第2回研究成果報告書(1996年)

[研究成果報告書 索引]

研究テーマ
研究者
 中期多臓器発がん試験法を用いた食品添加物の発がん性評価 広瀬雅雄
名古屋市立大学 医学部第一病理学教室助教授
 環境微生物分解性に基づく安全性評価試験法の開発 渡部一仁
摂南大学 薬学部教授 
 環境発癌物質によるDNAの酸化的損傷に対する食品添加物の防御作用 谷村顕雄
昭和女子大学大学院教授 
 動物培養細胞を用いた中枢神経系毒性評価法の検討 高畑京也
岡山大学 農学部助教授
 脂質過酸化作用に焦点をあてた食品保存料の安全性評価 杉原成美
福山大学 薬学部講師 
 食品添加物のオンライン光安定性評価システムの確立 中澤裕之
星薬科大学 薬品分析化学教室教授 
 食品添加物の食品常成分との反応生成物の安全性に関する研究―亜硫酸(漂白剤)について 伊藤誉志男
武庫川女子大学 薬学部教授
 消化管粘膜の応答反応から見た食品添加物の最大無作用量の検討 田中慶一
大阪大学 薬学部教授
 モレキュラーインプリンティング法による食品添加物中の不純物の濃縮と分析法の確立 萩中 淳
武庫川女子大学 薬学部教授
 HPLC充填剤への応用を目指した新規球状多孔質ニューセラミックスの合成 山下 浩
愛媛大学 工学部助手
 食用タール色素の不純物に関する研究―食用色素青色1号の不純物について 武田明治 
日本大学 農獣医学部教授
 酸化還元性食品添加物の電気化学的分析法に関する研究 加納健司
京都大学 農学部農芸化学教室助教授
 大茴香(Illicium verum)の組織培養による精油アネトール生産に関する研究 神田博史
広島大学 医学部附属薬用植物園助教授 
 植物ポリフェノールのう蝕予防剤への応用と活性本体の精製 浜田茂幸
大阪大学 歯学部教授
 ハーブ由来の食品添加物の開発、生産と精製に関する研究 石丸幹二
佐賀大学 農学部助教授   
 フラボノイド系色素及び分解物の精製法の検討、構造決定及び安定性検討 寺原典彦
南九州大学 園芸学部助教授
 パプリカ色素の精製及び安定性に関する研究 石川恵子
千葉大学 園芸学部助手
 アルギン酸オリゴ糖による乳清蛋白質の低アレルゲン化 高橋幸資
東京農工大学 農学部教授
 クローン化酵素による液体食品の清澄化 瀧井幸男
武庫川女子大学 生活環境学部教授
 食品用殺菌剤としてのリゾチームの改良に関する研究 山崎信行
九州大学 農学部教授
 シソ科植物に含まれる抗酸化成分の活性化とその有効利用法に関する研究 千葉一裕
東京農工大学 農学部専任講師
 食品着色料の放射線処理に関する化学的基礎研究 村田芳行
岡山大学大学院 自然科学研究科助手
 食品ガス置換包装による微生物制御に関する研究 木村 凡
東京水産大学 食品生産学科助教授


助成事業
公益財団法人 日本食品化学研究振興財団 事務局

本部 大阪府豊中市三和町1丁目1番11号

TEL(06)6333-5680 FAX(06)6333-5491

お問い合わせはこちらへ

東京分室 東京都中央区日本橋本町4丁目6番3号 SEGビルアネックス2階

English Top