Home Home Back Back
公益財団法人 日本食品化学研究振興財団
新聞雑誌情報

雑誌 − 「食品中の残留農薬Q&A」の出版
「食品中の残留農薬Q&A」:Q21

21: 食べ物を通じて人はどの程度の農薬を摂取しているのですか?
 
21: 厚生労働省では、国民が日常の食事を介して食品に残留する農薬をどの程度摂取しているかを把握するために、平成3年度からマーケットバスケット方式による農薬の一日摂取量調査(マーケットバスケット調査)を実施しています。
 この結果によると、平成11年度までの調査で、96種類の農薬が調査され、何らかの食品群から検出が見られたのは、17農薬でした。これらの農薬一日摂取量を一日摂取許容量(ADI)との比を算出したところ、臭素を除く16農薬では6%未満でした。臭素の推定一日摂取量はADIの16.3%でしたが、この結果については、臭素は天然由来成分にも含まれているためと考えられます。これらの結果から、食物を通じて摂取する農薬はADIよりはるかに低いことがわかります。