製造に当たり、麦汁に加えるものに限る
魚肉 0.25g/kg(魚肉たん白濃縮物1kgにつき) 魚肉たん白濃縮物とは、魚肉から水分及び脂肪を除去したもの。
その他の食品 0.2g/kg(抽出後の食品及びこれを原料とした食品1kgにつき) 抽出後の食品及びこれを原料とした食品には、上記ホップ抽出物又は魚肉たん白濃縮物を原料としたものは含まれない。
イソペンチルアミン 香料 着香の目的以外の使用不可
L-イソロイシン 調味料
強化剤
5'-イノシン酸二ナトリウム 調味料
イマザリル 防かび剤 最大残存量
かんきつ類(みかんを除く) 0.0050g/kg
バナナ 0.0020g/kg
インドール及びその誘導体 香料 着香の目的以外の使用不可
5'-ウリジル酸二ナトリウム 調味料
g-ウンデカラクトン 香料 着香の目的以外の使用不可
エステルガム チューインガム基礎剤 チューインガム チューインガム基礎剤以外の用途に使用不可
エステル類 香料 着香の目的以外の使用不可
2-エチル3,5-ジメチルピラジン及び2-エチル3,6-ジメチルピラジンの混合物
エチルバニリン
2-エチルピラジン
3-エチルピリジン
2-エチル-3-メチルピラジン
2-エチル-5-メチルピラジン
2-エチル-6-メチルピラジン
5-エチル-2-メチルピリジン
エチレンジアミン四酢酸カルシウムニナトリウム 酸化防止剤 エチレンジアミン四酢酸カルシウムニナトリウムとして エチレンジアミン四酢酸二ナトリウムについては、最終食品の完成前にエチレンジアミン四酢酸カルシウムニナトリウムにしなければならない
エチレンジアミン四酢酸二ナトリウム 缶詰又は瓶詰の清涼飲料水 0.035g/kg
その他の缶詰又は瓶詰食品 0.25g/kg
エ-テル類 香料 着香の目的以外の使用不可
エリソルビン酸 酸化防止剤 魚肉ねり製品(魚肉すり身を除く)
パン
その他の食品
魚肉ねり製品(魚肉すり身を除く)及びパンにあっては、栄養の目的に使用してはならない
その他の食品にあっては、酸化防止の目的以外に使用してはならない
エリソルビン酸ナトリウム
エルゴカルシフェロール 強化剤 保存基準:遮光した密封容器に入れ、空気を不活性ガスで置換し、冷所に保存する
塩化アンモニウム 膨張剤
塩化カリウム 調味料
塩化カルシウム 強化剤
豆腐用凝固剤
カルシウムとして1.0%(特別用途表示の食品を除く) 食品の製造又は加工上必要不可欠な場合及び栄養目的以外の使用不可
塩化第二鉄 強化剤
塩化マグネシウム 豆腐用凝固剤
製造用剤
強化剤
塩酸 製造用剤 最終食品の完成前に中和又は除去すること
オイゲノール 香料 着香の目的以外の使用不可
オクタナール
オクタン酸 香料及び過酢酸製剤 着香の目的及び過酢酸製剤として使用する場合以外の使用不可
オクタン酸エチル 香料 着香の目的以外の使用不可
オクテニルコハク酸デンプンナトリウム 糊料
オルトフェニルフェノール 防かび剤 かんきつ類 オルトフェニルフェノールとしての最大残存量
0.010g/kg
オルトフェニルフェノールナトリウム
オレイン酸ナトリウム 被膜剤 果実及び果菜の表皮 被膜剤の用途に限る
過酢酸 殺菌料 過酢酸製剤として使用する場合以外の使用不可
過酢酸製剤 殺菌料 鶏の食肉 過酢酸として浸漬液又は噴霧液2.0g/kg以下並びに1-ヒドロキシエチリデン-1・1-ジスルホン酸として浸漬液又は噴霧液0.136g/kg以下 牛、鶏及び豚の食肉、果実並びに野菜の表面殺菌の目的以外の使用不可
牛及び豚の食肉 過酢酸として浸漬液又は噴霧液1.80g/kg以下並びに1-ヒドロキシエチリデン-1・1-ジスルホン酸として浸漬液又は噴霧液0.024g/kg以下
果実及び野菜 過酢酸として浸漬液又は噴霧液0.080g/kg以下並びに1-ヒドロキシエチリデン-1・1-ジスルホン酸として浸漬液又は噴霧液0.0048g/kg以下
過酸化水素 漂白剤
殺菌剤
釜揚げしらす、しらす干し 過酸化水素としての最大残存量0.005g/kg未満
その他の食品 最終食品の完成前に分解又は除去すること
過酸化ベンゾイル 小麦粉処理剤 小麦粉 ミョウバン、リン酸のカルシウム塩類、硫酸カルシウム、炭酸カルシウム、炭酸マグネシウム及びデンプンのうち1種以上を配合して希釈過酸化ベンゾイルとして使用すること
カゼインナトリウム 製造用剤
過硫酸アンモニウム 小麦粉処理剤 小麦粉 0.30g/kg
カルボキシメチルセルロースカルシウム 糊料 2.0% カルボキシメチルセルロースカルシウム、カルボキシメチルセルロースナトリウム、デンプングリコール酸ナトリウム及びメチルセルロースの1種以上と併用する場合は、その使用量の和が2.0%以下
カルボキシメチルセルロースナトリウム
b-カロテン 着色料
強化剤
こんぶ類、食肉、鮮魚介類(鯨肉を含む)、茶、のり類、豆類、野菜及びわかめ類に使用してはならない
保存基準:遮光した密封容器に入れ、空気を不活性ガスで置換して保存する
カンタキサンチン 着色料 魚肉ねり製品(かまぼこに限る) 0.035g/kg はんぺん、さつま揚げ、ツナハム、魚肉ソーセージ及びこれら類似品は除く
ギ酸イソアミル 香料 着香の目的以外の使用不可
ギ酸ゲラニル
ギ酸シトロネリル
希釈過酸化ベンゾイル 小麦粉処理剤 小麦粉 0.30g/kg
キシリトール 甘味料
D-キシロース 甘味料
製造用剤
5'-グアニル酸二ナトリウム 調味料
グアヤク脂 酸化防止剤 油脂
バター
1.0g/kg
クエン酸 酸味料  
クエン酸イソプロピル 酸化防止剤 油脂
バター
クエン酸モノイソプロピルとして
0.10g/kg
クエン酸三エチル 乳化剤
安定剤
通常の食品形態でない食品(カプセル及び錠剤(チュアブル錠を除く)に限る) 3.5g/kg 通常の食品形態でない食品に菓子類は含まれない
液卵(殺菌したものに限る)
乾燥卵(液卵を乾燥して製造したものに限る)
2.5g/kg
清涼飲料水 0.2g/kg(希釈して飲料に供する清涼飲料水にあっては希釈後の清涼飲料水として)
香料
クエン酸一カリウム 調味料
クエン酸三カリウム
クエン酸カルシウム 強化剤
製造用剤
カルシウムとして1.0%(特別用途表示の食品を除く)
クエン酸第一鉄ナトリウム 強化剤
クエン酸鉄
クエン酸鉄アンモニウム
クエン酸三ナトリウム 調味料
グリシン 調味料
強化剤
 
