Home Home Back Back
公益財団法人 日本食品化学研究振興財団
新聞雑誌情報

雑誌 − 「食品中の残留農薬Q&A」の出版
「食品中の残留農薬Q&A」:Q10

10: ポストハーベスト農薬とは何ですか?

10: 穀類や果実等の農作物は、収穫後の輸送過程や貯蔵中にも病害虫による被害を受けることがあります。コクゾウムシ等の害虫の発生、微生物の繁殖による腐敗等によって食中毒の原因や品質の劣化を招くことがあり、これらを防ぐために収穫後に殺虫剤、殺菌剤等で農産物を処理することをポストハーベストと言います。また、穀物や果実等の収穫後の農産物に対し、かびや害虫による損害を防ぐため用いる農薬をポストハーベスト農薬と言います。農薬のポストハーベスト使用は広く世界で認められており、日本でも臭化メチル等によるくん蒸等が認められています。