Home Home Back Back
公益財団法人 日本食品化学研究振興財団
厚生労働省行政情報

08/30/2004報道関係資料
食品衛生法第18条第1項に基づく「ポリ乳酸を主成分とする合成樹脂製の器具又は容器包装」の
規格設定に関する食品安全委員会への食品健康影響評価の依頼について 

平成 16年 8月 30日
厚生労働省医薬食品局
食品安全部基準審査課

食品衛生法第18条第1項に基づく
「ポリ乳酸を主成分とする合成樹脂製の器具又は容器包装」の
規格設定に関する食品安全委員会への食品健康影響評価の依頼について
 

1.  本日、食品衛生法第18条第1項に基づく「ポリ乳酸を主成分とする合成樹脂製の器具又は容器包装」の規格設定に関する食品健康影響評価について、食品安全委員会に意見を求めましたのでお知らせします。


2.  「ポリ乳酸を主成分とする合成樹脂製の器具又は容器包装」の規格設定に関し、その安全性に係る評価資料が整えられたことから、食品安全基本法第24条第1項の規定に基づき、食品安全委員会に食品健康影響評価を依頼したものです。


3.  今後、食品安全委員会の食品健康影響評価結果を受けた後に、薬事・食品衛生審議会において「ポリ乳酸を主成分とする合成樹脂製の器具又は容器包装」の規格設定について検討することとしています。



〔参考〕 ポリ乳酸
 ポリ乳酸とは、トウモロコシ、サトウダイコン等から抽出されるデンプンを発酵させて得られる乳酸又はラクチド(乳酸の環状二量体)を重合させて得られるものです。
 米国やEUでは、食品包装材として既に使用が認められており、野菜、果物等の器具、容器包装として用いられております。
 日本では、野菜や果物等の袋や容器、惣菜や弁当用のトレー、菓子類の包装等に既に使用されております。
〔参考〕 合成樹脂製の器具又は容器包装の規制
 食品衛生法に基づき、すべての合成樹脂製の器具等に適用される一般規格のほか、塩化ビニル等個別の材質毎に適用される個別規格(現在11種の材質)が定められている。
 ポリ乳酸についても今後繁用される見込みがあるため、新たに個別規格を定めようとするもの。


※食品衛生法
  (規格、基準の設定等)
第十八条
 厚生労働大臣は、公衆衛生の見地から、薬事・食品衛生審議会の意見を聴いて、販売の用に供し、若しくは営業上使用する器具若しくは容器包装若しくはこれらの原材料につき規格を定め、又はこれらの製造方法につき基準を定めることができる。

※食品安全基本法
  (委員会の意見の聴取) 第 二十四条
 関係各大臣は、次に掲げる場合には、委員会の意見を聴かなければならない。ただし、委員会が第十一条第一項第一号に該当すると認める場合又は関係各大臣が同項第三号に該当すると認める場合は、この限りでない。
一  食品衛生法【中略】第十条に規定する人の健康を損なうおそれのない場合を定めようとするとき、同法第十一条第一項(同法第六十二条第二項において準用する場合を含む。)若しくは同法第十八条第一項(同法第六十二条第三項において準用する場合を含む。)の規定により基準若しくは規格を定めようとするとき、又は同法第五十条第一項の規定により基準を定めようとするとき。