グリセリン 製造用剤   
グリセリン脂肪酸エステル 乳化剤
グリセロリン酸カルシウム 強化剤 カルシウムとして1.0%(特別用途表示の食品を除く) 栄養目的以外の使用不可
グリチルリチン酸二ナトリウム 甘味料 しょう油
みそ
グルコノデルタラクトン 酸味料
グルコン酸 (グルコン酸液) 
グルコン酸亜鉛 強化剤 母乳代替食品 標準調乳濃度に調乳したとき、亜鉛として6.0mg/L(厚生労働大臣の承認を受けて調製粉乳に使用する場合を除く)
特定保健用食品・栄養機能食品 15mg/当該食品1日摂取目安量(亜鉛として)
特別用途表示の許可又は承認を受けた食品(病者用のものに限る)
グルコン酸カリウム 酸味料
グルコン酸カルシウム 強化剤 カルシウムとして1.0%(特別用途表示の食品を除く) 栄養目的以外の使用不可
グルコン酸第一鉄 色調安定剤 オリーブ 鉄として0.15g/kg
強化剤 母乳代替食品
離乳食品
妊産婦・授乳婦用粉乳
グルコン酸銅 強化剤 母乳代替食品 標準調乳濃度に調乳したとき、銅として0.60mg/L(厚生労働大臣の承認を受けて調製粉乳に使用する場合を除く)
特定保健用食品・栄養機能食品 5mg/当該食品1日摂取目安量(銅として)
グルコン酸ナトリウム 酸味料
グルタミルバリルグリシン 調味料
L-グルタミン酸 調味料
強化剤
     
L-グルタミン酸アンモニウム 調味料
L-グルタミン酸カリウム 調味料
L-グルタミン酸カルシウム 調味料 カルシウムとして1.0%(特別用途表示の食品を除く)
L-グルタミン酸ナトリウム 調味料
強化剤
L-グルタミン酸マグネシウム 調味料
ケイ酸カルシウム 製造用剤 特定保健用食品たるカプセル及び錠剤並びに栄養機能食品たるカプセル及び錠剤 母乳代替食品及び離乳食に使用してはならない
その他の食品 2.0%
(微粒二酸化ケイ素と併用する場合は、それぞれの使用量の和)
ケイ酸マグネシウム 製造用剤 油脂のろ過助剤以外の用途に使用してはならない。
最終食品前に除去すること。
ケイ皮酸 香料 着香の目的以外の使用不可
ケイ皮酸エチル
ケイ皮酸メチル
ケトン類
ゲラニオール
高度サラシ粉 殺菌剤
漂白剤
コハク酸 酸味料
調味料
 
コハク酸一ナトリウム
コハク酸二ナトリウム
コレカルシフェロール 強化剤 保存基準:遮光した密封容器に入れ、空気を不活性ガスで置換し、冷所に保存する
コンドロイチン硫酸ナトリウム 保水剤 マヨネーズ
ドレッシング
20g/kg
魚肉ソーセージ 3.0g/kg
酢酸 酸味料
酢酸イソアミル 香料 着香の目的以外の使用不可
酢酸エチル 香料
製造用剤
アルコール 
酵母エキス
酢酸ビニル樹脂 
着香の目的以外の使用不可
ただし、酢酸エチルを次のそれぞれに使用する場合を除く。
柿の脱渋に使用するアルコール、結晶果糖の製造に使用するアルコール、香辛料の顆粒若しくは錠剤の製造に使用するアルコール、コンニャク粉の製造に使用するアルコール、ジブチルヒドロキシトルエン若しくは、ブチルヒドロキシアニソールの溶剤として使用するアルコール又は食酢の醸造原料として使用するアルコールを変性する目的で使用する場合。
酵母エキス(酵母の自己消化により得られた水溶性の成分をいう)の製造の際の酵母の自己消化を促進する目的で使用する場合。(最終食品の完成前に除去しなければならない)
酢酸ビニル樹脂の溶剤の目的に使用する場合。
酢酸カルシウム 保存料
安定剤
PH調整剤
酢酸ゲラニル 香料 着香の目的以外の使用不可
酢酸シクロヘキシル
酢酸シトロネリル
酢酸シンナミル
酢酸テルピニル
酢酸デンプン 糊料
酢酸ナトリウム 製造用剤
調味料
酸味料
酢酸ビニル樹脂 チューインガム基礎剤
被膜剤
チューインガム
果実又は果菜の表皮
チューインガム基礎剤及び被膜剤以外の使用不可
酢酸フェネチル 香料 着香の目的以外の使用不可
酢酸ブチル
酢酸ベンジル
酢酸l-メンチル
酢酸リナリル
サッカリン 甘味料 チューインガム 0.050g/kg
サッカリンナトリウム 甘味料 サッカリンナトリウムとして 残存量 特別用途表示の許可又は承認を受けた場合はこの限りではない

