報道発表資料

 

平成8年09月27日

生活衛生局乳肉衛生課

 

 

平成7年度畜水産食品の残留物質モニタリング検査結果について

 

平成7年度畜水産食品の残留物質モニタリング検査については、各都道府県等及び検疫所を通じ、実施したところであるが、今般、その結果がまとまり、別添により、各都 道府県等及び検疫所に通知したのでお知らせします。


 
(別添)

平成7年度畜水産食品の残留物質モニタリング検査結果について


1 目的
食用に供される家畜、養殖魚介類等に対して、生産段階で使用される動物用 医薬品及び飼料添加物が食肉、魚介類等の畜水産食品に残留している実態を把
 握し、適切な行政対応を図るため、畜水産食品について輸入品及び国産品の別 に検査を実施した。

2 検査結果の概要
(1)輸入畜水産食品

1. 検査対象物質
抗生物質、合成抗菌剤及び有機塩素系農薬の計16品目
 
2. 検査対象食品
食肉(牛肉、豚肉、馬肉、羊肉及び鶏肉)、養殖魚介類(ウナギ、エビ及びサケ・マス)及び液卵
 
3. 検査実施機関
輸入時に検疫所においてサンプリングを実施し、横浜検疫所輸入食品・検疫検査センター及び神戸検疫所輸入食品・検疫検査センター及び検査課において検査を実施した。
 
4. 検査時期
平成7年5月31日~8年3月31日
 
5. 検査結果
別表1(省略)
 
6. 措置等
合成抗菌剤の検出された輸出国の当該品については、輸入時の検査を強化するとともに、輸出国に残留防止対策の実施を要請している。


(2)国産畜水産食品

1. 検査対象物質
抗生物質、合成抗菌剤及び有機塩素系農薬の計16品目
 
2. 検査対象食品
食肉(牛肉、豚肉及び鶏肉)、養殖魚介類(ウナギ、マダイ等11魚種)、鶏卵及びハチミツ
 
3. 検査実施機関
都道府県、政令市及び特別区の食肉、養殖魚介類等の流通拠点を管轄する食肉衛生検査所、市場食品衛生検査所等において検査を実施した。
 
4. 検査時期
平成7年5月31日~8年3月31日
 
5. 検査結果
別表2(省略)
 
6. 措置等
抗生物質等の残留が認められた各自治体においては、農政部局、家畜保健衛生所等を通じて、生産者の指導を実施した。
厚生労働省食品化学情報
公益財団法人 日本食品化学研究振興財団 事務局

本部 大阪府豊中市三和町1丁目1番11号

TEL(06)6333-5680 FAX(06)6333-5491

お問い合わせはこちらへ

東京分室 東京都中央区日本橋本町4丁目6番3号 SEGビルアネックス2階

English Top