Home Home Back Back
公益財団法人 日本食品化学研究振興財団
厚生労働省行政情報

08/19/2005通知
食品衛生法施行規則の一部を改正する省令及び食品、
添加物等の規格基準の一部を改正する件について

食安発第0819001号
平成 17年 8月 19日
  都道府県 知 事
各 保健所設置市長 殿
  特  別  区  長
厚生労働省医薬食品局食品安全部長
 
 
食品衛生法施行規則の一部を改正する省令及び食品、
添加物等の規格基準の一部を改正する件について
 食品衛生法施行規則の一部を改正する省令(平成17 年厚生労働省令第131号)及び食品、添加物等の規格基準の一部を改正する件(平成17年厚生労働省告示第377号)が本日公布、施行・適用され、これにより食品衛生法施行規則(昭和23年厚生省令第23号。以下「省令」という。)及び食品、添加物等の規格基準(昭和34年厚生省告示第370号。以下「告示」という。)の一部が改正されたので、下記の事項に留意の上、その運用に遺憾のなきよう取り計らわれたい。 第1 改正の概要
 1 省令関係
食品衛生法(昭和22年法律第233号。以下「法」という。)第10条の規定に基づき、アミルアルコール、イソアミルアルコール、2,3,5-トリメチルピラジン及びヒドロキシプロピルセルロースを省令別表第1に追加すること。
 2 告示関係
 (1)法第11条第1項の規定に基づき、アミルアルコール、イソアミルアルコール及び2,3,5-トリメチルピラジン(以下「香料」という。)の成分規格及び使用基準を設定すること。
(2)法第11条第1項の規定に基づき、ヒドロキシプロピルセルロースの成分規格を設定すること。

第2 施行・適用期日   
 1 省令関係
   公布日から施行すること。
 2 告示関係
   公布日から適用すること。

第3 運用上の注意
 1 使用基準関係
香料については、「着香の目的以外に使用してはならない。」との使用基準を設定することから、有機溶剤として使用する等の着香の目的以外の使用は認められないこと。
 2 添加物の表示関係
香料及びヒドロキシプロピルセルロース並びにそれらを含む食品及び添加物製剤については、法第19条第1項の規定に基づき添加物の表示を行うよう、関係業者に対して指導されたいこと。
なお、今回の省令及び告示の改正に伴い、「食品衛生法に基づく添加物の表示等について」(平成8年5月23日付け衛化第56号厚生省生活衛生局長通知)(以下単に「通知」という。)の一部を次のように改正すること。

(1)通知の別紙1「簡略名一覧表」中
ビタミンA脂肪酸エステルビタミンAエステル、レチノールエステル、ビタミンA、V.A 
」の下に

    
ヒドロキシプロピルセルロースHPC」を加える。 


(2)通知の別紙4「各一括名の定義及びその添加物の範囲」の7香料の(3)に「アミルアルコール」、「イソアミルアルコール」及び「2,3,5-トリメチルピラジン」を加える。
第4 その他
   別紙のとおり、香料の参照赤外吸収スペクトルを示す。