サッカリンナトリウムとサッカリンカルシウムを併用する場合はそれぞれの残存量の和が基準値以上にならないこと。
サッカリンカルシウム こうじ漬
酢漬
たくあん漬
2.0g/kg未満
粉末清涼飲料 1.5g/kg未満
かす漬
みそ漬
しょう油漬
魚介加工品(魚肉ねり製品、つくだ煮、漬物及び缶詰又は瓶詰食品を除く)
1.2g/kg未満
海藻加工品
しょう油
つくだ煮
煮豆
0.50g/kg未満
魚肉ねり製品
シロップ

清涼飲料水
ソース
乳飲料
乳酸菌飲料
氷菓
0.30g/kg未満
(5倍以上に希釈して飲用に供する清涼飲料水及び乳酸菌飲料の原料に供する乳酸菌飲料又ははっ酵乳にあっては1.5g/kg、3倍以上に希釈して使用する酢にあっては0.90g/kg)
アイスクリーム類
あん類
ジャム
漬物(かす漬、こうじ漬、しょう油漬、酢漬、たくあん漬及びみそ漬を除く)
はっ酵乳(乳酸菌飲料の原料に供するはっ酵乳を除く)
フラワーペースト類
みそ
0.20g/kg未満
菓子 0.10g/kg未満
上記以外の食品の缶詰、瓶詰及び魚介加工品の缶詰、瓶詰 0.20g/kg未満
サリチル酸メチル 香料 着香の目的以外の使用不可
酸化カルシウム PH調整剤
製造用剤
酸化デンプン 糊料
酸化マグネシウム 吸着剤
強化剤
三二酸化鉄 着色料 バナナ バナナについては果柄の部分に限る
コンニャク
次亜塩素酸水 殺菌料 最終食品の完成前に除去すること
次亜塩素酸ナトリウム 殺菌料
漂白剤
ごまに使用してはならない
次亜臭素酸水 殺菌料 食肉(食鳥肉を除く) 臭素として浸漬液又は噴霧液0.90g/kg以下 食肉の表面殺菌の目的以外の使用不可
食鳥肉 臭素として浸漬液又は噴霧液0.45g/kg以下
次亜硫酸ナトリウム 漂白剤
保存料
酸化防止剤
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
二酸化硫黄としての残存量  
ごま、豆類及び野菜に使用してはならない
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
使用基準に従って当該添加物を使用したかんぴょう、乾燥果実等左にあげた食品(干しぶどうを除く。)を用いて製造された「その他の食品(コンニャクを除く。)」であって二酸化硫黄としての残存量が0.030g/kg以上残存している場合は、その残存量未満

 
 
 
 
かんぴょう 5.0g/kg未満
乾燥果実(干しぶどうを除く) 2.0g/kg未満
干しぶどう 1.5g/kg未満
コンニャク粉 0.90g/kg未満
乾燥じゃがいも
ゼラチン
ディジョンマスタード
0.50g/kg未満
果実酒(果実酒の製造に用いる酒精分1容量パーセント以上を含有する果実搾汁及びこれを濃縮したものを除く)
雑酒
0.35g/kg未満
キャンデッドチェリー
糖蜜
0.30g/kg未満
糖化用タピオカでんぷん 0.25g/kg未満
水あめ 0.20g/kg未満
天然果汁(5倍以上に希釈して飲用に供するもの) 0.15g/kg未満
甘納豆
煮豆
0.10g/kg未満
えび
冷凍生かに
0.10g/kg未満(そのむき身につき)
その他の食品
(キャンデッドチェリーの製造に用いるさくらんぼ、ビールの製造に用いるホップ並びに果実の製造に用いる果汁、酒精分1容量パーセント以上を含有する果実搾汁及びこれを濃縮したものを除く)
0.030g/kg未満
2,3‐ジエチルピラジン 香料 着香の目的以外の使用不可
2,3-ジエチル-5-メチルピラジン 香料 着香の目的以外の使用不可
シクロヘキシルプロピオン酸アリル 香料 着香の目的以外の使用不可
L-システイン塩酸塩 酸化防止剤
製造用剤
天然果汁
パン 
5'-シチジル酸二ナトリウム 調味料
シトラール 香料 着香の目的以外の使用不可
シトロネラール
シトロネロール
1,8-シネオール
ジフェニル 防かび剤 残存量 貯蔵又は運搬の用に供する容器の中に入れる紙片に浸潤させて使用する場合以外に使用してはならない
グレープフルーツ
レモン
オレンジ類
0.070g/kg未満
ジブチルヒドロキシトルエン(BHT) 酸化防止剤 魚介類冷凍品(生食用冷凍鮮魚介類及び生食用冷凍かきを除く)及び鯨冷凍品(生食用冷凍鯨肉を除く)の浸漬液 浸漬液に対して
1g/kg*
*ブチルヒドロキシアニソールと併用するときは、その合計量
チューインガム 0.75g/kg
油脂
バター
魚介乾製品
魚介塩蔵品
乾燥裏ごしいも
0.2g/kg*
ジベンゾイルチアミン 強化剤
ジベンゾイルチアミン塩酸塩
脂肪酸類 香料 着香の目的以外の使用不可
脂肪族高級アルコール類
脂肪族高級アルデヒド類(ただし、毒性が激しいと一般に認められるものを除く。)
脂肪族高級炭化水素類(ただし、毒性が激しいと一般に認められるものを除く。)
2,3-ジメチルピラジン
2,5-ジメチルピラジン
2,6-ジメチルピラジン
2,6-ジメチルピリジン
シュウ酸 製造用剤 最終食品の完成前に除去すること
臭素酸カリウム 小麦粉処理剤 パン(小麦粉を原料として使用するものに限る) 臭素酸として
0.030g/kg(小麦粉1kgにつき)
最終食品の完成前に分解又は除去すること
DL-酒石酸 酸味料
L-酒石酸
DL-酒石酸水素カリウム 膨張剤
L-酒石酸水素カリウム
DL-酒石酸ナトリウム 調味料
L-酒石酸ナトリウム
硝酸カリウム 発酵調製剤
発色剤
チーズ 0.20g/L(原料に供する乳1Lにつき)
硝酸ナトリウム 清酒 0.10g/L(酒母1Lにつき)
食肉製品
鯨肉ベーコン
亜硝酸根としての最大残存量
0.070g/kg未満
食用赤色2号(別名アマランス)及びそのアルミニウムレーキ 着色料 下記の食品に使用してはならない
 カステラ
 きなこ
 魚肉漬物
 鯨肉漬物
 こんぶ類
 しょう油
 食肉
 食肉漬物
 スポンジケーキ
 鮮魚介類(鯨肉を含む)
 茶
 のり類
 マーマレード
 豆類
 みそ
 めん類(ワンタンを含む)
 野菜
 わかめ類
食用赤色3号(別名エリスロシン)及びそのアルミニウムレーキ
食用赤色40号(別名アルラレッドAC)及びそのアルミニウムレーキ
食用赤色102号(別名ニューコクシン)
食用赤色104号(別名フロキシン)
食用赤色105号(別名ローズベンガル)
食用赤色106号(別名アシッドレッド)
食用黄色4号(別名タートラジン)及びそのアルミニウムレーキ
食用黄色5号(別名サンセットイエローFCF)及びそのアルミニウムレーキ
食用緑色3号(別名フアストグリーンFCF)及びそのアルミニウムレーキ
食用青色1号(別名ブリリアントプルーFCF)及びそのアルミニウムレーキ
食用青色2号(別名インジゴカルミン)及びそのアルミニウムレーキ
ショ糖脂肪酸エステル 乳化剤
シリコーン樹脂 消ほう剤 0.050g/kg 消ほうの目的以外の使用不可
シンナミルアルコール 香料 着香の目的以外の使用不可
シンナムアルデヒド
水酸化カリウム 製造用剤 最終食品の完成前に中和又は除去すること
水酸化カルシウム 強化剤
製造用剤
カルシウムとして1.0%(特別用途表示の食品を除く) 食品の製造又は加工上必要不可欠な場合及び栄養目的に限る
水酸化ナトリウム 製造用剤 最終食品の完成前に中和又は除去すること
水酸化マグネシウム 強化剤
pH調整剤
色調安定剤
     
