Home Home Back Back
公益財団法人 日本食品化学研究振興財団
新聞雑誌情報

雑誌 − 「食品中の残留農薬Q&A」の出版
「食品中の残留農薬Q&A」:Q6

Q6: 設定した残留農薬基準を超える食品が流通しないようにするため、どのような対策が採られているのですか?
 
A6: 残留農薬基準が設定された食品については、基準値を超えるものは廃棄や回収等が行われます。流通における抜き取り検査は地方自治体の食品衛生監視員が実施しています。
 また、輸入品の場合は、全国31箇所の港や空港にある検疫所で検査が行われています。違反の可能性の高い食品については、厚生労働大臣の検査命令による検査が実施され、その他のものについては、食品の種類毎に輸入量、違反率等を勘案して計画的な検査が実施されています。
 更に、国内で登録され、使用される農薬については、残留農薬基準等を超えないような使用方法が決められ、個々の農薬のラベルに記載されるようになっています。この使用方法に従って農薬を使用すれば、収穫された農産物中の残留農薬の量は残留農薬基準を超えることはありません。