第4回研究成果報告書(1998年)

[研究成果報告書 索引]

研究テーマ
研究者
光合成生物の抗酸化剤の機能解明と抗酸化食品としての利用 重岡 成
近畿大学 農学部教授
アントシアニン色素の抗疾病食品素材としての機能開発 五十嵐 喜治
山形大学 農学部教授
ケイヒ中の抗菌・抗毒素活性物質の機能と構造および作用機構の解明 谷村 顕雄
昭和大学大学院教授
食品添加物とそれらの食品中での反応生成物についての生体内挙動および生理作用の比較研究 扇間 昌規
武庫川女子大学 薬学部助教授
抗菌性アミノ糖配糖錯体の開発―病原性酵母 Candida albicans に対する生理的効果― 矢野 重信
奈良女子大学理学部教授
血液凝固ならびに血小板機能を指標とした食品添加物併用時の生体影響に関する基礎的研究 山﨑 裕康
神戸学院大学 薬学部助教授
卵母細胞の発現系を用いた食品添加物の安全性の検討 青島 均
山口大学 理学部教授
ショウジョウバエを用いた食品添加物の安全性評価試験法確立に関する研究 有薗 幸司
長崎大学 環境科学部助教授
食品添加物(天然添加物)の消化管粘膜細胞機能に対する直接作用からみた安全性評価 武藤 徳男
大阪大学 薬学部助教授
ムラサキイモ色素生合成遺伝子の解析 野口 博司 
静岡県立大学 薬学部教授
味神経による基本味の受容に及ぼす三叉神経刺激性香辛料成分の影響 駒井 三千夫
東北大学 農学部助教授
強化栄養剤イノシトールの膜蛋白質への取りこみに関する研究 池澤 宏郎
名古屋市立大学 薬学部教授
免疫グロブリンを用いた食品添加物の超高感度検出法の開拓 嶋田 一夫
東京大学 薬学部教授
多次元的食品添加物安全評価システムに関する研究
 Ⅰ電気的評価システムに関する研究
松下 雪郎
東亜大学大学院 総合学術研究科教授
 Ⅱ ATP生物発光法による糸状菌量の測定 松下 雪郎
東亜大学大学院 総合学術研究科教授
紫外線照射漬物への天然系色素の使用 小竹 佐知子
山梨県立女子短期大学助教授
脂質エマルションの凍結乾燥に対する糖の保護効果に関する研究 半田 哲郎
京都大学 薬学部教授
タンパク質性食品への天然抗菌剤ポリリジンの適用に関する研究 田中 宗彦
東京水産大学 食品生産学科教授
ハーブ細胞による食品添加物の高純度生産と化学修飾 石丸 幹二
佐賀大学 農学部助教授  
食用青色1号中の付随色素に関する研究 Ⅲ 武田 明治
日本大学 生物資源科学部教授  
生体触媒による食品添加物の安定化に関する研究(第2報)
ユーカリ培養細胞由来のUDP-glucosyltransferase画分を用いるβ-Thujaplicin及びFlavonoid類の酵素的グルコシル化
古谷  力
岡山理科大学 理学部教授 
保存料及び殺菌料の出血性大腸菌O157に対する抗菌作用に着目したその応用に関する研究 渡部 一仁
摂南大学 薬学部教授
抗酸化活性物質による香気物質の劣化抑制効果に関する研究 多田 全宏
東京農工大学 農学部教授
生薬甘草の機能性食品添加物としての応用使用に関する基礎研究 木下 武司
帝京大学 薬学部助教授
シコニン系食品添加物の製造技術の開発と評価 鳥居 滋
岡山大学 工学部教授
蛋白質-多糖複合化による新規食品添加物の開発 加藤 昭夫
山口大学 農学部教授
甘味タンパク質ソーマチンの熱安定性と甘味活性修飾 北畠 直文
京都大学食糧科学研究所助教授
助成事業
公益財団法人 日本食品化学研究振興財団 事務局

本部 大阪府豊中市三和町1丁目1番11号

TEL(06)6333-5680 FAX(06)6333-5491

お問い合わせはこちらへ

東京分室 東京都中央区日本橋本町4丁目6番3号 SEGビルアネックス2階

English Top