水溶性アナトー 着色料    こんぶ類、食肉、鮮魚介類(鯨肉を含む)、茶、のり類、豆類、野菜及びわかめ類に使用してはならない
スクラロース 甘味料 砂糖代替食品
(コーヒー、紅茶等に直接加え、砂糖に代替する食品として用いられるもの)
12g/kg 特別用途表示の許可又は承認を受けた場合はこの限りではない
チューインガム 2.6g/kg
生菓子
菓子(除くチューインガム)
1.8g/kg
ジャム 1.0g/kg
清酒、合成清酒
果実酒、雑酒
清涼飲料水
乳飲料
乳酸菌飲料
(希釈して飲用に供する飲料水は、希釈後の飲料水)
0.40g/kg
その他の食品 0.58g/kg
ステアリン酸カルシウム 製造用剤
強化剤
ステアリン酸マグネシウム 製造用剤 カプセル・錠剤等通常の食品形態でない食品及び錠菓以外の食品に使用してはならない
ステアロイル乳酸カルシウム 乳化剤 ステアロイル乳酸カルシウムとして ステアロイル乳酸カルシウムとステアロイル乳酸ナトリウムを併用する場合にあっては,それぞれの使用量の和がステアロイル乳酸カルシウムとしての基準値以下でなければならない
ステアロイル乳酸ナトリウム








生菓子(米を原料としたもの)製造用 10g/kg
スポンギケーキ、バターケーキ、蒸しパン製造用 8.0g/kg
菓子(小麦粉を原料とし、油脂で処理したもの)、パン製造用 5.5g/kg
菓子(小麦粉を原料とし、ばい焼したもの)製造用 5.0g/kg
蒸しまんじゅう製造用 2.5g/kg
生菓子(米を原料とするもの) 6.0g/kg
スポンジケーキ、バターケーキ及び蒸しパン 5.5g/kg
めん類(即席めん及び乾めんを除く) 4.5g/kg(ゆでめんとして)
菓子(小麦粉を原料とし、ばい焼又は油脂で処理したもの) 4.0g/kg
パン 4.0g/kg
マカロニ類(乾めん) 4.0g/kg
蒸しまんじゅう 2.0g/kg
ソルビタン脂肪酸エステル 乳化剤
D-ソルビトール 製造用剤
甘味料
ソルビン酸 保存料 ソルビン酸として チーズにあっては、プロピオン酸、プロピオン酸カルシウム、又はプロピオン酸ナトリウムを併用する場合は、ソルビン酸としての使用量及びプロピオン酸としての使用量の合計量が3.0g/kg以下。
 
 
 
 
 
 
みそ漬の漬物にあっては、原料のみそに含まれるソルビン酸及びその塩類の量を含めてソルビン酸量として1.0g/kg以下。
 
 


 
マーガリンにあっては、安息香酸、安息香酸ナトリウムを併用する場合は、ソルビン酸としての使用量と安息香酸としての使用量の合計量が1.0g/kg以下。
 
この項でいうフラワーペースト類は小麦粉、でん粉、ナッツ類若しくはその加工品、ココア、チョコレート、コーヒー、果肉、果汁、いも類、豆類又は野菜類を主要原料とし、これに砂糖、油脂、粉乳、卵、小麦粉等を加え、加熱殺菌してペースト状とし、パン又は菓子に充てん又は塗布して食用に供するものをいう。
 
 
 
 
 
ソルビン酸カリウム チーズ 3.0g/kg
ソルビン酸カルシウム うに
魚肉ねり製品(魚肉すり身を除く)
鯨肉製品
食肉製品
2.0g/kg
いかくん製品
たこくん製品
1.5g/kg
あん類
かす漬・こうじ漬・塩漬・しょう油漬・みそ漬の漬物
キャンデッドチェリー
魚介乾製品(いかくん製品及びたこくん製品を除く)
ジャム
シロップ
たくあん漬(一丁漬及び早漬を除く)
つくだ煮
煮豆
ニョッキ
フラワーペースト類
マーガリン
みそ
1.0g/kg
ケチャップ
酢漬の漬物
スープ(ポタージュスープは除く)
たれ
つゆ
干しすもも
0.50g/kg
甘酒(3倍以上に希釈して飲用に供するものに限る)
はっ酵乳(乳酸菌飲料の原料に供するものに限る)
0.30g/kg
果実酒
雑酒
0.20g/kg
乳酸菌飲料(殺菌したものを除く) 0.050g/kg
(乳酸菌飲料の原料に供するものにあっては0.30g/kg)
(以下、ソルビン酸カリウム、ソルビン酸カルシウムに限る)
菓子の製造に用いる果実ペースト(果実をすり潰し、又は裏ごししてペースト状にしたもの)
菓子の製造に用いる果汁
1.0g/kg
炭酸アンモニウム 膨張剤
炭酸カリウム 製造用剤
炭酸カルシウム 強化剤
製造用剤
 
炭酸水素アンモニウム 膨張剤
炭酸水素ナトリウム
炭酸ナトリウム 製造用剤
炭酸マグネシウム 製造用剤
強化剤
チアベンダゾール(TBZ) 防かび剤 最大残存量
かんきつ類 0.010g/kg
バナナ 0.0030g/kg
バナナの果肉 0.0004g/kg
チアミン塩酸塩 強化剤
チアミン硝酸塩
チアミンセチル硫酸塩
チアミンチオシアン酸塩
チアミンナフタレン-1,5-ジスルホン酸塩
チアミンラウリル硫酸塩
チオエーテル類(ただし、毒性が激しいと一般に認められるものを除く。) 香料 着香の目的以外の使用不可
チオール類(別名チオアルコール類)(ただし、毒性が激しいと一般に認められるものを除く。)
着色料(化学的合成品を除く) 着色料 こんぶ類、食肉、鮮魚介類(鯨肉を含む)、茶、のり類、豆類、野菜及びわかめ類に使用してはならない
ただし、のり類に使用する金は除く
L-テアニン 調味料
強化剤
   
デカナール 香料    着香の目的以外の使用不可
デカノール
デカン酸エチル
鉄クロロフィリンナトリウム 着色料    こんぶ類、食肉、鮮魚介類(鯨肉を含む)、茶、のり類、豆類、野菜及びわかめ類に使用してはならない
5,6,7,8-テトラヒドロキノキサリン 香料 着香の目的以外の使用不可
2,3,5,6-テトラメチルピラジン
デヒドロ酢酸ナトリウム 保存料 チーズ
バター
マーガリン
デヒドロ酢酸として
0.50g/kg 
テルピネオール 香料    着香の目的以外の使用不可
テルペン系炭化水素類
デンプングリコール酸ナトリウム 糊料   2.0% カルボキシメチルセルロースカルシウム、カルボキシメチルセルロースナトリウム、デンプングリコール酸ナトリウム及びメチルセルロースの1種以上と併用する場合はその使用量の和が食品の2.0%以下
銅クロロフィリンナトリウム 着色料   銅として  
こんぶ(無水物) 0.15g/kg
野菜類又は果実類の貯蔵品 0.10g/kg
シロップ 0.064g/kg
チューインガム 0.050g/kg
魚肉ねり製品(魚肉すり身を除く) 0.040g/kg
あめ類 0.020g/kg
チョコレート
生菓子(菓子パンを除く)
0.0064g/kg
みつ豆缶詰又はみつ豆合成樹脂製容器包装詰中の寒天 0.0004g/kg
銅クロロフィル 着色料   銅として 
こんぶ(無水物) 0.15g/kg
野菜類又は果実類の貯蔵品 0.10g/kg
チューインガム 0.050g/kg
魚肉ねり製品(魚肉すり身を除く) 0.030g/kg
生菓子(菓子パンを除く) 0.0064g/kg
チョコレート 0.0010g/kg
みつ豆缶詰又はみつ豆合成樹脂製容器包装詰中の寒天 0.0004g/kg
dl-a-トコフェロール(ビタミンE) 酸化防止剤    酸化防止の目的以外の使用不可
ただし、b-カロチン、ビタミンA、ビタミンA脂肪酸エステル及び流動パラフィンの製剤中に含まれる場合はこの限りではない
トコフェロール酢酸エステル 強化剤 特定保健用食品・栄養機能食品 150mg未満/当該食品1日摂取目安量(a-トコフェロールとして) 特定保健用食品・栄養機能食品以外使用不可
d-a-トコフェロール酢酸エステル
DL-トリプトファン 調味料
強化剤
   
L-トリプトファン
トリメチルアミン 香料 着香の目的以外の使用不可
2,3,5-トリメチルピラジン 香料 着香の目的以外の使用不可
DL-トレオニン 調味料
強化剤
L-トレオニン
ナイシン
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
保存料
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ナイシンAを含むポリペプチドとして
食肉製品 0.0125g/kg
 
 
特別用途表示の許可又は承認を受けた場合はこの限りではない


 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
チーズ(プロセスチーズを除く)
ホイップクリーム類(乳脂肪分を主成分とする食品を主要原料として泡立てたもの)
ソース類 0.010g/kg
 
 
ドレッシング
マヨネーズ
プロセスチーズ 0.00625g/kg
 
洋菓子
卵加工品 0.0050g/kg
 
味噌
洋生菓子(穀類及びでん粉を主原料としたもの) 0.0030g/kg
ナタマイシン 製造用剤 ナチュラルチーズ(ハード及びセミハードの表面部分に限る) 0.020g/kg未満
ナトリウムメトキシド 製造用剤    最終食品の完成前にナトリウムメトキシドを分解し、これによって生成するメタノールを除去すること
保存基準:密封容器に入れ、保存する
ニコチン酸 強化剤
製造用剤
   食肉及び鮮魚介類(鯨肉を含む)に使用してはならない
ニコチン酸アミド
二酸化硫黄 漂白剤
保存料
酸化防止剤
二酸化硫黄としての残存量  
 
 
 
ごま、豆類及び野菜に使用してはならない











使用基準に従って当該添加物を使用したかんぴょう、乾燥果実等左にあげた食品(干しぶどうを除く。)を用いて製造加工された「その他の食品(コンニャクを除く。)」であって二酸化硫黄としての残存量が0.030g/kg以上残存している場合は、その残存量未満
かんぴょう 5.0g/kg未満
乾燥果実(干しぶどうを除く) 2.0g/kg未満
干しぶどう 1.5g/kg未満
コンニャク粉 0.90g/kg未満
乾燥じゃがいも
ゼラチン
ディジョンマスタード
0.50g/kg未満
果実酒(果実酒の製造に用いる酒精分1容量パーセント以上を含有する果実搾汁およびこれを濃縮したものを除く)
雑酒
0.35g/kg未満
キャンデッドチェリー
糖蜜
0.30g/kg未満
糖化用タピオカでんぷん 0.25g/kg未満
水あめ 0.20g/kg未満
天然果汁(5倍以上に希釈して飲用に供するもの) 0.15g/kg未満
甘納豆
煮豆
0.10g/kg未満
えび
冷凍生かに
0.10g/kg未満(そのむき身につき)
その他の食品
(キャンデッドチェリーの製造に用いるさくらんぼ、ビール製造に用いるホップ並びに果実酒に用いる果汁、酒精分1容量パーセント以上を含有する果実搾汁およびこれを濃縮したものを除く)
0.030g/kg未満
二酸化塩素 小麦粉処理剤 小麦粉  
二酸化ケイ素 製造用剤    ろ過助剤の目的以外の使用不可
最終食品の完成前に除去すること 
微粒二酸化ケイ素 製造用剤   2.0%
(特定保健用食品たるカプセル及び錠剤並びに栄養機能食品たるカプセル及び錠剤以外の食品にケイ酸カルシウムと併用する場合は、それぞれの使用量の和)
母乳代替食品及び離乳食に使用してはならない
二酸化炭素 製造用剤    
二酸化チタン 着色料    着色の目的以外の使用不可
カステラ、きなこ、魚肉漬物、鯨肉漬物、こんぶ類、しょう油、食肉、食肉漬物、スポンジケーキ、鮮魚介類(鯨肉を含む)、茶、のり類、マーマレード、豆類、みそ、めん類(ワンタンを含む)、野菜及びわかめ類に使用してはならない
乳酸 酸味料    
乳酸カリウム 調味料
乳酸カルシウム 強化剤   カルシウムとして1.0%(特別用途表示の食品を除く) 
乳酸鉄 強化剤    
乳酸ナトリウム 調味料    
γ-ノナラクトン 香料    着香の目的以外の使用不可
ノルビキシンカリウム   着色料    こんぶ類、食肉、鮮魚介類(鯨肉を含む)、茶、のり類、豆類、野菜及びわかめ類に使用してはならない
ノルビキシンナトリウム
バニリン 香料    着香の目的以外の使用不可
パラオキシ安息香酸イソブチル  保存料    パラオキシ安息香酸として
パラオキシ安息香酸イソプロピル しょう油 0.25g/L
パラオキシ安息香酸エチル 果実ソース 0.20g/kg
パラオキシ安息香酸ブチル 0.10g/L
パラオキシ安息香酸プロピル 清涼飲料水
シロップ
0.10g/kg
果実及び果菜の表皮 0.012g/kg
パラメチルアセトフェノン 香料    着香の目的以外の使用不可
L-バリン 調味料
強化剤
   
バレルアルデヒド 香料    着香の目的以外の使用不可
パントテン酸カルシウム 強化剤   カルシウムとして1.0%(特別用途表示の食品を除く) 
パントテン酸ナトリウム 強化剤    
ビオチン 強化剤 調製粉乳
母乳代替食品 10μg/100kcal
特定保健用食品・栄養機能食品
L-ヒスチジン塩酸塩 強化剤
ビスベンチアミン
ビタミンA
ビタミンA脂肪酸エステル 強化剤   
ビタミンA油(油性ビタミンA脂肪酸エステル) 保存基準:遮光した密封容器に入れ、空気を不活性ガスで置換して保存する
1-ヒドロキシエチリデン-1・1-ジスルホン酸 殺菌剤 過酢酸製剤として使用する場合以外の使用不可
ヒドロキシシトロネラール 香料    着香の目的以外の使用不可
ヒドロキシシトロネラールジメチルアセタール
ヒドロキシプロピル化リン酸架橋デンプン 糊料
ヒドロキシプロピルセルロース 製造用剤
ヒドロキシプロピルデンプン 糊料
ヒドロキシプロピルメチルセルロース 製造用剤
ピペリジン 香料 着香の目的以外の使用不可
ピペロナール 香料 着香の目的以外の使用不可
ピペロニルブトキシド 防虫剤 穀類 0.024g/kg 
ヒマワリレシチン 乳化剤
氷酢酸 酸味料    
ピラジン 香料 着香の目的以外の使用不可
ピリドキシン塩酸塩 強化剤
ピリメタニル 防かび剤 あんず
おうとう
かんきつ類(みかんを除く。)
すもも
もも
0.010g/kg
西洋なし
マルメロ
りんご
0.014g/kg
ピロ亜硫酸カリウム 漂白剤
保存料
酸化防止剤
二酸化硫黄としての残存量  
 
ごま、豆類及び野菜に使用してはならない









使用基準に従って当該添加物を使用したかんぴょう、乾燥果実等左にあげた食品(干しぶどうを除く。)を用いて製造加工された「その他の食品(コンニャクを除く。)」であって二酸化硫黄としての残存量が0.030g/kg以上残存している場合は、その残存量未満
ピロ亜硫酸ナトリウム かんぴょう 5.0g/kg未満
乾燥果実(干しぶどうを除く) 2.0g/kg未満
干しぶどう 1.5g/kg未満
コンニャク粉 0.90g/kg未満
乾燥じゃがいも
ゼラチン
ディジョンマスタード
0.50g/kg未満
果実酒(果実酒の製造に用いる酒精分1容量パーセント以上を含有する果実搾汁およびこれを濃縮したものを除く)
雑酒
0.35g/kg未満
キャンデッドチェリー
糖蜜
0.30g/kg未満
糖化用タピオカでんぷん 0.25g/kg未満
水あめ 0.20g/kg未満
天然果汁(5倍以上に希釈して飲用に供するもの) 0.15g/kg未満
甘納豆
煮豆
0.10g/kg未満
えび
冷凍生かに
0.10g/kg未満(そのむき身につき)
その他の食品
(キャンデッドチェリーの製造に用いるさくらんぼ、ビール製造に用いるホップ並びに果実酒に用いる果汁、酒精分1容量パーセント以上を含有する果実搾汁およびこれを濃縮したものを除く)
0.030g/kg未満
ピロリジン 香料 着香の目的以外の使用不可
ピロリン酸四カリウム 製造用剤    
ピロリン酸二水素カルシウム 製造用剤
強化剤
  カルシウムとして1.0%(特別用途表示の食品を除く) 食品の製造又は加工上必要不可欠な場合及び栄養目的に限る
ピロリン酸二水素二ナトリウム 製造用剤    
ピロリン酸第二鉄 強化剤
ピロリン酸四ナトリウム 製造用剤    
ピロール 香料 着香の目的以外の使用不可
L-フェニルアラニン 調味料
強化剤
   
フェニル酢酸イソアミル 香料    着香の目的以外の使用不可
フェニル酢酸イソブチル
フェニル酢酸エチル
2-(3-フェニルプロピル)ピリジン
フェネチルアミン
フェノールエーテル類(ただし、毒性が激しいと一般に認められるものを除く。)
フェノール類(ただし、毒性が激しいと一般に認められるものを除く。)
フェロシアン化物
 フェロシアン化カリウム
 フェロシアン化カルシウム
 フェロシアン化ナトリウム
固結防止剤 食塩 無水フェロシアン化ナトリウムとして
0.020g/kg
これらを併用する場合はその合計量
ブタノール 香料 着香の目的以外の使用不可
ブチルアミン
ブチルアルデヒド
ブチルヒドロキシアニソール (BHA) 酸化防止剤 魚介冷凍品(生食用冷凍鮮魚介類及び生食用冷凍かきを除く)及び、鯨冷凍品(生食用鯨冷凍品を除く)の浸漬液 浸漬液に対して
1g/kg
ジブチルヒドロキシトルエンと併用するときはその合計量
油脂
バター
魚介乾製品
魚介塩蔵品
乾燥裏ごしいも
0.2g/kg
フマル酸 酸味料    
フマル酸一ナトリウム 調味料    
フルジオキソニル 防かび剤
 
キウィー 0.020g/kg 平成24年2月29日までの間は、ざくろ、西洋なし、びわ、マルメロ、りんごには使用してはならないこと。
かんきつ類(みかんを除く) 0.010g/kg
あんず(種子を除く)
おうとう(種子を除く)
ざくろ
すもも(種子を除く)
西洋なし
ネクタリン(種子を除く)
びわ
マルメロ
もも(種子を除く)
りんご
0.0050g/kg
フルフラール及びその誘導体(ただし、毒性が激しいと一般に認められるものを除く。) 香料    着香の目的以外の使用不可
プロパノール 香料 着香の目的以外の使用不可
プロピオンアルデヒド
プロピオン酸 保存料   プロピオン酸として チーズにあっては、ソルビン酸、ソルビン酸カリウム又はソルビン酸カルシウムを併用する場合は、プロピオン酸としての使用量及びソルビン酸としての使用量の合計量が3.0g/kg以下
チーズ 3.0g/kg
パン
洋菓子
2.5g/kg
香料 着香の目的以外の使用不可
プロピオン酸イソアミル 香料    着香の目的以外の使用不可
プロピオン酸エチル
プロピオン酸カルシウム 保存料   プロピオン酸として チーズにあっては、ソルビン酸、ソルビン酸カリウム又はソルビン酸カルシウムを併用する場合は、プロピオン酸としての使用量及びプロピオン酸としての使用量の合計量が3.0g/kg以下
プロピオン酸ナトリウム チーズ 3.0g/kg
パン
洋菓子
2.5g/kg
プロピオン酸ベンジル 香料    着香の目的以外の使用不可
プロピレングリコール 製造用剤
品質保持剤
生めん
いかくん製品
2.0%  
ギョウザ、シュウマイ、春巻き及びワンタンの皮 1.2%
その他の食品 0.60%
プロピレングリコール脂肪酸エステル 乳化剤      
粉末ビタミンA 強化剤     保存基準:遮光した密封容器に入れ、保存する
ヘキサン 製造用剤     食用油脂製造の際の油脂の抽出に限る
最終食品の完成前に除去すること
へキサン酸 香料     着香の目的以外の使用不可
へキサン酸アリル
へキサン酸エチル
へプタン酸エチル
l-ぺリルアルデヒド
ベンジルアルコール
ベンズアルデヒド
2-ペンタノール
trans-2-ペンテナール
1-ペンテン-3-オール
芳香族アルコール類
芳香族アルデヒド類(ただし、毒性が激しいと-般に認められるものを除く。)
没食子酸プロピル 酸化防止剤 油脂 0.20g/kg   
バター 0.10g/kg
ポリアクリル酸ナトリウム 糊料   0.20%  
ポリイソブチレン チューインガム基礎剤 チューインガム   チューインガム基礎剤以外の用途に使用不可
ポリソルベート20 乳化剤
食品 (ポリソルベート80として)
カプセル、錠剤等通常の食品形態でない食品 25g/kg
ココア及びチョコレート製品 5.0g/kg
ショートニング
即席麺の添付調味料
ソース類
チューインガム
乳脂肪代替食品
アイスクリーム類 3.0g/kg
菓子の製造に用いる装飾品(糖を主成分とするものに限る。)
加糖ヨーグルト
ドレッシング
マヨネーズ
ミックスパウダー(焼菓子及び洋生菓子の製造に用いるものに限る。)
焼菓子(洋菓子に限る。)
洋生菓子
あめ類 1.0g/kg
スープ
フラワーペースト(ココア及びチョコレートを主要原料とし、これに砂糖、油脂、粉乳、卵、小麦粉等を加え、加熱殺菌してペースト状とし、パン又は菓子に充てん又は塗布して食用に供するものに限る。)
氷菓
海藻の漬物 0.50g/kg
チョコレートドリンク
野菜の漬物
非熟成チーズ 0.080g/kg
海藻の缶詰及び瓶詰 0.030g/kg
野菜の缶詰及び瓶詰
その他の食品 0.020g/kg
ポリソルベート20、ポリソルベート60、ポリソルベート65若しくはポリソルベート80の1種以上を併用する場合にあっては,それぞれの使用量の和がポリソルベート80として基準値以下でなければならない。
ポリソルベート60
ポリソルベート65
ポリソルベート80
ポリビニルピロリドン 糊料 カプセル・錠剤等通常の形態でない食品に限る 菓子類は除く
ポリビニルポリピロリドン 製造用剤     ろ過助剤以外の用途に使用不可
最終食品の完成前に除去すること
ポリブテン チューインガム基礎剤 チューインガム   チューインガム基礎剤以外の用途に使用不可
ポリリン酸カリウム 製造用剤      
ポリリン酸ナトリウム
d-ボルネオール 香料     着香の目的以外の使用不可
マルトール
D-マンニトール 粘着防止剤 ふりかけ類(顆粒を含むものに限る) 50%(顆粒部分に対して) 塩化カリウム及びグルタミン酸塩を配合して調味の目的で使用する場合(D-マンニトールが塩化カリウム及びグルタミン酸塩及びD-マンニトールの合計量の80%以下である場合に限る)は、この限りではない
あめ類 40%
らくがん 30%
チューインガム 20%
つくだ煮(こんぶを原料とするものに限る) 25%(残存量)
メタリン酸カリウム 製造用剤      
メタリン酸ナトリウム
DL-メチオニン 調味料
強化剤
     
L-メチオニン
N-メチルアントラニル酸メチル 香料     着香の目的以外の使用不可
5-メチルキノキサリン
6-メチルキノリン
5-メチル-6,7-ジヒドロ-5H-シクロペンタピラジン 香料     着香の目的以外の使用不可
メチルセルロース 糊料 2.0% カルボキシメチルセルロースカルシウム、カルボキシメチルセルロースナトリウム及びデンプングリコール酸ナトリウムの1種以上と併用する場合は、その使用量の和が食品の2.0%以下
1-メチルナフタレン   着香の目的以外の使用不可
メチルb-ナフチルケトン 香料     着香の目的以外の使用不可
2-メチルピラジン
2-メチルブタノール
3-メチル-2-ブタノール
2-メチルブチルアルデヒド
trans-2-メチル-2-ブテナール
3-メチル-2-ブテナール
3-メチル-2-ブテノール
メチルヘスペリジン 強化剤      
dl-メントール 香料     着香の目的以外の使用不可
l-メントール
モルホリン脂肪酸塩 被膜剤 果実又は果菜の表皮   被膜剤の用途以外に使用不可
葉酸 強化剤      
酪酸 香料     着香の目的以外の使用不可
酪酸イソアミル
酪酸エチル
酪酸シクロヘキシル
酪酸ブチル
ラクトン類(ただし、毒性が激しいと一般に認められるものを除く。)
L-リシンL-アスパラギン酸塩 調味料
強化剤
     
L-リシン塩酸塩
L-リシンL-グルタミン酸塩
リナロオール 香料     着香の目的以外の使用不可
5'-リボヌクレオチドカルシウム 調味料      
5'-リボヌクレオチドニナトリウム
リボフラビン 強化剤
着色料
     
リボフラビン酪酸エステル
リボフラビン5'-リン酸エステルナトリウム
硫酸 製造用剤     最終食品の完成前に中和又は除去すること
硫酸亜鉛 製造用剤 発泡性酒類 亜鉛として
0.0010g/kg
強化剤 母乳代替食品 標準調乳濃度に調乳し たとき亜鉛として6.0mg/L(厚生労働大臣の承認を受けて調製粉乳に使用する場合を除く)  
硫酸アルミニウムアンモニウム 膨張剤
製造用剤
     みそに使用してはならない
硫酸アルミニウムカリウム
硫酸アンモニウム 製造用剤      
硫酸カリウム 調味料
硫酸カルシウム 強化剤
豆腐用凝固剤
  カルシウムとして1.0%(特別用途表示の食品を除く) 食品の製造又は加工上必要不可欠な場合及び栄養目的に限る
硫酸第一鉄 製造用剤
強化剤
     
硫酸銅 強化剤 母乳代替食品 標準調乳濃度に調乳したとき銅と して0.60mg/L(厚生労働大臣の承認を受けて調製粉乳に使用する場合を除く)  
硫酸ナトリウム 製造用剤      
硫酸マグネシウム 製造用剤
豆腐用凝固剤
強化剤
     
流動パラフィン 製造用剤 パン 残存量
0.10%未満
パン生地を自動分割機により分割する際及びばい焼する際の離型の目的に限る
DL-リンゴ酸 酸味料      
DL-リンゴ酸ナトリウム 調味料      
リン酸 製造用剤      
リン酸架橋デンプン 糊料
リン酸化デンプン
リン酸三カリウム 製造用剤
リン酸三カルシウム 製造用剤
強化剤
  カルシウムとして1.0%(特別用途表示の食品を除く) 食品の製造又は加工上必要不可欠な場合及び栄養目的に限る
リン酸水素二アンモニウム 製造用剤      
リン酸二水素アンモニウム
リン酸水素二カリウム
リン酸二水素カリウム
リン酸一水素カルシウム 製造用剤
強化剤
  カルシウムとして1.0%(特別用途表示の食品を除く) 食品の製造又は加工上必要不可欠な場合及び栄養目的に限る
リン酸一水素マグネシウム 製造用剤
強化剤
リン酸二水素カルシウム 製造用剤
強化剤
カルシウムとして1.0%(特別用途表示の食品を除く) 食品の製造又は加工上必要不可欠な場合及び栄養目的に限る
リン酸水素二ナトリウム 製造用剤      
リン酸二水素ナトリウム
リン酸三ナトリウム
リン酸三マグネシウム 製造用剤
強化剤
リン酸モノエステル化リン酸架橋デンプン 糊料
レシチン 乳化剤      
酸性白土 製造用剤   残存量
0.50%(2物質以上使用する場合はその合計量)
 
 
チューインガムにタルクのみを使用する場合は5.0%
 
 
食品の製造又は加工上必要不可欠な場合以外は使用不可
カオリン
ベントナイト
タルク 製造用剤
チューインガム品質改良剤
製造用剤
ケイソウ土
パーライト
これらに類似する不溶性の鉱物性物質
厚生労働省食品化学情報
公益財団法人 日本食品化学研究振興財団 事務局

本部 大阪府豊中市三和町1丁目1番11号

TEL(06)6333-5680 FAX(06)6333-5491

お問い合わせはこちらへ

東京分室 東京都中央区日本橋本町4丁目6番3号 SEGビルアネックス2階

English Top